40才からのロードバイク

40才を過ぎて突然ロードバイクで走り始めました。とにかく楽しくっ!(^^)!

どこに向かっているのやら、、、f^_^;)


ようやく肩の痛みが緩み始め、何とかオートバイには乗れるくらいに回復してきました。でも、ロードバイクへの復帰はまだまだ先の話になりそうです。

走れないと、すぐに太ってしまいます。運動量が減って食欲はそれほど急には落ちないので余計です。さらにさらに、今回は、首、肩の治療でお医者さんが処方してくれた薬が、これまた体重増加を引き起こすものでした。

短期間の使用だったからか、先生からは特に説明はありませんでしたが、ネットで調べてみると、食欲増進、肩周辺の肉付きがよくなる、、、、とありました。

確かに、久しぶりに会った先輩から、「何か胸まわりがガッシリしたねぇ」と言われました。薬の影響ってすごいですね。(その割には肝心の痛みがなかなか消えなかったのが気になります、、、f^_^;))

今回アップした写真は、先日「首」対策で購入したオートバイ用ヘルメットです。

見る人がみる、変ですよね。分かってます。一般的で「ない」ことは、、、、僕の趣味がf^_^;)

今使っているフルフェイスタイプのヘルメットに不満はないのですが、まだ完全に完治していない首には、やはり重たいんです。

通勤をはじめ、食事や買い物で1日最低1回は乗りますので、少しでも軽いヘルメットが欲しかったんです。

これでかなり首が楽になりました。

今日は大阪駅周辺に来ています。両親が、iPadに興味を持ち始め、以前から話をしていました。それなら、たまには(?)両親にプレゼント。ということで、iPadを買いに来ました。

実家では、古いデスクトップPCとネット環境は何とか整っていますが、ネットには親しんでいるものの、やはりPCの小さな画面で文字を読むのが辛いようです。

その点iPadなどのタブレット機器なら、画面が目の前にあって、かつ、文字や画像お大きさを、指の直感的な動きで大きくしたりできますから見やすいですよね。

そういう意味では、タブレットはお年寄り向きでもあると思います。

ただ、これまで、何とかデスクトップPC(それもWindows)を使ってきたレベルの両親が、iPadを目の前にした時、おそらくうちの両親は完全お手上げ状態だと思います。

最初は僕がセットアップして、あとはちょくちょく電話などでサポートする必要がありそうです。

まっ!僕が生まれてから両親に受けてきたサポートの量からすると、そんなの微々たるものですけど、、、、f^_^;)

By Top
スポンサーサイト
  1. 2012/07/08(日) 13:43:05|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<後輩くん&大先輩に感謝(^^;; | ホーム | 東芝ルポ? NECの書院?無くなっちゃったなぁf^_^;)>>

コメント

ぼうやさん、コメントありがとうございます。

今回処方された薬は、ステロイド系のものだと、先生が言っていました。

恐らく、よく陸上選手のドーピング問題で話題にあがる、筋肉増強のような効果があるのだと思います。

By Top
  1. 2012/07/09(月) 06:35:37 |
  2. URL |
  3. Top #RWACVLZo
  4. [ 編集]

その薬って?

胸回りががっしりする薬ってなんですか?!
気になります!
脚は極度の貧脚ですが、胸板も薄いので。(。-_-。)
  1. 2012/07/08(日) 23:54:41 |
  2. URL |
  3. ぼうや #I9Vth.go
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://topcadence.blog54.fc2.com/tb.php/1670-9d432167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

トップ

Author:トップ
40才を過ぎて突然ロードバイク。2005年3月16日から走り始めました。
日帰りサイクリング、ちょっとトレーニングっぽいことも。2児の父親です(^_^)

天気予報


-
天気予報コム- -FC2-

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カテゴリ展開メニュー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア