40才からのロードバイク

40才を過ぎて突然ロードバイクで走り始めました。とにかく楽しくっ!(^^)!

淡路島1周で感じた事^^;

まずは、今回走った経路をルートラボにアップしました。よろしければ下記リンクからどうぞっ!


ルートラボで経路を見る!


■全般
平地巡行が楽しいですねぇ。車の交通量と信号が少ないのも相当気持ちいいです。景色的には、千葉の房総半島を思い起こさせるものですが、比較すると、路肩の舗装状態や幅のことを考えると、淡路島の方が随分走りやすいと感じました。

■ツーリング準備
自宅のある大阪府北部から前日、車載輪行で明石港へ。公園脇の空き地に駐車してそのまま車中泊。
翌朝、車は明石港脇のコインパーキング(1日最大900円)に停め、そこからはジェノバライン(片道 人-450円、自転車-200円)で約13分。淡路島の岩屋港へ。ここから自走スタート。

■アップダウン
今回、劇的に脚を消耗したのが、島南部のアップダウンです。全走行距離135kmの中でStart後、40kmあたりでまず最初の上り。今回使用したサイコンは傾斜計がついていませんでしたが、過去に傾斜計を使っていた経験で予想すると、勾配は6%前後かなぁ。詳しくはルートラボで見れると思います。

その前の平地巡行でも、できるだけ軽いギアで脚の消耗をおさえていたつもりですが、当初平地脚から上り脚への切り替え?がうまくいかず、結構無駄にグイグイ踏んでしまっていました。

これを何とかクリアして、島西側の海岸線に出た時は、景色もよく平地巡行を存分に楽しめました。ところが、マクドナルドで昼食を摂った70km地点を過ぎて、2回目の上りが。

ここは7%超えではなかったかと思います。僕の平地脚では、通常、5%くらいの上りなら、まぁ、何とか我慢していれば切り抜けられる、というイメージですが、7%を超えると、「この先どうなるんだろう?」と急激に不安に襲われます。

結果的に、この2回の上りを上手くこなせなかったため、最後は膝の痛みに悩まされることになりました。

■装備
ウェアは大失敗でした。
下です。

最近は、30-40km程度の街乗りが多かったため、何気なく、レーパンの「下」に、保温系のアンダーを履いてしまいました。つまりレーパンのパッドとお尻の間に生地が一枚割り込んでいる形。

これだと、せっかくのパッドの意味が半減してしまいますよね。クッション性はおなじようでも、その生地がペダリングしているうちにシワシワになり、それが何度も何度もお尻の表面を刺激します。

走行中、どうもお尻に違和感を感じはめた時は、信号待ちが少なくて、それで痛いんだと思っていました。でも、それなら、過去の経験で、ダンシングを入れたり、下りでは腰を浮かして「ケツ圧」を脱いてやれば、少し緩和できていたんです。それが、ヒリヒリ痛くなってきた時には、もう手遅れでした。経路も半分すぎたような時に、やっと原因に気づきました。

レッグウォーマーのようなものか、今回のスパッツタイプにしても、少なくともサドルにあたるエリアだけ、まぁるくカットしておけば良かったなぁ(^^)

■補給
今回は真冬でしたけど、これが真夏だったら、補給は計画的にしなければならないと感じました。ロングライドでオアシス的存在であるコンビニですが、この数が少なめです。自販機も相当時間途絶えることがありました。

■携帯電話
島南部の山岳エリアから海岸線にに抜けたあたりでは、かなりの時間、携帯電話が圏外になっていました。(Softbank) まぁ、民家が全くなくなるようなことはなかったので、走れる限り大丈夫ですが、落車、負傷したようなときは怖いですね。

■食事
ツーリングの楽しみの一つですもんね。
淡路島バーガーというのは、僕がよく行く西宮の街中にもあって、行列ができるくらいの人気です。大阪の中心地でも見たことがあります。ただ、今回走ってみて、僕は1度も見かけませんでした。どちらかというと、瀬戸内の美味しい魚料理のお店、みたいなものが多かったかなぁ。

別の記事にも書きましたが、僕はマクドナルドに入ってしまったので、ご当地グルメは堪能できませんでした。

■明石で食べる明石焼
粉もんファンとしては、明石に来て明石焼は絶対逃せません。明石港に戻って、危うく駐車場に直行するところでした。港の目の前に明石焼(卵焼き)の看板をかろうじて発見することができました。

明るい色のメッシュを入れた元気そうなおばちゃんが、お店に入るやいなや唯一のお客となった僕に話しかけてきてくれます。

「お兄ちゃん(営業トーク!)、早う結構しぃやぁ~」
「あー結婚してんのぉー」
「おこづかい制かぁ?」
「月になんぼもろぉてんのぉ?」
「おばちゃんも、元気そうに見えるけど、あれと、これと、それからあれも病気してなぁ、血圧は○○以上あるし、血糖値とコレステロールが○○やしなぁ、凄いやろぉ」
「あー、でも元気になったらなったで、こうやって仕事せんなあかんから、今はまた病気になって一日寝てたイワわぁ」
「はぁ、おばちゃん、女に生まれてきてほんま、幸せ!男の人は一生仕事せんなあかんやろ。女の人は、なぁ、ええ人みつけるだけでええからなっ」
「この頭、カッコええやろぉ、これな、うちのだんながやってくれてんでぇ。元々美容師やからなぁ、もちろんタダやしなぁ。」
(その横でご主人は明石焼を焼いている)

ご主人:「ゴチャゴチャ言うてんとぉ、もう早う上がらんかいっ!これから出掛けんねやろぉ~っ!」

おばちゃん:「あんなぁ、私、今日、これからお出掛けすんねんっ(^^)、ええやろぉ。やっぱり、いくつになっても恋せなあかんでぇ」

「さっ!帰って化粧直ししよっ!」

ご主人:「ガチャガチャ言うてんとぉ、早う行かんかいっ!化粧はそのままでも十分キレイやからええやろがぁ!」
おばちゃん:「いやっ!キレイやてぇ。嬉しいやんかぁ(^^)、ほな、兄ちゃん、私、帰るわな。楽しかったわぁ、また来てなぁ、ここ安いやろ、、、、ほんでなぁ、、、、、」

まだまだ話し足りない様子のおばちゃんを見兼ねて、ご主人が、、とどめの一発!

「早うっ行けっちゅちるやろがぁーーーーーっ!」

今日一日、走って時間が8時間。
明石焼のお店にいたのがせいぜい30分。

僕の感覚では、


【8時間分の楽しみ! 】 ≒【30分間の楽しみ!】

こんな感じで、今回のツーリングがめでたく?完結したような気がします\(^o^)/


■最後に、、、、
大阪で走り始めたからには、一度は行ってみたかった淡路島。今回走れて良かったです。
ただ、典型的な平地ライダーの僕にとっては、100km超え+上り!はキツかったなぁ。
次回行くとしたら、南側の山岳エリアを回避するルート。つまり、洲本市から28号線を西に向かって南あわじ市へショートカットするルートがいいかなぁ。

あと、頻繁に出くわしたオートバイツーリングの列。あれを見たら、かなりそそられました。あれもきっと気持ちいいでしょねぇ^^;

by Top

スポンサーサイト
  1. 2013/01/06(日) 13:00:06|
  2. ■サイクリング一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<本番!明石で食べた明石焼!(*^^*) | ホーム | さようなら淡路島(^o^)/>>

コメント

ぼうやさん。どうもっ(*^^*)

ぼうやさん、ことしもご訪問、ありがとうございます。

淡路島1周の実走レポートは、他の方の写真入りの丁寧なものがたくさんありますね。

僕もルートを確認するためにずいぶん参考にさせて頂きました。

尼崎からなら、かなり便利ですね。

是非、いつかお試し下さいf^_^;

今年もヨロシクお願いします。

By Top
  1. 2013/01/06(日) 18:30:02 |
  2. URL |
  3. Top #RWACVLZo
  4. [ 編集]

参考になりました

淡路島一周お疲れ様でした。
私は東京に住んでますが、妻の実家が尼崎なので、いつか淡路島一周をしたいと思ってます。
今回のレポート、とっても参考になりました(^ ^)
  1. 2013/01/06(日) 17:53:49 |
  2. URL |
  3. ぼうや #8d0m8nc6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://topcadence.blog54.fc2.com/tb.php/1737-b38f4ba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

トップ

Author:トップ
40才を過ぎて突然ロードバイク。2005年3月16日から走り始めました。
日帰りサイクリング、ちょっとトレーニングっぽいことも。2児の父親です(^_^)

天気予報


-
天気予報コム- -FC2-

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カテゴリ展開メニュー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア