40才からのロードバイク

40才を過ぎて突然ロードバイクで走り始めました。とにかく楽しくっ!(^^)!

簡易式遠近両用サングラス


先日購入した貼り付けタイプの遠近両用メガネです。

ハイドロタック、という製品を手持ちのサングラスに貼り付けます。

元々持っていたレイバンのサングラスに「近」のレンズだけを自分で貼り付けて使用します。

写真では分かりにくいかも知れませんが、レンズのした1/3部分くらいに横長のレンズが貼り付けてあります。(背景の白い手すりがズレて見えている部分です。)

貼り付け方法は水(ぬるま湯がベターらしい)だけです。

貼り付けたい部分に水を垂らして、そこにレンズを置くだけです。

水分が乾くまでは自由に位置調整ができます。

またレンズは少し柔らかい素材でレンズの曲面にフィットします。

またハサミでカットできます。

さて、肝心の使い勝手ですが、、、

はい、十分使用可能だと感じました。

手持ちのサングラスが見事に遠近両用サングラスになりました。これをオーダーして作ると結構高いですからね。

ただ、安くできる反面、当然デメリットもあります。

(1) レンズの境目
(2) レンズのカット
(3) レンズの貼り付け

まず(1)ですが、これは製品の性質上仕方ないものです。ある程度厚みのあるレンズを貼り付けるわけですから、境目なし、という訳にいきません。

でも、少し前の遠近両用メガネのように、上下にくっきり分かれる訳ではないですし、今回はサングラスのレンズの内側に貼っていますので外側からは全く見えません。

(2)のカット、ですが、製品自体は親指の先より少し大きめの半円形です。

大きめのサングラスの下部分、さらに鼻に近い内側に貼るならその大きさでちょうどいいかも知れません。

僕が今回使ったのは、それほど大きなレンズのサングラスではないので、横に細長く「柿の種!」みたいな形にハサミでカットしました。

この時の切り方がちょっ悩ましい。

レンズの構造がどうなっているのか分からないので、下手にカットするとレンズ部分がほとんどなくなってしまいそうでf^_^;

でも見ただけではどこにレンズの中心があるのかも見えないので、もうそこはエイヤっと。

(3)の貼り付け、は意外と簡単でした。説明書きにあるぬるま湯をレンズに数滴垂らしてそこにカットしたレンズを置くだけです。

この時、サングラスのフレームとサングラスのレンズに段差がある場合は、そこを避けて。

また水分が乾くまでは位置の微調整が可能なので、実際に装着して見やすい位置に動かせます。

さらにもし乾燥して密着してからでも、また水滴を垂らせば動かせるんです。

レンズが曲面の場合は、空気が入ってしまいそうになるので、そこは何度かやり直しました。

この製品自体にも、僅かな曲率が付いているので、自分のサングラスのレンズの曲率とうまく合う部分を選んでカットしていければいいですね。

ということで、とりあえずお手軽に遠近両用サングラスができましたf^_^;

ロードバイク用のサングラスにも今度つけてみようかな?

by Top
スポンサーサイト
  1. 2017/04/24(月) 07:37:02|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福岡、金沢出張! | ホーム | ランチライドf^_^;>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://topcadence.blog54.fc2.com/tb.php/2212-f3e3e0df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

トップ

Author:トップ
40才を過ぎて突然ロードバイク。2005年3月16日から走り始めました。
日帰りサイクリング、ちょっとトレーニングっぽいことも。2児の父親です(^_^)

天気予報


-
天気予報コム- -FC2-

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カテゴリ展開メニュー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア