40才からのロードバイク

40才を過ぎて突然ロードバイクで走り始めました。とにかく楽しくっ!(^^)!

まさに軽快っ!(^^)v



071029_0923~0001.jpg

出張先で借りられる自転車って、まずママチャリですよ。それも1段変速。内装3段がついていればメッケものってところです。

ところが、先日あるホテルで借りれたのは、最新の軽快車、内装8段変速、ベルトドライブでまさに、本当の軽快車でした、

実は、そのホテル、大阪の堺市にあるのですが、ここはいわずと知れたSHIMAのお膝元ですよね。そう考えれば、ホテルのレンタルサイクルのレベルが高いのもうなづけるような気がします(^^ゞ

内装8段変速は、本当に操作しやすく、驚いたのは、ある程度ペダルにトルクをかけたままでもいともカンタンに変速してしまうんです。これは以外でした。

うちの自宅のママチャリは内装3段変速は、完全にペダルのトルクを抜かないと変速しませんから.....。

あと、ベルトドライブ。恥ずかしながら、しばらく走って信号で止まったときに気づきました。乗っていてもチェーンと全く違和感なく、というより、異様に静かな走りは、このベルトドライブのおかげかなぁ。

チャーンガードもしっかりついてますが、足元に油がない、っていうだけでも、汚れることは心配要らないです。

さて、問題は下の写真のパーツです。
071029_0924~0001.jpg

「Power Modulator?」って書いてますかね?

フロントブレーキケーブルのブレーキ寄りの部分のクルーズアップ写真です。よく電線なんかでノイズを除去するみたいなの付けますよね。一見あれみたいな存在です。

実際にブレーキを操作してみると、これ、恐らく中でバネみたいなものが入っているようです。

ブレーキ圧を増していくと、シューがリムに当たり、あるところで握りがぐっと重くなります。ところが、そこからさらに握りこんでいくと、このPower Modulatorの手前(レバー側)のケーブルは引かれるのに、その先のブレーキ側では少しだけ動くようになっています。

これは僕の想像ですからわかりませんが、突然過大なブレーキ圧をかけてしまったときにも、前輪がロックしてしまわないように、最後の最後でブレーキ圧を逃がしているのかなぁ~。

シューがリムに当たると、あとはシューがわずかに圧縮される分はあるにしても、事実上それ以上はレバーは握れないはず。あとはケーブルののびやブレーキ自体のたわみ?くらいしかないかなぁ。

でも、おかげで、車のフットブレーキのように、踏み込んでいくに従って、グッツゥ~っとブレーキ圧が聞いていく感じが気持ちよかったです。

内装8段、恐るべしっ!ってとこです。こんなに気持ちよく走れるとは思いませんでした。最近の軽快車、クロスバイク?凄いです。
071029_0923~0002.jpg


■さぁて、今日も1日PCと格闘。快晴なのに、お友達はCannnondaleではなくWindowsXPでした....(^^ゞ

走りたいよぉ~(T_T)(T_T)(T_T)

by トップ
スポンサーサイト

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/10/30(火) 21:40:05|
  2. ■このパーツどう?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

突然ですがっ!ディープな

20071029040448
突然ですがっ、ロードバイクにつけるディープリムホイールって実際どうなんでしょう?

プロツールの平地系レースではほとんどの選手がディープリムホイールです。

とかく軽量をよしとするロードバイクのパーツの中で『慣性』という重量を味方にするのもホイールならではです。

今僕が使っているキシリウムESは軽量アルミホイールです。

街中のストップ&ゴーではその軽さが心地よいのですが、いい調子で巡航しているときは、ペダリングを緩めた時の速度低下は、ホントあっけないです。

その点あのディープなリムをある程度回してやると気持ちよく巡航できそうな気がします。

でも僕にしてみれば何よりもあのルックスが大好きなんですがぁ(^^;)

カーボンディープリム、リムまでカーボンのものとアルミになっているものがあるようです。

理想はオールカーボン?実用性はアルミリム?

いろいろあるでしょうけど『かっこいい』には違いない(^_^)/

いつか絶対履いてみたいです。

  1. 2007/10/29(月) 01:04:48|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

本日の走行距離1720m(^^;)

昨日の台風が通り過ぎて快晴の横浜です。

今日は『富士チャレンジ200』が行われているようですが絶好のコンディションになったようですね。

富士チャレは一昨年は一人で100km、昨年は3人で7時間、と2年連続で参加しましたが今年は不参加です。

みんな気持ちよく走ってるんだろうなぁ~。

そう言う僕はというと、今から泊まりの出張です。

午前中は子供を連れて自転車で近所の駄菓子屋さんへサイクリング?。往復の走行距離は1720mでした。

本当はもう少し長く走るつもりだったのですが、下の子が帰りたいといい出し、この短距離サイクリングとなりました。

おそらく今までロードバイクに乗ってて最短距離だと思います。

昨日も深夜までの仕事で今日、明日も同じ感じ。

慣れない勉強のせいもあってちょっとバテ気味だぁ(>_<)

こんな時こそ、ほどほどに走ると肉体的にもそして精神的にもスッキリするんですけどねっ(^^;)

by トップ
  1. 2007/10/28(日) 14:44:07|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

んっん~っ!ちょっとたてこんできたぞぉ~(T_T)

次の日曜日は、予定では仕事がなく、家族との時間やあと、試験勉強にあてられるかともくろんでいたら、見事に予定変更の連絡が。

日曜の午後から泊まりの出張に行ってくれ、とのことになってしまいました。

昨日は昼間少し走って横浜の中心地から関内エリア、山下公園などをまわってそれでも、40kmくらいでした。

最近、ロングに出るチャンスがなく、なんだか不完全燃焼です。

ただ、今日は朝から雨で、どうせ走れない、というあきらめがつきましたから朝から勉強中(T_T)

どうも机に座っての仕事って苦手で、それならまだ出張に出て、出張先のコーヒーショップなんかでゴソゴソ集中的に勉強するほうが効率がよいような気がします。

学生時代から、深夜放送をBGMにオールナイトニッポンなど、受験勉強時にはお世話になりました。

「ながら勉強はダメだよっ!」

なんていわれますが、僕の場合、図書館などの静寂の中では、かえって集中できないという体質?を持っています。

どちらかというと、フェミレスやファーストフード店で、周囲で奥様方や学生さん、また会社員同士での商談など、がやがや話が聞こえているくらいがなぜだか自分の作業に集中できるんです。

その点、ロードバイクでロングに出ると、かなりの時間、人との会話もせず、また車の騒音と風きり音とほとんどの時間を過ごすんですよね。

最近、面白いグッズが雑誌に紹介されていました。

ロードバイクのボトルケージにiPodを取り付け、それがスピーカーにもなって走りながら音楽が聴ける、っていうもの。

確かに、最近、スクーター系の大型バイクが大音量で音楽を流しながら走っているのをみかけます。赤信号で真横に並ぶと、かなりの音量ですよね。

でも、僕の場合、ロードバイクは「ながら走行」より、あの風きり音とタイヤと路面から出る走行音、チェーンが調子よく回っているときのチャーっという音、あれがとても心地よいです。

もしかしたら、あの平地で巡航中のあのいい音を録音してiPodで鳴らすと上りでも勘違いしてがんばれるかなっ!(ってことはありえませんねっ!(^^ゞ)

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/10/26(金) 14:04:36|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

空気を入れ忘れたぁ~

仕事前、わずかな時間でも走ろうと、あわてて自宅を飛び出した。

なんか忘れたような・・・・・・

空気を入れるのを忘れていたぁ~

でも、乗り心地よかった(^^)


.....と言う感じで、珍しく空気を入れるのを忘れて走り出しました。
はじめはあまり気になっていなかったのですが、いつもの練習コースみたいなところ【片道約900mの幹線道路】を走っていたら、なんか滑らかなんです。

もう3年近く走っている道なので、舗装の具合もだいたいわかっているつもりなので、乗り心地のよさがいい意味で違和感として感じられました。

そのとき、自宅を出る時に空気を入れてくるのを忘れたことに気づいたんです。

ラテックスのチューブは、24時間でも15%~20%くらい空気が抜けてしまいます。(僕の場合.....)

特にフロントの抜けは顕著です。

しかし、空気を入れずに走っても別に走行抵抗が大きいような感じもなく、言ってみれば乗り心地だけよくなった感じです。

自宅へ帰って、早速空気圧を測定してみました。

実際の空気圧は、通常の10%少ない状態でした。

「これなら、これから少し空気圧、少なめにしてみようかなぁ~」

と実感しました。

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/10/24(水) 12:40:29|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

天気はいいのに出張と「おべんきょっ」!(T_T)

横浜は気持ちよく晴れています。風も弱そうだし、ではさっそくっ!

....と走りにいきたいところですが、今日はこれから遅番の泊まり出張です(T_T)しかも、来月受ける仕事関係の試験勉強もあり、昨日も一日PCと向かい合っていました。

自転車乗りにとって、真夏の暑さから開放された、この10月あたりはまさにサイクリングのトップシーズンともいえるのではないでしょうか?

北国からはもう霜や氷、そして雪の便りも聞かれるこの時期、あっと言う間に寒くなりそうなのに、家にこもってPCたたいている場合じゃないんですけどねえぇ。

まっ、仕事が成り立っていて、初めて楽しませてもらえるって考えれば、キッチリおさえるところは頑張らねばっ!

今朝10時半ですが、出勤は昼12時過ぎ。もうすでに3時間ほど勉強してバテバテ気味です。

さっさと泊まり出張の準備をして、できれば出勤前に少しでも走ってこようかと思います。(やっぱり走らなきゃねっ!)

時間にしたら1時間も走れないと思いますが、帰りに本屋さんに寄って、自転車雑誌、新しく出ているようなので、もし面白そうなのがあったら買ってこようと思います。

11月には自転車の祭典(ちょっと大げさですが...)「サイクルモード」も近いというのに、「お仕事モード」やってる場合じゃないんだけどなぁ~(^^ゞ

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/10/23(火) 10:40:12|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライト取り付けのアイデア!(^^ゞ



先日、このブログを見てくださっている方からお話がありました。

自転車用のアタッチメントがついていないライトを取り付けるための、何かいい方法はないでしょうか?....というものです。

コメント欄に記入していたので、そのままお返事できればと思ったのですが、写真を使いたかったので、この記事欄を使ってお返事させていただきます。

//////////////////////////////////////////
ライトは太さが3cmほどで長さが10cmくらいとのことです。

当初は、もう少し小さいサイズのライトなら硬質ラバーとマジックテープでハンドルバーに固定できればと考えました。

しかし、ライトのサイズがやや大きめだと感じましたので、別の方法を考えてみました。

それは、塩化ビニールパイプを使うものなんですが......(^^ゞ

僕も、実際のライトが手元にないので、なかなか具体的なものをイメージはできないのですが、できる範囲で考えてみました。

写真は今日ホームセンターでみつけた塩化ビニールパイプです。本来は、パイプの連結用の、自転車のフレームでいうと「ラグ」という部分のような形です。

これを下の写真のようにのこぎりで一部分を切り取りました。そして、また別の写真にあるようにハンドルバーに取り付けてみました。
071021_2032~0001.jpg


これは、仮に付けたのでガムテープで軽く固定してありますが、実際にはマジックテープをハンドルバーにクルッと巻きつければ固定できると思います。
071021_2035~0001.jpg


ライト自体は、このパイプが前を向いている部分に差し込んでみては...と考えました。

ライトを自転車用以外にも使えるようにするなら別ですが、もしそうでなければライトをこのパイプに固定してもいいかと思います。ライト本体よりやや太めのパイプにして、ライトにビニールテープや薄いラバーシートを巻きつけてパイプにしっかり固定できるように......。

あと、ハンドルバーとの固定が問題です。塩化ビニールパイプの表面のままだと、いくらきつめにマジックテープで固定しても、きっと走行中の振動でライトが下向きに下がってきてしまうことも予想されます。

そのためには、塩化ビニールパイプの内側、ハンドルバーと接する部分にも工夫が必要です。
考えられるのは、滑らないように薄いラバーシートや滑り止めマットみたいなものを貼るのがいいかとも思います。

ライトの重さと走行中の振動の兼ね合いが心配です。

今回試作で使用した塩化ビニールパイプのパーツは、直径3cmのライトと取り付けるには小さいものです。アイデアを確認するために手に入れたものなので、もし実用するならもっと大きなサイズのものが必要です。
あと、今回使用したパーツで100円以下、大き目のものであとガンメタっぽい色のものでも200円~300円くらいでホームセンターで売られていたので、価格面ではお手軽かも知れません(^^ゞ

ちょっと難しいかなぁ~(^^ゞ

ライトの重量がありますからね。

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/10/21(日) 22:25:06|
  2. ■このパーツどう?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

嫁さんの誕生日....(^_^)

正確には、数日前が嫁さんの誕生日でした。
僕の自転車の趣味を、ある程度認めてくれているのですが、後押ししてくれるほどではなく。

ほかのお父さん方も、同じような状態の方々が多いかもしれませんが、どうしても嫁さんの反応が気になるものです。

先日から北海道や出雲でのイベントなど、ちょっとお父さんとしては、かなりわがままいわせてもらってきました。

猛暑が終わり、気温が適度に下がり始めた頃でもあったので、走りたくてウズウズしていたのっていうのが正直な気持ちです。

そんなイベントやツーリングに出るときは、それを嫁さんにいつ、どんな風に告白しようかと、時にはそのイベント参加の準備自体より、時間を費やしたりしちゃいます。

だから、というわけでもないですが、嫁さんの誕生日は、子供たちとしっかり企画して、喜んでもらおうと.....(なんか動機が不純?(^^ゞ)

僕からのプレゼントは、先日、買っておいたちょっとしたアクセサリーと手紙、そして子供たちからは手作りの品物と手紙。夕食は嫁さん抜きで買出しから準備、後片付けを行い、今日のビッグイベントは無事終了しました。

大げさに言えば、これからの僕のロードバイクライフにかかわる、キーパーソンですからねっ!(^^ゞ

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/10/21(日) 21:01:28|
  2. ■このパーツどう?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

軽量パンツ活躍中!

20071018185323


昨夜というか今日の午前2時に目が覚めました。

昨夜は少し仕事関係の資料整理をしていたら同じ部屋で寝ている子供につられるように眠ってしまいました。でも23じくらいだったでしょうか。

しかしホントはまだ少し作業が残っていました。

深夜2時過ぎにもかかわらずなかなか気分も良かっなので、残っていた作業を始めました。

何か学生時代じゃないですが、深夜に妙に作業がはかどることってありますよね。

2時からゴソゴソ始め結局5時。『みのもんたの朝ズバっ!』が始まる瞬間を初めて見ました。(^^;)

さすがに疲れてきてやっと眠りました。

■午後から
午前中も少し勉強して昼過ぎになって走りに出ました。

近所の電気屋さんに用事があったので昨日買った軽量パンツの出番です。

でもリンゴ状態より以前のジャケットのバッグのほうが腕に付けた時のおさまりが良さそうです。

早速ジャケットのバッグにパンツを詰め替えました。(写真!)

結構いい感じです。『ここにズボンが入っているとは誰も気づかないだろぅなぁ~(^^;)』...と言っても元々誰も気にしてないですからねっ(^^;)

ポカポカ暖かく、幹線道路で時々調子にのってアウター53Tを楽しんだり。

雑誌『自転車人』で読んだようなことを考えながら.....。

by トップ

  1. 2007/10/18(木) 15:53:23|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

雑誌「自転車人」2007年秋号ですっ!

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/10/18(木) 03:40:37|
  2. ■このパーツどう?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっと気になるホイールです(^^ゞ

0702003028_top[1].jpg

ちょうど、キシリウムESに関するお話しを書き込みいただいたので、最近、雑誌でみかけてちょっと気になるホイールです。
TOPOLINO AC29 (税込み126000円)
http://www.zetatrading.jp/product/topolino.html

先日購入した、雑誌「自転車人・秋号」の最新ホイール特集に出ていました。

僕の場合、近々にホイールを新調するようなうれしい予定はないのですが、漠然とリムの高い「ハイプロファイル」のホイールをいつか履いてみたいと思っているんです。巡航性能の高さが、よく言われていますが、何より見た感じ、格好いいですよね。

でも、そんな気持ちで、その最新ホイール特集を見ていたら、このTOPLINOが気になりました。

特にハイプロファイルってこともなくリム高は30mmです。でも、このホイールの真髄は、その特別なスポークにあるのでしょうね。

まず材質がケブラーとカーボンファイバーの複合材であること。そして、スポークがハブを貫通して「リムからリム」で一本になっているようです。

その効果かどうか、詳しくはHPを見ていただきたいのですが、快適な乗り心地となるようです。

スポークの材質でいえば、スピナジーの繊維系スポーク?の乗り心地の良さは、以前から知っていたのですが、この貫通スポークの構造は珍しいですよね。確か2008年モデルのマビック・コスミックカーボン、ULTIMATE?だったか、同じような構造を持っていたものがあったような....(^^ゞ

デザインでいえば、リムに書かれたロゴが、ズシっと重たい感じなので、もう少し流れるようなイメージであってくれるともっとグラッときたかもしれません。

でも、軽いようですし、それで乗り心地がよく、リム高もあって巡航性も良いとのこと。

一度実物を見てみたいものです......(^_^)

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/10/18(木) 03:32:46|
  2. ■このパーツどう?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

パンツ?ズボンでしょっ(^^

20071017214229
昨日の深夜、二泊三日の泊まり出張から帰宅し、今日は何が何でも走りたかったんです。

もともと天気予報では、今日17日は雨になるはずだったのですが、その予報も幸いにしてはずれ。。。。

朝から気持ちいい晴れ間が広がりました。

しかし、今日は走ってばかりいられません。近日中に嫁さんの誕生日、というビッグイベントが迫っているんです。ちゃんと押さえておかなければぁ...(^^;)....。

まだプレゼントやケーキなども手配していないので、今日にはやっておかなければなりません。

でも、走りにも行きたいっ!結局朝9時には出かえる準備を終え、早速でかけることにしました。行き先は相模原方面にある自転車ウェアの専門店です。

以前から考えているレインウェアで手ごろな値段でコンパクトにまとまるものを買いに行きました。

自宅を出て、鶴見川を上流にさかのぼり鎌倉街道に合流。そのままJR相模原駅方面への約25kmです。

ショップに着くと、早速レインウェアを探しました。しかし、残念ながら欲しかったものがみつかりませんでした。でも、その代わり別に欲しかった物をみつけることができました。

以前超軽量のジャケットを購入し、少し肌寒いときや突然の雨などのときに活躍しています。「モンテイン」という会社の「Featherlite
Pants」というものです。

要は超軽量・折りたたみ式のパンツです。(写真は折りたたんで専用のバッグに収納した状態)

これ、欲しかったんです。なかなか実物を見る機会がなく、今回突然それが実現しました。

軽量パンツは、あちこちのアウトドアショップなどでも探したのですが、どれもきっちり裏地まで入っていたりしてなかなか超軽量?とはいかないものでした。

でも、このモンテインのFeatherlite Pantsは本当に、軽量です。もちろん、裏地も何もなく、ポケットやファスナーさえもありません。でも、畳んで専用のリンゴ型バッグに入れれば腕に巻きつけて走ることもできるほど軽量・コンパクトです。

専用バッグには、ベロクロで締めるバンドがついていてそれが腕にぴったり巻きつくようになっています。

リンゴ型ですからコロン!としていますけど、ひじの少し下あたりにまきつけて走ると、ちょうどいい感じでぶら下がって安定します。

これから寒くなる季節、また、出先でちょっとお店に入るような時に携帯していくと便利そうです。

そう、このパンツ、ヒザから下の部分にはちゃんとベロクロが二段くらいになっていてペダリングの邪魔にならないようにフィットさせることができます。

あっ!自分のものだけじゃいけないんです。肝心な嫁さんの誕生日プレゼント、帰宅途中にショッピングセンターに入っているアクセサリーショップに立ち寄り(もちろん、買ったばかりのFeatherlite Pantsを履いて....(^^ゞ)

買ってきました。毎回なかなか気の利いたものが選べないのですが、今回は、そのショップの女の子がとても親身になって相談にのってくれ、よさそうなものをアドバイスしてくれました。助かったぁ~(^.^)

でもその女の子、お会計の時『駐車券はぁ?』と。僕バリバリのサイクルジャージを着ていたので、思わず2人で顔を見合わせて笑ってしまいした。

『そうですよねぇ~(^^;)』

....とその女の子も状況を分かってくれました。

さて、プレゼント、気にってもらえるかっ!

あとはこれからケーキを予約してこなくてはっ!

by トップ.

  1. 2007/10/17(水) 18:42:29|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

出張先のいい道だぁ~

20071015151712
昨日から2泊3日の泊まり出張です。

おとといの夜は新宿で学生時代の同窓会があったので少々飲みすぎてしまいました(^^;)

翌朝起きたら少しつらかったので、早速走りましたぁ(^^;)

一般的に二日酔いの朝、自転車で走るなんて危ないし、また何より余計につらくなりそうです。

でも僕は走って軽く汗をかき涼しい風にあたるのが何より回復を早めてくれます。

ゆったりと近所の大通りを行ったりきたり。ロードで走り始めた当初から走り慣れている片道900mの直線経路。

でも最初はゆるゆると走っていたのですが、少し体が温まってくるとダメですね。

体調も回復してきたこともあり、いつの間にかトレーニングレベルくらいの速度になっていました。

ノンストップで小一時間でした。

さて上の写真は今日泊まっている南九州の小さな町です。

稲刈りを控えた、あるいはもうすでにきれいに刈り取られた田んぼが左右に広がり、真っ直ぐにのびる道。

そして乗っているのは例によってホテルで借りたママチャリです。

内装3段変速。ぜいたくは言いません。(^^;)

出張先で自転車に乗れるだけまだ恵まれています。

by トップ
  1. 2007/10/15(月) 12:17:12|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これっ!!(^^)!かっこいいですっ!

20071012204653
先日行われた『ユーロバイクショー?』でしたっけ?

2008年モデルが一挙公開されたヨーロッパでの大きなバイクショーのようです。

そこで紹介されていたのが写真のルックです。

これはKG585のようですから、ルックのラインナップの中でもほとんどトップグレードになります。

ネットでのインプレやショップの店長さんの話を聞くと、僕には堅すぎるようです。

ただ『進み具合』はかなりいいらしく、やはり平地をハイスピードで巡航するレースや、あとヒルクライムではこのフレームが威力を発揮するとのこと。

つまり、僕がロングライドのイベントや日頃のワンデイツーリングで使うにはちょっと合わないような感じです。

でもカーボン地のブラックに控えめなロゴ。それにキシリウムESを合わせれば、赤と黒のパリッとしたいいコンビネーションだと思います。

2008年の最新モデルでは赤と黒の大胆なツートンカラーもあるようですが、個人的にはこのブラックが一番好きです。

■昨日今日の2日間、社内の研修のような形で昨日は朝9時から夕方6時くらいまで大型スクリーンに映し出されるパワーポイントの画面と格闘、そして今日はグループワークという形で10名くらいで3時間ほど与えられた課題について討論しました。そして各グループごとで発表。

一日長かったぁ~(^^;)

本来ならみんなは懇親会ということらしいのですが、今日はちょっと早退させてもらいました。

今帰宅中なのでもう外は真っ暗。走りたいけどなぁ~。どうしよっかなぁ~

帰宅して子供達の送迎関連と嫁さんの状況?(^^;)を確認してから走るかどうかきめよっと!(^^;)

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/10/12(金) 17:46:53|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビルの谷間で...(>_<)

20071011160758
もったいないなぁ~。この快晴の天気。

23℃ってとこ? 風も穏やか。

ビルの谷間でランチ中。

いつもは外回りや泊まり出張が多い僕にとって、今日そして明日までの社内研修?みたいなのはつらくてたまりません。

ツーリングや鶴見川あたりでもよく食べるサブウェイのサンドイッチを買ってはみたものの、レーパンではなくスーツを着ている自分が悲しいぃ~(T_T)

今日は帰宅したら日没後なので明るいうちには走れません。

ん~、この天気、キープしておきたいっ!(^^;)

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/10/11(木) 13:07:58|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ローラー&ライド(^_^)

200710102317532
20071010231753
超早番の仕事を追え、子供達をつれてちょっとドライブ。アイスを食べさせて、あとは自宅に戻り、お昼ご飯。

嫁は、用事で昼、出かけたため、昼ごはんとしてカレーライスを食べられるようにしてくれていました。

こんなときは、カレーを温めてご飯にかけるだけですから、いくら料理ができない僕でもできるのですが、これ、子どもが大好きな作業なんです。

きっと、ほかの家庭でも同じようなことがあるかもしれませんが、カレーライスをセットするのは、子どもにとってかなり楽しいようです。

日ごろ、食事の準備にかんして、それほどお手伝いをするわけでもない子供達が、今日の昼ごはんのセットは、全部やってくれました。

そうして楽しい昼ごはんを済ませ、仕事関連の作業を少しこなしました。

「今日は走れそうにないかなぁ~」

と思いましたが、作業がひと段落したところですかさずローラーに乗りました。距離にして約25キロ。気持ちよく人汗かきました。

ところが、夕方になって、子供達と嫁が急にでかけることになり、20時くらいまではフリーの身となってしまいました。

時刻は16:30。まもなく日没を迎えようかという時刻ですが、まだ外は明るいです。

「よっしゃっ!」

と、ローラーの後シャワーでスッキリしたのにもかかわらず、またレーパンに着替えました。

思いつくまま、中原街道を進み、気がつけば鴨居の山を越えて国道16号にぶつかりました。

ここを左折すれば横須賀までまっしぐらですが、流石にこの時間帯から走る気にはならず。.....(^^ゞ

でも、引き返してしまうのも何かつまらないので、とりあえず16号を横須賀「方向」へ進むことにしました。

このあたりに来た頃には、もう暗くなってしまい、久しぶりの夜間走行です。

帰宅を急ぐ車やバイク、駅の近くになると学生さんやサラリーマンがたくさん歩いてます。ちょっと時間帯的にはよくなかったですねぇ~。

でも、気温は22℃で、涼しいし、幹線道路ですから、夜と入っても外灯の明かりで暗さはそれほど感じません。

国道1号線にぶつかって左折。これでこのままいけば横浜駅近くには出られます。

桜木町の駅に近づいたとき、ふと思いつきで、先月9月にオープンしたばかりの「ワイズ・ロード 横浜店」に立ち寄りました。憧れのLookをはじめピナレロ、コルナゴ、キャノンデール、その他有名ブランドのバイクがずらりと並ぶ大型店舗です。地上3階までありますから.....。

そこで、みつけたLookのフレームを、本当に穴が開いてしまうのではないかぁ~と思うくらい、隅から隅まで見てしまいました。(見ても何がわかるってもんでもないんですけどねぇ(^^ゞ)

ここまでの走行距離は、自宅から15kmくらい。ローラーで25キロ、後自宅までも15kmくらいですから、今日は55kmということになります。

でも、珍しいパターンです。ローラー&ライドなんて....。

帰りに通った日産スタジアムは、今日はサッカーの試合でもあるのでしょうか?ライトアップされていてきれいでした。(上の写真)

一日の後半、というかもう終わりかけた時間帯でも、今日はとても楽しく走れました。

夜間走行、また時々してみようと思います。

by トップ

  1. 2007/10/10(水) 20:17:53|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ロードバイク、今はやり?(^^ゞ


ここ横浜の小学校は、今「秋休み」です。期間は短いですが新しいシステムです。二学期制とかで、夏休みに入る前には通知表を持ち帰りません。先日秋休みに入る前にその学年の初めての通知表を持ち帰ってきました。つまり、1年に2回ということ。時代は変わりますねぇ~(^^ゞ

さて、ということで、今日は平日ですが、子どもたちは朝から室内をうろうろ。何でも、友達の誕生日プレゼントを近所のショッピングセンターに買いに行きたいとか。

嫁さんは、昨日まで、子供達をつれて外出していたため少々お疲れモード。自然と今日は僕が子どもと...ということになります。

しかし、ちょうどいい具合?に、朝から雨です。あきらめもついて子供達と出かけました。

そして、夕方になってようやく雨が上がりかけてきました。ここんとこ忙しくて散髪にもいけていなかったので、ロードバイクで近所のクイックな散髪屋さんへ。980円。昔はこの値段ではまずありえなかったような。確か、こんな僕のフツーの散髪でも4000円くらい払っていたよなぁ~(^^ゞ

ロードバイクに以前購入したモンベルのフリーライドパンツをはいて出かけました。

散髪屋さんの店先で、ガラス張りになった場所を選んで駐輪しました。できるだけ、店内からもバイクが見えるような位置に....。

担当してくれたのは、20台半ばの女性スタッフでした。僕がコツコツとロード用のシューズで店内を歩いているのを少しけげんそうに見られているのがわかりました。

散髪がはじまると、その女性が、

「今はやりの、アレ、ですねぇっ!」

とニコニコした顔で言うんです。

聞くと、すでにかなり興味を持っていたみたいで、友人にも相談しながら、購入するかも?という段階でした。
もう散髪してんだか、自転車ショップでだべってるのかわからないくらい、頭髪のことは完全に置いてきぼり。僕も、立て続けに発せられる彼女の質問に、あれこれ答えているうちに、散髪は終わってしまいました。

「あぁ~、しゃべってたらおわっちゃいましたぁ~(^^ゞ」

...とその女性もキッパリ言ってくれました。本当にそんな状態でしたから....(^_^)

自分自身がのめりこんでいるから、世間の平均的な「はやり具合」っていうのが、全くわからないのですが、その女性の話では、テレビや雑誌で自転車が取り上げられることが多くなった、ということで「はやり」を実感しているようです。

■しばらくちゃんと走っていないので、明日なんか時間があれば久しぶりに横須賀方面とか行きたいんですけどねぇ~(^_^)

by トップ


テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/10/10(水) 00:26:11|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

実は1週間ぶりの.....(^^ゞ

実は1週間走っていませんでした。イベントに参加した翌日行こう、すぐ仕事になったことと、少しあった休日も家族との時間でビッチリとなってしまい、今日まで、走れずにいました。

今朝も早朝から早番の仕事。昼過ぎに仕事は終わったのですが、残務整理などで数時間会社に居残りしました。

天気も良かったので早く帰宅して走りたいところをグッと我慢して。


実は、よくお邪魔しているショップが、先日TREKのコンセプトショップとしてリニューアルオープンしたんです。


それまでは、TREKだけでなくCannondaleやピナレロ、ルックやスペシャライズドなど、さまざまなブランドを取り扱っていたのですが、今回完全にTREK Onlyのショップとなったわけです。

今日は、仕事を終え、先日出雲に一緒に参加した先輩からの連絡もあり、一緒にそのショップに行くことになりました。

鶴見川をのんびりと。フラットなコースで心地よい風を受けながら走りました。ちょうどいいですねぇ~。気温は23℃くらい。

自宅からショップまでは14kmです。2人でいろいろ話しながら走っているとあっという間についてしまいました。

ビックリしました。お店は、外観からガラリと変わり店名も全く別のものに変わりました。

店内は、一見ショウルームのようにTREK関連商品がゆったりとディスプレイされ、BGMにイメージ映像を流す大型モニター。そんな計算された雰囲気の中に、先日発表されたばかりのMadoneがずらりと並びます。

TREKだけでなく、BontoregarやKLEINなど、関連商品もあります。

今、Cannondaleに乗り、気になっているのはLookのバイク、となると、僕にとっては直接は関連しませんが、でも、ピッカピカのMadoneが50mmのHi-Profileホイールをつけて飾られているのをみると、思わず擦り寄って言ってしまいます。そして目前で確認したプライスタグは980,000円
だったかな?

でもお店の門構えは変わっても、社長さんや店長さん、そして他のスタッフの方々は相変わらずとても親切です。

新しいお店で、おそろいの仕事着を来て忙しそうにお客さんに対応されている皆さんの姿を見ると、「人は今までどおりなんだなぁ(^^ゞ」と少し安心したような気持ちになりました。


さっ、明日も超早番の仕事です。今日の久しぶりの走りで心地よい疲れがあり気持ちよく眠れそうです^_^;

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/10/07(日) 18:57:59|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

出雲路ワンデイラン、たっぷり楽しみましたっ!(^^)v

20071001000328.jpg

さて、出雲路ワンデイランのレポートも今回の記事が最後です。

ゴール手前約10km地点で最後のエイドステーションとなりました。
「スタミナスープだよぉ~、飲んでってよぉ~(^^)v」
という、威勢のいいおじちゃんの声に誘われて、ここでは特製?スープをご馳走になりました。

コンソメスープのような、それに何か一味加わっているような、この時点で、疲れもかなりきていましたので、「スタミナ」ということばはある種僕たち参加者にとてっては「殺し文句」でしたね。

トイレを済ませ、さて、最後のひと踏ん張り、っと思ったところ、ここで、このブログを見てくださっている地元松江のライダー「クレディ」さんとお会いすることができました。

うれしいものですね。ホントなら、なかなか知り合えるような状況ではないのに、自転車のおかげで、横浜から駆けつけたイベント会場で楽しくお話しさせていただきました(^_^)

さて、あと10kmとはいっても、このエイドステーションを出た5分後くらいには、また8%くらいの上りと格闘することとなりました。

「最後にこれでもかっ!」

という感じで目の前に差し迫る上り坂を見たとき、その日上ってきたたくさんの坂道と、そして150kmの距離が、グルグル頭の中をよぎりました。

「長かった、きつかった、でも、もうすぐ終わっちゃうなぁ~(~o~)」

なんでしょうねぇ、この感じって。本当なら、まもなく苦痛から開放されるのですから、うれしくなってくるはずなのに、終わってしまうことが寂しい感じすら覚えました。

恐らく最後らしい上りを登りきったあたりで、あとはゴールの玉造温泉へ下っていきます。そこで一緒に参加した先輩のことを.....。

途中の上り坂で、「先に行ってていいよぉ~(~_~)」といわれて、僕が前に出たのですが、最後の下りになってもまだ後方から姿が見えてきません。

やはり、一緒にゴールしたいですよね。レースならともかく、やはり160km、同じコースを楽しみ、苦しんだ気持ちを、最後のゴールで同じ達成感を味わいたいですから.....。

道路わきで止まる事数分、先輩の姿が見えてきました。

「最後は後ろにつかせていただきますっ!<(_ _)>」

ということで二人そろってゴールすることができました。

いいですねぇ~、たくさんの方がゴール地点で拍手で迎えてくれました。温泉街でそしてその日、ちょうど地元のイベントも同時に開催されていて、たくさんの人がゴール地点におられました。

知らないおじちゃんが、「何これっ!何キロ走ってきたのぉ~?」とたずねてきたり.....。

自信を持って「ひゃくろくじゅっきろですっ!」と....。

■こうして、はじめて参加したライド系イベント、「出雲路ワンデイラン160」は完走することができました。

参加者350名前後でしょうか?地元の温泉街や商店街、そしてコースの要所で案内をしてくださった恐らくコース近くにお住まいの方々、エイドステーションでサポートしてくださった学生さんやスタッフの方。

これまで貸切のサーキットを無我夢中で走り回っていたのとは全く違って、僕たち自転車好きが楽しませてもらうために、多くの人たちがサポートしてくださっているのが良くわかりました。

知っている人、知らない人、でも間違いなく自転車が好きな人が一日中自分の周りにいるってことは、僕のような自転車好きにとっては、これ以上の贅沢はない、という感じです。

年代が違っても、好きなことが同じだと、あそこまで自分でも躊躇することなくいろんな人と話ができるとは思いませんでした。

逆に、同じ年代や会社の同僚であっても、価値観が違うと恐ろしいほど接点がないことも事実です。

レース系のイベントでは、もちろん、自転車好きの集まりには違いないのですが、勝負やタイムが関係しているだけに、個人的にも自分を追い込まなければならないし、あるときは人と競り合う場面もあると思います。その競い合いを純粋に楽しめれば、恐らくレース系のイベントのほうがはっきり結果が出るのでいいのかもしれません。

でも、Tour Of Japanでの経験と今回のワンデイランの経験から考えると、僕にとって自転車の楽しみは、「ライド系」ということになりました。

もちろん、早く走るために発展を続けているロードバイクですから、その機能美は魅力ですし、最新のレース機材には常に魅かれています。でも、だからといって、ガチンガチンの自転車でロングライドを...?というと話は別ですよね。

スポーティーなルックスで快適にロングライドを楽しめるロードバイクで、すこぉ~し長めに走ってみる。「ここまでよく自転車で走ってこれたよなぁ~」、なんて自己満足しながら、帰路は途中で電車輪行したり。

今の僕には、そんな自転車の楽しみ方が理想かもしれないなぁと感じています。

これからいろんな走り方をしたりして、まだまだ違う楽しみ方が見えてくるかもしれませんが.....(^^ゞ

出雲路ワンデイラン、僕の自転車経験の中で、かなり思い出に残るイベントになりました。

by トップ



テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/10/06(土) 15:51:05|
  2. ■サイクリング一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

実走行時間6時間30分(^^)

20071005002642

↑サイコンで見ると約6時間30分の実走行時間

全体のコースの中でも『宍道湖北側の山』は『勾配・一つの上りの長さ・アップダウン繰り返し回数』という意味で厳しかった部分です。

サイクルコンピューターの勾配表示によると、平均は6~8%なのですが、それを何度かこなしている中に10%がかなり続く箇所が数カ所ありました。

距離にしてそこまで約120kmを走ってきてるので肉体的にも精神的にも厳しかった部分です。

また80kmを過ぎたあたりから左膝に違和感を感じ始めていたのもつらかった原因かなぁ~(^^;)

左膝は走り始めた頃、平地で張り切って踏みすぎたときや長めの上りをこなしたあとに経験したものと同じでした。

しばらく発生していませんでしたし、先日の女満別ツーリングでも全く感じなかったのに....。

でも幸い走れなくなるほどのものでは無かったので良かったです。

■エイドステーションがないっ?
今回のイベントには会社の先輩と2人で参加しました。

それぞれマイペースを維持し各エイドステーションで毎回合流する方式にしました。特に上りの走り方は人それぞれなのでこの方が良かったかも知れません。

ところが130km地点の第5エイドステーションでは、たまたま先に僕が到着して待っていたのですが先輩が一向に到着しません。

『パンク? 落車?』

などと心配していたら

『コースアウト』

でした。

先輩から携帯電話で連絡があり『エイドステーションがないんだけどぉ~』とのこと。

上の写真にあるように、今回の『出雲路ワンデイラン』では路面に書かれていた矢印を頼りにコースをフォローする方式でした。

200710050026432



分岐の要となる交差点には誘導の人がいてくれましたが、それ以外の多くの交差点はこの矢印が頼りです。
20071005002643

先輩はどうやらある交差点を曲がるべきところ直進してしまったようです。

しかし幸いほかに走っている人を見つけることができエイドステーションにたどり着くことができました。

さてあと30km。しばらく平坦なコースで脚を休めることができました。

のびのびと広がる農地と点在する大きな家。いいところですねぇ~。

あとは宍道湖の南側にある山がまさに最後の山場となります。

■今朝3時半に起きて仕事に行ったのでそろそろ睡魔が襲ってきました。

明日夜にアップする記事で出雲路ワンデイランのレポートを完結する予定です。
あっ、あさってから子供たちは秋休みだぁ~(^^;)

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/10/04(木) 21:26:43|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

まだまだ山だぁ~(~_~)

20071003224519.jpg

スタートから30kmを過ぎ、エイドステーションでも補給を済ませました。自分なりに調べたところによると、前半の厳しい山岳エリアは抜けたはずです。

次のエイドステーション、60km地点は日本海に面する観音埼周辺です。ところが、まだまだ続くアップダウン。途中、走りながらある人から聞いた話では、今回のコースの中で純粋は平地は30%しかないそうです。

しかし、今回のコースで楽しかったのは、そのダウンヒルの豪快さです。いくつあったかなぁ、延々と続く長い下り坂。それも、途中に交わるような道がないし、直線部分が多く見通しもよくて思い切ってスピードを出せるんです。(走り終えてサイコンで確認してみたら、自己最高速度の76km/h....。あの富士スピードウェイの第一コーナー先の下りでも74km/hだったのに)

そんなお楽しみもつかの間、またアップダウンの連続です。

途中、下りで豪快に僕をパスしていくおじさんがいました。ところが、どうやらその方、上りは苦手らしく、こんな僕でも、次の上りでは、その方をパスできました。

「なんでみんな上り、速いんじゃぁ~<`~´>」

と、その方、僕がパスするときボソッと。僕もにっこり笑って、「いえいえ、僕も今だけですから~」

そして、次の下りではやはり逆転。そしてまた次の上りで僕がパス。

そのときのその方のせりふが印象的でした。

「まいどっ!(^^ゞ」....と。

こういうのも、レースじゃないからほのぼのとしたいい雰囲気でいられるんでしょうね!あたらためてライド系イベントの楽しさを感じた瞬間でもありました。

60km地点のエイドステーションでは最初のステーションとは少し違う内容で、おにぎりがあったかな?あとバナナとか。各ステーションで少しずつその内容を変えてくださっているのも、うれしかったですねぇ。
疲れて、甘い補給職ばかり口にしていたので、お味噌汁がビックリするほど美味しかったです。


↓写真は、観音崎
20071003224558.jpg



その後、大根島を抜けて干拓地を通過するまでの数キロの間はほぼフラットなルートでした。風も悪くなく今回のライドで数少ないフロントアウターギアが使えた箇所でもありました。

次のステーションは80km地点。観音崎を越えたあと、すぐに到達しました。時刻にしても11:30となり、お昼どきです。ここにはサザエご飯がありました。

実はこのステーションではちょっとしたハプニングが。

と、いっても悪いことではなく、実は、松江市には以前からよく泊まりで出張に来ていたのですが、そのとき通うようになった広島風お好み焼き屋さんがあります。実はこのイベント前日の夜も、そのお店にお邪魔して自転車談義となっていました。ご主人は「明日はがんばってくださいねっ!」といってくださいました。

ところが、この方、ちょうど日曜日だということでこのエイドステーションまで車で応援に駆けつけてくださったんです。

いやぁ~、うれしかったですねぇ~。エイドステーションがあるだけでもうれしいのに、そこに知ってる人が応援に来てくれるなんて....。

差し入れのカロリーメイトをありがたく頂き、その先の、残り80kmに向けて再スタートしました。

この後、一緒に参加した人が一時迷子になったり、あとはこのブログに書き込みをしてくださっている方と対面するという嬉しいシーンも.....。

つづきのお話しは、明日の超早番の泊まり出張の合間を見てアップすることにします。

ん~、必死で走ってたけど、今頃になっていろいろ思い出してきたっ!

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/10/04(木) 00:10:10|
  2. ■サイクリング一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

日の出とともに出撃!

20071003125135
出雲路ワンデイラン、当日のレポートです。

朝6時、松江市はちょうど日の出の時刻です。

宿泊した松江駅前のホテル(1泊3800円朝夜食事付き&温泉・サウナ(^_^)b)からスタート地点の玉造温泉まで約10kmです。

のんびり走ってちょうどいい時間。

いよいよ初めてのライド系イベントへの参加に期待が高まります。

■レースじやないから....
今まで参加してきたイベントはすべてレースでしたので、スタート地点では慌ただしい雰囲気で、みんな最後の補給をしたりローラーでアップしたり。あとレースの雰囲気をあおられるのがマッサージオイルの独特の匂いですね。

でも今回はなんとものどかなムード。

記念写真を撮ったりトイレを済ませたりして、あとはみんな穏やかな表情でスタート時刻を待っていました。

■わかってはいたけど.....
事前に知らされたコース図やアルプスでみた高低図から前半の山登りは覚悟していました。

でも厳しかったですねぇ~。スタートして10分もしないうちに上り区間に入りました。

フロントインナー39、リアは23と25を勾配に合わせて使い分けていきます。

まだ脚は元気ですが逆にカラダが温まりきっていないのといきなりの上りに対する『これからどうなるんだぁ~っ!』という精神的ダメージもありました。

そしてコース最高地点約300mの標高までアップダウンを繰り返しながら上っていきます。

■初エイドステーション(^_^)b
スタートから30km地点。いよいよ憧れのエイドステーションです。一山こなしたこともあり『さぁ~何を補給しよっかなぁ~(^o^)』と嬉しくてたまりません。

しかしその前に大事なことが。完走を示すためのスタンプをコース図に押してもらい、ステーションにある名簿にサインをします。

チョコレート、ソーセージ、あと梨もあったかな? ドリンク類は水とスポーツドリンク、ウーロン茶がありました。

このステーションでお世話をしてくださったいたのは、恐らく地元の奥様方だと思うのですが、『頑張って下さいね(^_^)』なんて声を掛けてくれるんです。

普段自分の奥様?からもそのような優しいコトバを聞き出すことができていない僕には、とてもありがたい励ましでしたぁ(^^;)

脚はまだまた快調です。次のステーションまで約30km。さっきほどではないにせよ、繰り返されるアップダウンに精神的にはドキドキしっぱなしです。

でも時折たまたまペースが一緒になる人と『上り多いっすねぇ~』などときつさを分かち合いながら....(^^;)

.....などと出勤途中に携帯で書いていたら間もなく会社に到着です。

第2エイドステーション以降も待ち構えていた厳しいステージのお話はまた今夜にでもアップします。

by トップ
  1. 2007/10/03(水) 09:51:35|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出雲路ODR(OneDayRun)レポート!【飛行機輪行編】

070929_1207~0001.jpg


今日は、超早番の仕事の予定が、昨日会社から連絡がって、一転遅番の仕事に変更です。昼過ぎの出勤前に、たまっていた仕事をやってしまおうとPCを立ち上げました。

...といいながら、またブログを書いています.....(^^ゞ

今日は、出雲路ワンデイランに関して、飛行機での輪行に関して....。

以前、このブログでも紹介しました、某スポーツ関連の量販店で買ったやや大型の輪行バッグの出番です。先日の女満別ツーリングで初めて使いましたので、2回目となると要領もだいたいわかってきました。

前回と違ったのは、ホイールケースについてです。

キシリウムESは、購入時に専用のホイールケースがついていたのですが、前回の女満別のときは、輪行バッグの内側に付属しているホイール収納スペースにそのままホイールを固定しました。

輪行バッグ自体にも緩衝材が入っていますし、やや大振りな輪行バッグがさらに大きくなるのが嫌で、そのようにしました。

しかし、2回やってみて、やはりホイールはケースに入れてそれで輪行バッグにいれたほうがいいですね。バイクをさかさまにし、ホイールをバイクをはさむように梱包するのですが、ペダルやチェーンリングとホイールがかなり接近します。

ペダルをはずせば一番いいのでしょうが横着してしまいました(^^ゞ

飛行機輪行でバイク以外に手配するのが、フロアポンプと高圧ガスカートリッジです。

フロアポンプは、輪行で送った先で借りられるような手配ができればいいのですが、通常は空港付近に自転車屋さんってあまりないですよね。

結局、今回は、輪行バッグとは別の袋に入れて、手荷物として預けました。そして、面倒なのが、パンク修理用の高圧ガスカートリッジです。

これは必ずなくてはならない、というものではありませんが、先日も地元でパンクを経験し、その便利さを痛感していただけに持っておきたいものです。

ただし、これは航空便では手荷物だろうがどんな形でも送ることができません。

今回は、イベント当日の5日くらい前に封筒に入れ定形外郵便として宿泊するホテル宛てに送りました。横浜から島根県松江市まで200円でした。(もちろん、イベント当日は携行して走り、幸いにして使わなかったので、また松江市内の郵便局から自宅に返送しました。)

僕が持っている大型の輪行バッグは、サイズ的にゆったりしているので、バイクを入れた後、ウェア類をビニール袋に入れたりして一緒に梱包することができました。しかし、その反面、重量が約20kg近くになってしまいました。(これは空港のカウンターで預けるときにわかったのですが....。)

今回、自宅近くの空港行き直行バスを使ったので、電車を利用するよりは持ち運ぶ時間は短かったのですが、やはり大きいし重いですね。

荷物運搬用の小さな折り畳みカートを利用しながら、何とか空港のカウンターにたどり着きました。

X線での検査機械には大きさの関係でとおせないので、係員の人がバッグをあけて目視で検査です。

「高圧ガスなどないですねっ!」

...とまずきかれました。

ホイールバッグをひとつずつ取り出して検査機へ。あとはウェアなどを入れた袋も別々に検査機へ通していました。

バイクを預けてしまえばあとは身軽です。

出雲空港に着いたら、手荷物受け取り用ターンテーブルの脇のドアから、自転車が出てきました。

そしてまたまた高速バスに乗って松江駅前に向かい、その駅前にあるビジネスホテルへ直行しました。

空港からの高速バスは、床下の荷物室が十分に広いので、今回僕たち2人で参加した2台分が余裕を持って収まりました。事前にバス会社に電話で問い合わせたところ、「お客さんの手荷物が多いようなときは、乗せられない場合がありますからねっ!」といわれていました。

恐らく見た感じ、僕たちのサイズの輪行バッグなら4つが限界かなぁ~(^^ゞ

実際、最後に逆に松江駅前から出雲空港行き高速バスは通常のサイズより若干短いバスでした。

床下の貨物室は2つのところ、そのバスは1つしかありません。なんとか工夫しておさめようとしました。てこずっていると、見かねた運転手さんが、「車内にいれましょっと?」の一言。

幸いお客さんも10人くらいしかいなかったの、通路の開いているところにデーンと置かせてもらうことにしました。よかったぁ~(^^ゞ

輸送・移動に関しては大きなトラブルはありませんでしたが、ひとつだけ....。

最初にホテルについて組み立てたとき、リアのディレーラーに異常が。

ガイドプーリーの外側にあるツメをチェーンが乗り越えて外側をガラガラ流れていました。

チェーンをはずしてすぐに通しなおして事なきを得ましたが、やはり想像し得ない力や振動がかかったのかなぁ~。

やはりディレーラーもはずさなきゃいけないんですけどねっ!(^^ゞ

往路も復路も大きなトラブルもなく、今回の出雲路ワンデイランでは移動はうまくいったと思います。

今まで車載でイベントに参加することが多かった僕にとっては、梱包に手間取りましが、これも回数を重ねるにしたがって少しずつコツをつかんでいけそうです。

でも、羽田空港で見かけた別の人の輪行バッグ、あれ、すっごいよかったです。「シーコン」って読むのかなぁ、あの横文字。

確か今中さんの「インターマックス」で取り扱っていたような。

バッグ自体、カッシリしているし何がいいって、その底の部分にキャスターがついていること。あれなら、肩に掛けるにもグニャグニャしないし、もちろんコロコロ転がせば楽チンです。

まぁ、値段は僕のバッグの数倍になりますけどねっ!(^^ゞ

■そろそろ午後の仕事の準備に入ります。次はいよいよワンデイラン、当日の走りについて......。(^_^)

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/10/02(火) 08:50:33|
  2. ■サイクリング一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

トップ

Author:トップ
40才を過ぎて突然ロードバイク。2005年3月16日から走り始めました。
日帰りサイクリング、ちょっとトレーニングっぽいことも。2児の父親です(^_^)

天気予報

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類 (81)
  • ■自転車一般 (1516)
  • ■サイクリング一般 (196)
  • ■このパーツどう? (244)
  • その他 (116)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア