40才からのロードバイク

40才を過ぎて突然ロードバイクで走り始めました。とにかく楽しくっ!(^^)!

歩けなくなったぁ~(>_<)

大嫌いな早起き出張です。今晩と明日も泊まりになるんです。

ということは2日間は確実に走れないということです。(T_T)

ま、サラリーマンライダーにとって仕方ないですね。

■出張先でちょっと移動するのに歩いていました。

ロードレーサーに乗り始める前は、しばらくウォーキングをしていたので、歩くだけなら少々長く歩いても大丈夫だったんです。

ところが最近、少し歩くとヒザの上辺り、腿の下あたりが張ってきます。今日もほんの15分くらいなのに歩き始めて脚がつらくなってきました。

あぁ~ママチャリでいいから乗らせてくれぇ~(>_<)

by トップ
スポンサーサイト
  1. 2007/06/30(土) 22:56:50|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

足首快調!but異音発生!


昨日の足首の痛みから、クリート位置を調整し、昼ごはんを食べがてら
走りに出ました。

数ミリ移動させただけでも、足の位置が変わると感じるものですね。特に踏み込んだときに、力の係り具合がはっきりして良くわかります。

午後からの雨から逃げ帰るために、また明日からの出張の準備もあるので、近場で食事を済ませ、さくっと帰宅しました。

昼食は、近所のうどん屋さん。チェーン店ですが、うどんの麺もしっかりコシがありかつ180円からありますから良く利用します。

今日は、蒸し暑かったせいもあり、初めて、冷たいスープのうどんにしてみました。そのなも「ひえひえうどん」スープのない「ぶっかけうどん」は出張先の高松などでよく食べますが、スープが冷たいのは始めてトライします。

麺も冷たいのに、そのコシはしっかり。スープもうまく冷たい用に調整してあるのでしょうね。おいしくて完食してしまいました。

さて、距離は短かったですが、足首には何の違和感も出ていません。今度少し長めに走って最終確認です。

それより、今日は、ちょっと気になることが.....。

異音がし始めました。バイクから....(~_~)

BB周辺のようにも聞こえるのですが、過去にもあった、ミシミシというキシミ音です。前回はもう1年以上前になるでしょうか、自宅前でポテンと立ちコケ下あと、キシキシなるようになったんです。

ブログを見てくださった方々からいろいろアドバイスを頂き、結局ステム、ハンドル、周辺を分解清掃して解決しました。

そのときも、音源はBB付近に感じられたのですが、あの手の音は出所を特定しにくいです。常に鳴っているわけでもなく、どちらかというと登りなどで踏み込んだときです。

じゃあ、前回は立ちごけがその始まりだったのですが、今回もまた....。ではなく、今回は、どんな状況だったか不明?なんです。

実は、昨日走っている途中で立ち寄った自転車ショップでのこと。自転車置き場においておいた僕のバイクが、僕が帰ろうと思って戻ってきたときには、当初のまったく正反対向きにとめてあるのです。ヘルメットを置いてあったんですが、その位置も変わっています。そして、チップチューブにはガリっとえぐられた無残な傷が。面積は小さきものの、それは恐らくバイク駐輪用の金属パイプに強くヒットらしく、表面の塗膜は完全にはがれ中の別の塗膜の色が露出してしまいました。

そばにいたお店の人に「これ、倒れました?」ときいても、「いやぁ、僕は今ここにきたばかりなのでぇ~」....と。

僕バイクの隣には、僕が来たときにはなかったバイクが駐輪されていましたが。

結局、どういう状況なのかはわかりません。僕の停め方が悪く、自然に倒れてしまったか?

でも傷を深さからすると、かなりの衝撃がバイクに加わったものと予想できます。そして、きしみ音、ということになっています。

原因はともかく、なんとかその音を解消しようと、さきほど、ヘッド周辺部分を完全に分解・清掃し、グリスも新たに塗りなおして、組みなおしました。

ちょうど外は雨。明日は早朝から出張に出かけるので、明々後日、帰宅後に走ってみることにします。

うまく解消していればいいのですが.....(^^ゞ

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/06/29(金) 16:52:14|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久しぶりに「痛っ!(>_<)」

一つ前の記事でも書きましたが、今日は楽しく90kmほど走ってきたのですが、久しぶりに痛みがちょっと出ました。

そんな目立ったものでもないのですが、左の足首に少し違和感が出ました。走っているときも少し感じていたのですが、帰宅して、しばらくして痛みが残っていることに気づきました。

過去にヒザが痛くなったことはあったのですが、それもクリートやシューズのインナーソールの調整でうまく切り抜けました。

足首は初めてです。

今日は、主に多摩川CRとあとは都内、中原街道ですから、コースとしてはそんな厳しいものではありません。多摩川でも、とてもおとなしい?スピードで走っていましたし.....

痛みに心当たりがないわけではありません。実は、昨日の夜、痛みの出た左側のクリートを交換したんです。

もちろん、元のクリート位置をよく確認して同じ位置に取り付けたつもりでしたが、今日、帰宅してシューズをよく見てみると、左右で比較して交換した側のクリートがかなり前側についているのです。

つまり、ペダリングをつま先側、モノの本によると、スプリント系のパワーライド向きの位置にセットされていることになります。

乗り始めた頃、クリート位置をあれこれやっていた頃、つま先側で踏むように取り付けたら、急に自分が速く走れるような錯覚に陥ったことがあります。そりゃ短時間ならそうでしょうけど、そのときもしばらくしてヒザに痛みが出ました。

とりあえず、今回の原因はクリート位置にあるとみて、左側のクリートをかかと側へずらしました。

これにより、回転系のペダリングに適した位置にちかづいているはずなのですが.....(^^ゞ

クリートだけでなく、サドルやハンドルなど、ほんとロードレーサーのセッティングって微妙ですよね。

もし新しいバイクを買ったりしたら.....、もしもフルカーボンの....なんて皮算用はやめておきます(>_<)

今のバイクをしっかり乗りこなして、ロングライドを存分に楽しめるよに、もっともっといいバイクにしていきたいです。

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/06/28(木) 21:16:41|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニューボトルっ?(^^ゞ

070628_1503~0001.jpg

【↑新しい保冷&保温ボトル、ちょっと大きいかなぁ(^^ゞ】

最近の「天気運」はなかなか快調です。今日も曇り時々雨なんていわれながら、朝から軽い曇り程度で、雨が降る気配はありませんでした。湿気が増えてきている感じもなく、薄日がさしてきたので迷わず走りに出ました。

今日の行き先は、ネットで見つけた保冷&保温ボトルです。
【ELITE製 1860円】

以前このブログで紹介した、ゲー○レードにおまけでついていた、飲み口。あれ、ホント重宝していたのですが、子供たちに2つともとられてしまい、僕の分がなくなってしまいました。横浜や先日の横須賀、そして都内を走ったときや、出張先でまでも、コンビニで探したのですが、もうそのキャンペーンが終わってしまったらしく、どこにも売ってませんでした。

そこへ、昨日見たあるショップの新入荷リストで、ELITEの保冷&保温
ボトルが紹介されていました。

このELITEのボトルは、アルミのボディーでプラスティックのカバーがついているもので、これにより、アルミのボトル本体と外気の間に空気の層ができて、少し保冷&保温機能があるというものです。あと、アルミボディのままだと、ケージに入れて走ったときに、きっとカチャかチャうるさいかもしれませんね。

飲み口は一般的な自転車用のボトルと同じものですが、その上に透明なプラスティックのドーム型カバーがついています。これは飲み口を清潔に保つため、らしいのですが、走りながら飲むことを考えると、これをまず開けてから、飲み口を引き上げる2アクションになるので、僕個人的にはなくてもいいかなぁ~、と思います。

アルミのボディーはもちろん固く、そして外側のプラスティックは少し変形する程度のやわらかさ。でも、アルミボディーなので、ポラールやその他一般的なボトルのように、飲むときにボトル本体をグニューッとスクイーズすることはできません。

「どうなってるんだろうなぁ~?」と少し不安のまま、思い切って購入してみました。

なるほど、ちゃんと考えてありますね。スクイーズしなくても、そのまま飲み口をくわえて吸えばドンドン飲み物が出てきます。同時に、飲み口周辺でどこかに空気抜きがあるんでしょうね。空気がどこからか抜けているのが分かります。

ただ、空気を抜きながら同時に飲み物をが口に入ってくるので、通常のスクイーズするタイプより、飲み物が出てくる量が少ないです。ストローの途中に小さな穴が開いていて、今ひとつ飲み物の勢いが足りない、みたいな感じですかね。

でも、特に不便さを感じるほどではありません。この機能のメリットは、スクイーズタイプだと、一気にたくさん飲もうと思っても、ボトルが収縮しきってしまうと、一旦口を離してボトル内に空気を入れなければなりませんよね。でも、このELITEの飲み口は、常に空気が出入りしているので、飲みたいだけ飲み続けることができます。

容量は、500mlのペットボトルを入れてまだ少し余裕がありますから650mlくらいかなぁ~。

家を出るときに、氷を入れて出ればいいかなぁ~(^.^)

あと、アルミボトルの表面にサーモなんとかっていう温度によって色が変わるテープが貼り付けてあります。摂氏と華氏でそのボトル表面の温度が直読できる仕組みです。どんな使い方になるのかかりませんがっ!(^^ゞ
【↓温度が分かるテープ?】
070628_1504~0001.jpg


今日も真夏日だったんじゃないかなぁ~。多摩川サイクリングロードから、都内へ抜け、また多摩川CRに戻り、是政橋の少し上流側まで行って戻ってきました。90kmくらい。

帰り際、最後にコンビニで飲み物を買ったのですが、まだ気温もかなり高く、コンビニの建物の影に逃げ込み休憩していました。するとどこからかさわやかな冷気が降り注ぎます。

見ると下の写真のように、僕がたまたま立った場所の上に排気口がありました。場所的には直前に使わせてもらったコンビニのトイレあたりになるのですが、コンビニ内、ギンギンにエアコンが効いていたので、その冷気が出ていたのだと思います。結構生き返りましたぁ~(^_^)v

【↓上の排気口から冷気がぁ~、気持ちいいぃ~い(^.^)】
070628_1501~0001.jpg


暑い中、90kmでしたが、完全な晴天でもなかったのがよかったのか、結構気持ちよく走れました。先日の霧雨、横須賀ツーリングも楽しかったですけどねっ!

by トップ


テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/06/28(木) 17:47:38|
  2. ■このパーツどう?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

霧雨の中横須賀へ.....(^.^)

070625_1328~0001.jpg

天気予報では神奈川は一日中曇りでした。でも横浜は朝から霧雨。ネットで雨雲の様子を見ても、特に大ききな雨雲はないので走りに出ることにしました。

本当は前回行って楽しかった、多摩川→八王子→大垂水峠、コースを、と思って走り始めたのですが、どうも、多摩川方面お空を見ると雲がやや低め。そっちのほうに走っていくと霧雨も少し強くなってきました。

そんなときはすぐに予定変更です。どちらかというと少し雲が高い西に向かって走ることにしました。

「困ったときの鶴見川(^.^)」じゃないですが、まずはいつもの鶴見川に入り、そこから国道2号線に合流。西に向かうということは......。横須賀方面になります。

その途中までなら、先日の「関内・懐かしラーメン屋さんツーリング」で行っているので、その先16号線をひたすら走れば横須賀です。

霧雨もだんだん弱くなって、関内を過ぎる頃にはほとんどやみました。

でも、霧雨の中を走るのって、そんな嫌いじゃないですよ。だって、服装は少々ぬれても関係ない状態ですから。バイクには良くないですけどね。

路面は乾きかけている感じなので、少しスピードは控え気味、ブレーキは早め、これは車と同じですね。

16号線は、時折2~3%程度のアップダウンがありますが、幹線道路の割には比較的交通量も少なく、今日はとても走りやすかったです。

磯子あたりを過ぎると頻繁にトンネルを通過します。全部でいくつあったかなぁ~。7つか8つくらいはあったと思います。高速道路ならともかく、サイクリングで一日にそんなにトンネルを通るのは珍しいですよね。

横須賀駅近くで見えたのは、海上自衛隊の基地のようで、ニュース映像とかでよく見る「イージス艦」のようなちょっとものものしい船とあとから気づいたのですが、その右側に真っ黒な潜水艦もありました。駅前には横文字の看板がたくさんあり、外人さんもたくさん歩いています。有名な海軍カレーの博物館?の看板も.....。やはりちょっと雰囲気が違いますね(^.^)

ここまで自宅から約47km。微妙な天気ながらとっても楽しいツーリングでした。帰路は同じルートでしたが、また磯子付近では小雨が少し強めに。信号で止まったついでにリアのバッグに入れていた超軽量のモンテインのジャケット(以前このブログにも登場しました(^.^))をきました。

そして5分も走るとまた雨はあがりました。ジャケットを脱ぐのですが、車の流れも切れて周辺を走っているのは僕だけになったのを見計らって、ここはプロツールの選手、ベッティーニ気分で......。ホントはいけませんけど、ちょっと走りながら脱いでみたかったんです。バサッと脱いで、背中のポケットへ......。ん~ん、気持ちいい~(^.^)

我ながら「単純」ですね....(^^ゞ

往復約90km。天候が不順だったわりには、とても楽しめたツーリングでした。また走りたいコースです。

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/06/25(月) 20:07:25|
  2. ■サイクリング一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

振動吸収性能の違いを体感?(-_-;)

自分の乗っているアルミバイクと、フルカーボンフレームのバイクでは、その振動吸収性が明らかに違うのは、今までの試乗の経験などを含めて体感してきてつもりです。

しかし、同じアルミバイク同士でも、メーカーの違いでどんな違いがあるのかは、あまり意識していませんでした。

今日は、会社の先輩と一緒に走るチャンスがあったのですが、その先輩が、同じアメリカンバイクで、アルミフレーム、フロントフォークののみカーボンのバイクに乗っているのです。

一緒に河川敷を走りながら、お願いしてバイクを交換させてもらいました。

タイヤこそ違いますが、ホイールは全く同じキシリウムESです。

違うんですよねぇ~。まるっきり。乗り心地が。

基本構成は全く同じはずなのに、細かい振動が減衰しているのが明らかに分かります。路面が滑らかになればなるほど、その落ち着きぶりがはっきり体感できるような感じでした。

実際、価格だけ比較しても。僕のR700より7~8万円くらい高価なバイクだと思うので、その分差が出ているということでしょうか?


こうやって、自分のバイクの「固さ」を認識するたびに、フルカーボンバイクへの憧れが高まるんですよねぇ~(-_-;)

■今朝は早起きして、久しぶりに早朝走行会に参加してしてきました。昼からの雨の、ピッタリ前、という感じで、朝5時半くらいに自宅を出て、帰宅したのが12時前だったでしょうか。その後、すぐに本降りになりましたから、本当にラッキーでした。

久しぶりにたくさんの人と一緒に走って楽しかったなぁ~(^.^)

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/06/24(日) 19:07:18|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

床の間にロードレーサー?(^^ゞ

070604_1631~0002.jpg

大切なロードレーサー、どこに保管されてますか?我が家はそんなに広くないのにもかかわらず、室内に頑張って保管しています。仕方ないですよね。ベッドから寝ながらでも、バイクが視界には入っているので、何かパーツを交換したり補修したときには、ついニヤニヤしながら眺めてしまうことがあります。

昨日から一緒に出張に行った上司の話です。数ヶ月前にも一緒に出かけてことがあって、そのとき自転車の話をしました。

そぅしたら、なんとその上司、買ってしまったそうです(^^ゞ僕は別に進めていませんよ。ただ、一緒に高速バスで走っているときに、僕が「あぁ~、こんな広い道、ロードレーサーで走ったら気持ちいいでしょうねぇ~」なんてこと言ってたんです。聞くと、僕のそんなせりふを聞いて、「ホントに気持ちよさそうだったから....」だそうです。

でも、その人、せっかく買ったロードバイク、ほとんど乗る機会がなく、自宅の床の間でピッカピカ状態だそうです。

もったいないなぁ~(^^ゞ 僕が引き取ってジャンジャン走ってあげますよぉ~^_^;

■今日は出張から帰ってきましたが、嫁が夕方から飲み会に出たいとのこと。でも、これチャンスっ!実は明日の日曜日の早朝は、久しぶりにショップの走行会に参加したいので.....。もちろん、嫁さんの飲み会は、「ドンドン行っておいでぇ~!」子供たちの晩御飯は適当にやっとくから~!(^_^)v」...ということで明日の朝は天気さえOKなら走行会にいけそうです。

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/06/23(土) 18:01:21|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

『スーパー』っときましたかっ!(

もう最新の自転車雑誌2007年7月号各誌で取り上げられていますが、キャノンデールの最新バイク『Super Six』です。

アルミを得意とするメーカーが満を持して、という感じですかねっ!

しばらくはフルカーボンは出さないようなことをキャノンデールの担当者?がインタビューで答えていたのを読んだこともあって、そんなのまだまだ先のことかと思い込んでいました。

それがいきなり来月7月に発売なんてっ(~o~)

どうなのかなぁ~。
どんな感じかなぁ~。まだ雑誌やネットでみる限り、色のバリエーションが少ないので『これ欲しぃ~いっ!』って食い付く感じではありません。(でも実車みたらスッゴいカッコいいんでしょうけどねぇ~(~o~))

システムシックスと比べてマイルドな仕上がりになっているというのは、まさしくロングライド向きなのかも?

夏本番が過ぎ9月、10月辺りになると、また各社ニューモデルが出揃うんでしょうね。

いつから欲しいカーボンバイクです(^^;)

■出張で広島にきていますが、こちらは雨というよりもヒドい霧です。関東も雨のようですので自宅にいても走れなかった? と考えると少し気が楽になります(^_^;)

最近早番の仕事が続いているので目覚ましに走りたいんですけどね(^_^)v

by トップ
  1. 2007/06/22(金) 21:54:44|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイコン脱落っ!?(>_<)


昨日の輪行終了時、組み立て作業中にハンドル周辺を持ち上げたとき、たまたまサイコンの近くをグリップしてしまい、ギュっと力を入れたら、サイコンのハンドルバーへのアタッチメント付近がグニュッと浮いてしまいました。よく見ると、サイコン側の台座みたいなのが、一部割れるようにはがれてしまいました。なんとかプランプラン状態で帰宅しましたが、このままでは使えません。

最近、よく壊れるなぁ~。先日のサドルやバーテープに続きまた補修作業です。

今回は、元通りにするには単純に瞬間接着剤でつけてしまえばいいのですが、ちょっと工夫してみることにしました。

実はこのサイコン、VDO社製であまり使われていないようですが、勾配がリアルタイムに見れたり、現在高度、気温も見れるので見ていてなかなか面白いんです。気に入っているのですが、ひとつ不満なのは、その取り付け方法です。

要はステムに付けられないんです。ハンドルバーのステム右か左に付けて使用するのですが、登りでハンドルバー中央部付近をグリップしたいときに、少し干渉します。

そこで、今回の補修でそれを解消してみることにしました。

外れかけていた台座からカッターナイフで完全に切り離し、90度曲げてその台座をバンドに接着してしまえばOKです。

台座とバンドの間に空間があって、そのままだと、接着面積が少し狭い感じです。強度的に心配だったので、以前何かの補修で使ったゴムの薄い板の切れ端を適当な大きさに切って、その空間に挟み込みます。
【→こんな感じで90度ずらして接着!】070621_1254~0002.jpg


あとは、そのバンドでステムに締め付ければOKです。このVDOのサイコンは大きさの割りに厚みがあるので、走行中には関係ありませんが、輪行したり車載するときには取り外したほうがよさそうです。

【↓めでたくステムに取り付け完了(^_^)v】
070621_1259~0001.jpg

ハンドルバー上部がスッキリして見た目も、登りで持ち替えてもとても走りやすくなりました。左右対称になっているほうが、やはりすっきり見えますね。

■今日は、超早番の仕事を終え昼過ぎから自由時間になりました。そして例によって夕方は子供関連の用事があるので、走れる時間としては正味4時間くらいでした。

特に行き先は決めず、まずは準備をして家を出ました。鶴見川から国道15号線(第一京浜)を南、つまり横浜方面へ。

いつも大型車で渋滞する道ですが、なぜか今日はスイスイスムースに走れました。みなとみらいを左に見て、そのまま関内方面へ。

ここは、僕がまだ25歳くらいのころ、2年ほど働いていた場所で、歌手の「ゆず」がアマチュア時代から大観衆を集めていたことで有名なところです。

そんな関内で今日は行ってみたい場所、お店がありました。下の写真にある「太源」というラーメン屋さんです。

当時この地域でもこってり。しっかり味が有名で、しょうがだと思うのですが、濃い味としょうがの風味がとてもよく合うんです。仕事仲間とお昼ごはんや夜食に通いつめたものです。

今日はそこへ直行しました。お店は7~8人ほどで満席になるカウンターのみの小さなものです。小さな厨房でおじさん2人がきびきびラーメンを作ります。

20年ぶりくらいだったので、同じおじさんかなぁ~と考えながらお店に入ったのですが、最初はピンときませんでした。「20年経ってるからなぁ~」と思っていたとき、注文したラーメンが出来上がりました。

「うすかっったら言ってねぇ~(^.^)」

.....っそっ、そうだぁ~っ!このおじちゃんだぁ~。

この言葉で記憶がガンガンよみがえってきました。

ここのお店は、スープが薄いと思ったら、言えばタレみたいなのをまた別のスープ皿に溶かして、それを今食べているどんぶりに追加してくれるんです。

でも、僕はそのままの味で十分おいしいんで、そのまま今度はラーメン自体の味を思い起こすよう味わいました。当時、ガツンと濃い味、と思っていましたが、その後とんこつブームなどでドンドンしっかり味のラーメンが出揃った感のある今、このラーメンは、意外と油が少なくあっさりとおいしいんです。

香りや味って、結構記憶に染み付いているものですね。当時一緒に通った友人たちのことも思い出しながら、存分に味わった630円でした。

また近いうちに是非食べたいと思います。

今日もまた日焼けしたなぁ~(^^ゞ

【↓20年ぶりに行ったラーメン屋さん】
070621_1503~0001.jpg


by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/06/21(木) 17:20:37|
  2. ■このパーツどう?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

多摩川CRから八王子そして大垂水峠へ(^_^)v

今日はちょっとウキウキ気分で走り始めました。

と、いうのは、先日の父の日に家族が僕に自転車のジャージをプレゼントしてくれ、通販で配送待ちだったものが、昨日の夜届いたのです。

冬場の「防寒着」という意味では、ある程度機能優先ということになるかもしれませんが、夏は、できれば自分の気に入ったかっこいいジャージで走りたいですよね。

しかし、なかなか気に入ったものにめぐり合えず、いろんなショップに行くたびに見続けていました。

それが、ふとしたときにネット上でみつけたジャージが気に入っていつかは欲しいなぁ~、と思っていたのです。

そこへ父の日のタイミングで、子供たちから「何か欲しいものない?(^.^)」といってくれるので、即答しました。「あるあるっ!フルカーボンっ!」...と。キョトンとする子供。当然ですよね。

そこで、気になっていたジャージの話をしたら、家族で買ってくれるとのこと。

そんなお気に入りのジャージを着て走れるのなら、どこへ行ってもよかったのですが、先日あるテレビ番組で見た「大垂水峠」へ行ってみることにしました。
【↓大垂水峠】



【↓多摩川CRからこの日野橋を西へ行けば八王子】
070620_1207~0001.jpg


【↓あとはひたすら真っ直ぐ八王子、大垂水峠へ】
070620_1209~0001.jpg


【↓八王子駅を過ぎてしばらくすると高尾山口駅】
070620_1345~0001.jpg


多摩川CRから八王子方面へ「甲州街道」をひたすら走るだけなので、ルート的にはシンプルです。多摩川からみると、八王子方面へ少しずつ登りになっているのですが、勾配は緩やかでサイコンで見ていても1~2%程度です。

八王子駅を過ぎてしばらくすると京王線の高尾山口駅です。この駅前には、1回1000円の駐車場がありました。管理人さんに話を聞くと、営業時間は7時~19時なのですが、ゲートはいつでも開いているので、例えば朝6時とかに車載で来ても、きちんと駐車すれば構わない、とのことです。良心的ですよね(^.^)

高尾山口駅を過ぎていく当たりから、3%~4%の登りがダラダラ始まります。数キロ走ったあたりからは時折7%を超えるような勾配になり、「おっおっ~、いよいよドンドン厳しくなるかぁ~」とドキドキしながら登っていました。


【↓大垂水峠付近にあった標高:392mを示す案内板】
070620_1408~0002.jpg


【↓VDOのサイコンが気圧測定で実際に表示した標高!392m】
070620_1417~0001.jpg

(気圧測定で高度に換算しているので、なかなか正確ではないのかと半信半疑で眺めていた高度表示ですが、このときはまぐれ?でドンピシャ。(^_^)v)

ヤビツやマザー牧場、箱根などで経験した登りの辛さは体にしみついているので、今回もそんなことになったら途中で折り返そうとも考えていました。

しかし、もっともっと長いと想像していただけに、実際には、高尾山口駅前から10kmなかったのではないでしょうか? 勾配も今まで経験した峠よりも緩い方だったのでなんとか少し余力を残して登りきることができました。

大垂水峠を越えると、一旦下って、その先にまだ相模湖への峠があるようなのですが、今日は、そこまで走るつもりはなかったので、そこから引き返しました。

下りはご褒美ですよね(^_^)v

また高尾山口駅前を通過した段階で、走行距離は75kmくらい。往路をそのまま戻って帰宅すれば、おそらく130kmコースくらいと見積もりました。

しかし、やや早めに帰宅して子供の送り迎えを引き受けるつもりにしていたので、ここで用意していた輪行バッグの出番です。

ちょうど八王子駅から横浜線に乗れば、乗り換えなしで自宅周辺まで帰宅できます。今日の乗車時間は約35分。これで自宅近くといいますか、いつも走っている鶴見川沿いにある「鴨居駅」に着きました。

今回は、輪行での移動時間も短いため、エンドバーもショルダーストラップもつけずに行ったので、折りたたみも組み立ても7~8分ですみました。

なかなか気持ちいサイクリングでしたよ。多摩川CRは南風に乗って楽チンでしたし、思ったほど激坂でもなかったし(....といっても僕なんかゆっくり登ってるからなんですけどね.....(^^ゞ)

また暑い時期に来てもいいかなぁと思いました。木々に囲まれて少しひんやりする箇所もありましたし、なんか気持ちよさそうでした。

今度は今日の輪行の逆で、鴨居駅あたりから八王子まで電車で来て、そこから相模湖あたりまでって言うのもいいかもしれません。

是非また走りたいコースです(^_^)v

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/06/20(水) 21:40:55|
  2. ■サイクリング一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

なんだか快調ですっ!(^^ゞ

今朝は超早番の仕事で、日の出とともに出勤したようなものです。早起きしなければならない、前日の夜って不思議と寝付けないんです。

結局数時間仮眠しただけの状態で出勤となってしまいました。

おかげで、仕事は昼過ぎには終わり、帰宅したのが15時過ぎ。

んっ!走れるっ!寝不足だけど、走りたくなるんです。

実際、疲労困憊(こんぱい)しているときって、妙に脚が回ったりします。今日も、近所の幹線道路で、少し下り坂にさしかかると、アウターに入れてぐんぐんまわして、そして次に軽いのぼり。ダンシングを織り交ぜて、できるだけその速度を維持するように走ってみる。

なんだかTOJに出る前に、がむしゃらにハイスピードにこだわっていた頃を思い出します。

そんだけ走っていった先は、近所のホームセンター。

自宅で飼っている熱帯魚の餌やフィルターなどを買いに行きました。

なんだか快調だなぁ~(^^ゞ

最近フロントギアのインナーからアウターへの変速が少しもたつき始めました。

ダウンチューブ脇を走るシフトケーブルを走りながら触ってみたら、ユルユル状態。おそらくこれが原因だったようです。

すぐに道路脇に止まって、シフトケーブルの調整を行いました。キャノンデールのシフトケーブルは、フロント側については、ハンドルバーに近い部分に、ケーブルのテンションを調整するパーツが付属していて、これを回転させることによって、その「張り具合」を調整できます。

三回転くらいさせてところで、ケーブルがピンと張ってきたので、また走り出してフロントをインナーからアウターへ操作してみました。

まぐれだと思うのですが、意外とすんなり変速性能はすんなり回復しました。

フロントが小気味良く操作できるようになると、なんだか不必要に?動かしたくなるもの.....(^^ゞ

今日はその分、アウターでちょっと元気に走って楽しんでみました。

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/06/19(火) 22:25:46|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

補修作業(^^ ゞ

200706182253444

↑【補修後のサドル】

200706182253442

↑【補修後のハンドルバー】

20070618225344

↑【補修前のハンドル】

先日、バイクが堤防の上から転げ落ちたのってお話ししましたっけ?

もし書き忘れていれば、簡単に状況を説明しておきますと、鶴見川CRを走っていて、とても夕焼けがきれいだったので、自分のバイクを堤防の上の低いコンクリートの壁にペダルを引っ掛けて立てて写真を撮ろうとしていました。

その堤防は、川側にコンクリート製の堤防が斜度30度くらいでしょうか、敷き詰められているようなところです。堤防自体の高さは約3メートルくらいかな?

そんな状況で写真を撮ろうとしたら、一瞬風が吹いたかと思うと、バイクは堤防の斜面に転げ落ちていったんです。

コンクリートの壁を乗り越えるときに斜面にたたきつけられ、そのままガンガン弾みながら堤防の半分の高さくらいまで弾んで落ちていきました。

一瞬のことで何もできず、ただ呆然と。

ダメージは、フロントフォークの塗膜が米粒大くらいのはがれ、そしてハンドル周辺では落ちた側のバーテープが一部敗れました。そしてサドルの後ろも強打して薄い表面のカバーのような部分がはがれました。

バーテープはまた次の機会に巻きなおせば元通りですが、フォークとサドルはショックです。

フォークの塗装は素人では補修は難しいため、仕方ありませんが、バーテープとサドルは何とかしてみました。

材料は、いろいろ考えた末、テニスラケットのグリップに巻くテープ。その中でも極薄タイプっていうのがあって、かなり密着するものをみつけてきました。価格は315円。

サドル部分を優先的に考えたため、色は黒のつや消し。テープ自体の粘着力は大したことないため、両面テープで補強です。

サドルの後ろ、尾てい骨が乗っかる部分で、しかも僕のサドルは微妙なカーブがついている箇所なので、テープにあらかじめ細かい切れ目などを入れて密着度を高めました。

ハンドルバーは、もともとのバーテープがシルバーなので、そこに「黒」は無理がありますが、左右対称に巻けばワンポイント?みたいにごまかせるかな?と.....(^^ゞ

結果は写真のとおりです。まぁ、走っているときには、ほかの人の目に触れる箇所ではないですから、こんなもんで......。

サドルの密着度は、次やるときはもっと高められるようにできそうですが、今回はとりあえずこれで落ち着いているので、このまま使ってみます。

特にサドルはすぐに買い換えられるほど安いものではありません。悩んだ末に購入してしっくりきているので大切に使っていかなくてはなりません。

サドルの場合、クッション素材がへたってきて交換する場合があると聞きました。でも僕が今使っているセラSMPのストライク・コンポジットならほとんどクッション素材はないも同然なので、そういう心配はなさそうです。おそらくいつかは自分で全部張り替えることになるのかなぁ~(~o~)

ハンドルもサドルも出来上がりはあまり格好いいもんじゃありませんが、傷んだままでないだけでもスッキリしました(^^)

by トップ
  1. 2007/06/18(月) 19:53:44|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みなとみらいリハビリラン(~o~)

20070618180320
おとといの土曜日が父親参観だったため、子供たちはその代休です。あらかじめ分かっていたので嫁さんとも相談して休みを取っていました。

しかしお父さんは一人でサイクリング中です。何のことはないっ、子供たちは朝から友達と約束をしてお出かけ。そこにママさんも合流してランチだそうです(~o~)

結果的にはサイクリングのために休みを取ったような贅沢なシチュエーションになりました。

じゃっ!早朝からロングかぁ~?と気持ちは先行するものの、先日の『アゲマキ貝事件?』の後遺症からは完全には回復していません。

そこでリハビリラン、とかこつけてゆらぁ~りと走り始めました。

鶴見川をさかのぼりはじめて、行き先も定まらないまま、中山からいつもは走らない旧道へ入り込んでみました。

少し行けば大型車がひしめき合う国道246号線があるのですが、わき道にそれてからは、ノンビリとした田園風景にとっぷりつかります。

小高い山々に囲まれた小さな集落を次々と渡り歩くように走っていくと、所々に大きな農家と思われるお屋敷が。

ほんの小一時間前に自分がいた横浜とは比べものにならないくらい落ち着いた環境に。

これは、以前訪れた房総半島の南部、千枚田といわれる段々『田』に囲まれた時も同じような気分になりました。

そんな中を車に追い回されることなく自分のペースで走れるのはホント気持ちいいですね(^_^)v

20分も走るとまた幹線道路と合流です。仕方ありませんね。

自然と横浜の中心部へたどり着きます。

そのまま『みなとみらい』地区という開発地区へ入りました。

大型ショッピングモールから遊園地、国際会議場やホテル。最近は超高層マンションがニョキニョキ建設されています。

海に面した場所はきれいに公園として整備され、ベイブリッジを真正面にいかにも『よこはまぁ~っ』っていう風景が広がります。【写真はベイブリッジ】

日頃は走り出したら昼ご飯の時以外は『大休止』はしないのですが、快晴のベイエリアは予想以上に心地よく、こうしてノンビリブログの記事をアップしたりしています(^^;)

時間に縛られず、計画もなく、ただ走ることを楽しく感じている.....、こんないい時間は今の僕にはサイクリングでしか得られない貴重なものかも知れません。

もう少しここでくつろいでから帰路につきます。(^^)

by トップ
  1. 2007/06/18(月) 15:03:20|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三浦のうらり?(^^ゞ



【うらり?】

貝のダメージからようやく回復し、今日は仕事も休みだったので、家族で出かけました。

行き先は、三浦半島。自宅からは高速道路で1時間ほどで行ける気持ちいい場所です。ツーリングでも何度か行きましたが、横須賀から三浦半島を南下していくにしたがって、田園風景と軽いアップダウンが加わって、なんだかとても落ち着いた雰囲気になってくるんです。

一人で走ったときは、半島の最南端、城ヶ島へ行きました。一度は自宅から完全自走で、帰路は京急三浦海岸駅から電車輪行しました。

今日は、家族でもちろん車で移動ですが、途中何度もロードレーサーで気持ちよさそうに走る人を見かけました。

070617_1304~0002.jpg

【海鮮好きにはたまらないんでしょうねぇ~】
今日の行き先は、城ヶ島ではなく、三浦半島自体の最南端にあたる三崎漁港の「うらり」という海鮮市場です。「うらり」の言葉の由来は、ネット検索してやっとわかりましたが、なんとも憶えにくいネーミングです。

しかし、市場は大盛況。日曜日のお昼時、ということもありますが、マグロを中心とした海鮮類や地元で採れた野菜がかなりお安く販売されていました。

そして、家族の狙いは昼食の海鮮丼です。実は、僕自身は貝が苦手なくらいですから、海鮮丼もそれほど......(^^ゞ

しかし、嫁や子供たちは大好きで、先日行った函館でもウニいくら丼に飛びついていました。

今日も僕を除いた家族はバリバリの海鮮丼を、そして僕はマグロの竜田揚げ丼ということで丸く収まりました。

070617_1418~0001.jpg

【市場の中】
それにしても、この市場周辺の観光客、凄かったです。みんな市場でたくさん買い物して、そして食事のために行列です。

今回、久しぶりに三浦半島へ来てみて、あらためて、走って楽しめそうな感じがしました。幹線となる134号線も、交通量が多く緩いアップダウンを繰り返しますが、その両側に見える景色は空がとても広くて、そしてときには旧道に切れ込むと、ゆったりとした気分になれそうです。

家族と、途中みつけた砂浜に出てみました。100mあるかないかの小さな砂浜ですが、ちゃんと海の家もあるし、貸しボードもありました。

そんな三浦半島で、今日見かけたロードレーサーの中には、しっかりLookもありましたよぉ~(^^ゞ

50歳前後の方だと思われますが、かなりいいペースで上り坂をグングン登っておられました。車で追い越しざまに見ると、Lookのブラックカラーでした。

いいでしょうねぇ~、この三浦半島のような環境がすぐ近くにあったら。134号線をそのまま走れば、鎌倉、江ノ島、そしてその先の小田原から熱海や箱根もいけちゃいます。

三浦半島はまた是非走りたいですね(^.^)

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/06/17(日) 22:22:48|
  2. ■サイクリング一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ロードにも電動の波がぁ~(^^ゞ

ネットでみつけたものですが、こういうもの、あるんですね。

《電動ロードレーサー》
http://www.youtube.com/watch?v=WsbOD09doRI

構造は、見る限り、シンプルですね。映像でも紹介されていますが、フロントチェーンリングにモーターがアシストするように取り付けられ、背中に大きなバッテリーをリュックで背負っているのでしょうか?
(ちょっと見間違えれば自○テロ犯?のようにも見えますが....)

驚くのは、その実走シーンです。

地下駐車場で走っているためか、走行時のモーター音が、かなり大きく聞こえますが、ママチャリの電動アシストどころではない強力なモーターの力強さを感じます。

走っている人の脚力が、本当のところどのくらいなのかわからないで、一概にはいえませんが、かなりアシストが効いていそうです。

僕たちが楽しんでいるロードレーサーに、現実的に「アシスト」って考えると、まだ現実的ではありませんが、ロングライドでどうしても超えなければならない、峠などがあれば、そんなところだけでも、アシストが受けられればいいかなぁ~と甘いことを考えてしまいます。

いろんなもの、考える人がいるもんですねっ!

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/06/16(土) 14:42:00|
  2. ■このパーツどう?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出張であたったぁ~(T_T)

20070616112421.jpg
写真は、「上げ巻貝」という貝です。主に九州地方でよく食べられるもののようです。

昨日まで長崎方面へ出張でいっていたのですが、そこで、夕食にこれを食べました。

もともと、僕は貝類はそれほど好きなほうでもなく、自分から食べるようなことはしないのですが、このときは、出張仲間たち数人で食べていて、みんながあまりにもおいしそうにこの上げ巻貝を食べているので、僕もつい興味がわいてしまい、1つだけ食べました。

七輪の炭火で焼かれたこの貝は、次第に口をあけながら、中から美味しそうなスープがプツプツと湧き上がってきます。

貝が開くと食べごろだと、店員さんに教えてもらい、早速食べてみました。中からたくさんのスープがジュワァ~っと出てきて、僕があまり得意ではない「磯の香り」もそれほど強くなく、炭火焼独特の風味も加わって、とても美味しかったんです。

.......これが、原因だと思います。

翌朝、ホテルで目覚めたときに、どうもそれほどアルコールは入っていなかったはずなのに、二日酔いのような頭痛と吐き気が.....。

「まっ、水分をとったり、外の風に当たれば、いつものようにすっきりするさっ!今日はいつもの佐世保バーガーを食べに行くんだし....」
なんて気楽なこと考えていたら、症状はますます悪化するばかり。
数時間すると立ち上がることもできないくらいつらくなってきました。

何とか帰路につくことはできましたが、あちこちのトイレに駆け込む始末。

断定はできませんが、そのとき食べたもので心当たりのあるものってないんです。

おかげでその日深夜までも仕事の予定があったのですが、流石にそれには参加できる状態ではなく早退させてもらうことになりました。

貝といえば、僕は24歳のときに、牡蠣(かき)中毒にかかったことがあります。友人5人でお店で牡蠣なべ、酢牡蠣など牡蠣尽くしみたいなのを食べにいったんです。もともと当時から貝は得意でなかった僕も、中のいい友達同士だったこともあって、ヒョコヒョコついていったんです。もちろん、牡蠣は食べるつもりはなかったで、ほかの食べ物をつまんでいたら、また、このときの友達達が美味しそうに牡蠣を食べるんです。

そしてつられて小さい酢牡蠣をぺロッと。これで撃沈?しました。(一緒に食べて友人たち全員です....)

5日間点滴を受け、1週間寝込みました。

そのときのお医者さんのアドバイスでは、牡蠣中毒は1度やると2回目以降はもっと症状がひどくなるから気をつけるように、とのこと。それ以来、流石に牡蠣自体は食べていませんが、今回の上げ巻貝には油断していました。

おそらく、僕の体質的なものなのでしょう。今回のことで、貝はしばらく控えます。貝に関しては、僕個人的なものですが、季節的に食中毒関連は警戒される時期のようです。皆さんもお気をつけください。

一晩寝て、体調も少し回復してきて、ようやく食事ができるようになりました。まだまだ本調子ではないですが、今日は子供たちの父親参観もあるので、その前にちょっとひとっ走り行ってきます。

今までの経験でも、体調不良から回復傾向にあるときに、そぉ~っとロードに乗ると、その回復が加速していく感じがあるんです。

おなかに力が入らないのがちょっと不安ですが、ゆっくり走ってきます。

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/06/16(土) 08:47:39|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Look585Ultraを手に持って...?(~_~)

ここんとこ、会議続きですっかりデスクワークが定着してしまっています。もともと、外回りの出張をこなしている僕にとって、このように会議が続いて机に座り、難しい話を議論し続けるのは、あまり得意分野ではありません(ーー;)

今日のところは、そんな会議から開放されて、また泊まり出張に出ることになりました。しかし、その前に少し走らなければ、今の頭痛を解消することはできなさそうです。

さて、関東地方もこれから雨模様となるようなので、出勤前のわずかな時間、さっさと準備して走りに行こうと思います。

と、その前に、ちょっとした「新しい体験」をしたのでご報告。

ずっと気になっているLookのフルカーボンフレーム。完成車を「サッ!」と持たせてもらったことはあったのですが、先日フレームだけを持たせてもらう機会がありました。

お世話になっているショップに、自宅のママチャリ修理用の虫ゴムを飼いに行ったとき、店頭にLookの大きな段ボール箱が置いてありました。

「これ、フレームですかぁ?」と僕が弾む声でご主人にたずねると、いきなり「そうっ、585ウルトラだよ。持ってみる?」と.....。

あまりに突然のことでしたし、高価な商品であることもあり、「いやぁ~、それはぁ~、......(^'^)......持って見ます(~_~)」となんとも脈絡のたい回答ぶり。

だって、フレームだけでどれだけ軽いのか、なんて、今までカタログでは散々みてきたものの、自分の手で持つ機会などなかったんですから。

これからお店に飾られる、まさにまっさらなフレームが、ダンボール箱から取り出され、ご主人は、意図も簡単に、片手で「ホイッ!」と手渡してくれました。

こんなに大きなものを片手で持っているシーンを、何も知らない人がみたら、驚くのではないのかと思うくらい、大きさの割りに軽いことがよくわかります。

片手でわたされても、それを僕は、両手で恐る恐る、まるで卒業証書を校長先生からももらったときのように姿勢を正して受け取っていました。

「........!!!! (~_~) (~_~)」

「これかぁ~、これに人間がまたがって何十キロものスピードではしれるんだぁ~」

というのがまず感想。軽すぎます。大きさ的には、確実に両手で抱え込むようなものなのに、1kgをきっているその物体は、指で支えることさえ容易にできてしまいます。(もちろん実際にはしていませんが....)

BBの内側にはアルミ製かと思われるネジ(専門用語はわかりません(^^ゞ)がはめ込んであります。ヘッドの上にもアルミのパーツが落とし込んでありました。それ以外は、まさにフルカーボンです。

自分のアルミフレームだけを持ったことはありませんが、改めてフルカーボンの軽さを実感しました。

そして軽さはもとより、あのようなフレームが、振動吸収性能を兼ね備えていることにより、ロングライドでの体に与えるダメージを抑えてくれるかと想像するとますます欲しくなります。

さっ!夢物語は、この辺にして、現時にかえり、「アルミフレームに乗って(~o~)」ちょっと走ってきます。

早くしないと降ってくるぅ~~^_^;

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/06/14(木) 09:00:36|
  2. ■このパーツどう?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メインPC復旧ならず...(-_-;)

突然立ち上がらなくなったメインPC。詳しい人に聞いてみると、どうやらマザーボードが破損しているかもとのこと。

約3年前に自分で組み立てたものですが、こんなに早く壊れてしまうとは(-_-;)

幸いブログの管理やメールその他はノートでこなしていますが、仕事の資料や自宅、家庭内の大切な書類、取り扱い説明書などなどあらゆる情報は全て一連の通し番号でデータベース管理しています。
特に仕事関連のもの紙の媒体が多く、最初はファイリングして分類していましたが、増えるばかりの紙軍団を目の前にしていると怖くなり、PDFに変換して電子ファイリングとしました。

検索キーワードで必要な文書を管理できるのはいいですが、これもPCが正常に作動しているのが大前提ですよね。

そんな肝心のPCがダウンしてからは僕の机には処理待ち文書が山積みです。

自転車雑誌も増えるばかりなのに、限られたお父さんのスペースを確保するためにもPCの復旧は不可欠です。

結局、ネットで激安PCを探し、本体だけを調達することにしました。OSも何も入っていない空っぽのPC本体のみです。

幸い、通信販売で出しているものと同じものが、川崎にあるショップで取り扱っているとのことなので、朝から走りに出たついでに、川崎のショップへ

やはり店員さんにいろいろ教えてもらいながら、必要なスペックで絞り込んでいくと安心です。

そこで、注文して夕方車で本体を取りに来るまで取り置きしてもらうことにしました。また今夜それをセットアップします。

今日は、まず鶴見川から国道15号線、つまり第一京浜を北上し、川崎でPCショップへ立ち寄り、そのまま北上して多摩川へ。

多摩川CRを二子玉川まで走って、そこから溝口経由、246号線から自宅へ戻りました。

距離にして約60km。幹線道路の246号線では、さすがにある程度スピードを出して車の流れに近づかないと危ないのでアウターでガンガンいきましたが、それ以外は多摩川CRを含めて、主にインナーで有酸素運動の範囲で走りました。

一旦帰宅してから、近所のスポーツ用品店へ出直しました。前の記事で書いた、ちょっとした補修をするための材料を買いに行くためです。

補修作業自体はまだ取り掛かっていないので、またそれは後日アップします。

実は、今夜、またに今、今日買ってきたメインPCのセットアップ作業中なんです。新しいPCはうれしいんですが、また自分用にいろいろセットアップするのが大変です。

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/06/12(火) 21:39:46|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

出力一定~?(>_<)

ロングライドを意識した乗り方を始めて、2週間くらいになります。

まずは巡航速度を以前の10%引きくらいに抑え、逆にケイデンスは高めにして走っています。

まずは、呼吸が乱れることがなくなりますよね。だって、負荷が軽くなってるし、出力一定という感じで走っていますので。

以前は、追風でグングン巡航速度を伸ばしていて、折り返したら、向かい風。当然巡航速度が落ちてきますが、それでも、追風のときの巡航速度に近づこうと、頑張ってたんです。これだと、当然負荷が上がるわけで呼吸もきつくなっていました。

でも、ロングライドって、速度を一定にするよりも、出力を一定にするのがコツかなぁ~って思います。

同じ負荷の中で、シフトチェンジをタイミングよく行う。ケイデンスを一定に保つ、というのは、道路の状況変化のことを考えるとやや難しいですが、脚の出力を一定にするのは比較的自分だけの都合ですからやりやすいと思います。

シフトチェンジでは、走り始めたとき、例えば上り坂に差し掛かると、「今走っている重いギアからジワジワ軽くするのではなく一気に軽いギアで足へのダメージを小さくする。」と聞いたことがあったので、その走り方を意識していました。

でも、これだと、それまで維持していたケイデンスが、カックゥ~ンと一気にアップしてしまいます。何か階段を踏み外してしまったように.....。

その坂の勾配にもよりますが、今意識しているのは、「今のギアだと、この先数十メートルは大丈夫だけど、その先きついかな、じゃ、そのときに備えて2段くらい軽くしておこうかなぁ(^^ゞ」という感じです。

もちろん、よほどの激坂に遭遇しない限り、ダンシングは使いません。

一定出力で走るようになると、サイクルコンピューターを見る頻度が一気に減りました。だって、僕のサイコンはSRMはついてないし.....。今まで見ていたのはほとんどスピード。それを気にしなくなったから、代わりに周りの景色なんかを見れるようになって来たかもしれません。

安全確認のための周囲監視という意味もありますが、やはりサイクリングの基本は、風を感じて周りの風景と境目のない状態。これが楽しいですよね。

今日は仕事は休みです。天気もいいですね。まだ行き先は決めていませんが、朝の雑用を済ませたら出かけようと思います(^^ゞ

あっ、あと今日はホームセンターに行って自転車の補修材料を探しに行かなければ.....。昨日、ちょっと壊しちゃった部分があるので。

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/06/12(火) 08:45:59|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

偏光サングラスって...便利?(^^ゞ

先日、御徒町の自転車ショップで見かけたんです。

偏光レンズ付きのサングラス、そして、その価格が1万円を切るお手軽なものでした。

雑誌やネットで見る限り、偏光レンズがついたサングラスなら、2万円を超えるかそれに近い価格になっていたと思います。

その商品のブランド名は「CASCO」キャスコ?だったと思うのですが、あまり他のお店では見かけないものでした。

しかし、実際に試着してみたところ、軽さやフィット感など、特に違和感なく掛け心地はいいものでした。

今使っているサングラスは、去年の富士チャレンジに参加したときに、販売ブースでの特別割引価格で購入したものです。UVEXの中堅もでるですが、僕の場合、とてもフィット感が良かったので、迷わず購入しました。

サングラスは、格好は良くても、ロードで走るときは、目と目の間の部分で視界がさえぎられないものがいいですね。

以前、かなりお安いものを買ったときに、そのサングラスは、その部分に太いフレームがあり、前傾姿勢でロードに乗っているときに、前方に目をやるだけで、そのフレームが完全に視界をさえぎってしまうんです。同時に、少し走っているとサングラス自体がずり落ちてきてしまうのもNGですね。

ちょっと気になる偏光レンズ。実際、どうなんだろうなぁ~。

これから夏の本格的な日差しの中、実際の使い勝手が気になるところです。

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/06/10(日) 11:25:28|
  2. ■このパーツどう?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シマノの本(^^ゞ?

シマノ 世界を制した自転車パーツ シマノ 世界を制した自転車パーツ
山口 和幸 (2003/06/24)
光文社
この商品の詳細を見る


出張先の本屋さんで、以前から気になっていた本を見つけて買ってきました。

大きな本屋さんで、店内にはPC端末があって、キーワードなどで検索ができます。ここでは、以前からこの本を探すべく、「シマノ」「自転車」などのキーワードであたってはいたのですが、なかなか見つかりません。

それが、今回は検索で引っかかったのです。それも「在庫あり」と....。

早速購入して、ホテルで読み始めました。

まだ本の一部しか読んでいませんが、一番興味のあった、デュアルコントロールレバーの開発やテストにかかわるところ、面白かったですねぇ~。

秘密裏に海外のレースでテストした時に、たまたま後ろを走っていた別のチームの選手が、デュアルコントロールレバーによって変速されたのを見て、ディレーラーの調子が悪くて、リアの勝手に変速していると思ったそうです。そりゃぁそうですよね。そのころは、Wレバーって言うんでしたっけ、ダウンチューブにつける変速レバー。あれに手をやらない限り、変速することはできないんですからねぇ。

僕がロードレーサーに乗り始めたときから、シマノにしてもカンパにしても、手元変速は当たり前のように普及していたのですが、特にレースの場面では、画期的な発明だったようです。

そして、ツーリング中でも、変速とブレーキングを同時にできる、という意味では、速く走ることのみならず、安全性にも貢献していますよね。

明日からまた天気は不安定のようです。自宅のパソコン修理、そして子供たちと出かける予定もあります。そんな合い間に、この本もゆっくり読めたらと思います。

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/06/10(日) 07:48:30|
  2. ■このパーツどう?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お好み焼きに甘納豆?(~o~)

20070609224655
出張で徳島に行って来ました。以前来たときに気になっていた広島風お好み焼き屋さんに早速行ってみました。

メニューは関西風と広島風と2種類あるのですが、やはり関西・四国エリアで広島風専門というのはなかなかないですねっ!

初めて入ったお店ではできるだけスタンダードな『そば入り』と決めているのですが、徳島のこのお店では『豆入り?』というメニューが。

初めてです。お好み焼きで『豆入り』って。

お店のおばちゃんにきいてみると、特産品の金時豆、あの甘いやつかなぁ~、あれを入れるのだそうです。

何だか衝動的に試したくなって注文しました。

さぁ~どうでしょう? 甘い豆とソース味?(^^;)

それが以外と違和感なく食べられました。

ソースの甘辛さと金時豆の甘さが妙に合体しているんです。

地元の方にきくと、家庭でやるときも豆を入れるそうです。

広島風お好み焼き、奥が深いですっ(^_^)

by トップ
  1. 2007/06/09(土) 19:46:55|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

同級生と飲み会(^_^)v

今日はお昼12時まで自宅で待機しなければならない勤務でした。天候は回復傾向でいい感じで晴れてきていました。

待機時間中はなかなか外出できないので仕事の準備や洗濯/掃除などの家事をこなしました。

そうして勤務終了時刻を迎え早速出動です。

新横浜から鶴見川辺りをさら~ぁっと流しました。

気持ちいいですねぇ~。ハッキリ言って速度なら25km/m前後ってとこなんですけど、インナーギア39Tで気持ちよく走れる感じです。

10日くらい前の僕ならTOJを意識してまずアウター入れっぱなしだったはずですからぁ~....(^^;)

そうしていたら、昔の学生時代の同級生から飲み会の話がっ!

明日は仕事なのですが、久しぶりの同級生との再会とあらば、行かない訳にはいきません。

残念ながら今の会社には同級生に相当するような友人が少ないので、ある意味僕は同級生に『餓えている』のかも知れません。

そんな同級生との久しぶりの再会はやはりいいですねっ!

どんなに親しい先輩や後輩よりも、気持ちの面で同級生に勝る人間関係はないかも知れない、とつくづく感じました。

さっ、明日からまた泊まりの出張だぁ~。

明後日早めに帰宅できればまた走るぞぉ~(^_^)v

by トップ
  1. 2007/06/07(木) 22:36:00|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初ピスト(^_^)v

江ノ島シラスツーリングの途中、小休止した場所に、数人のサイクリストの方々がおられました。かなりベテランの方々とお見受けし、バイクもしっかりこだわりを持たれているようでした。

そのうちのお一人の方が『どこから?(^^)』と声をかけて下さったことから色々お話させて頂きました。

一人の方のバイクはホイールまで完全カーボンのロードレーサー。もう一人の方はピストバイクでした。

もちろんカーボンバイクも気になったのでパーツのことや乗り心地など、オーナー直々のインプレッションを聞きながら、改めてカーボンバイクが欲しくなりました。

そしてまたまた気になるピストバイクです。ブレーキは前後についていて、リアは完全固定のものです。

僕がなめるように見ていると、『いいよっ! 乗っといでっ!(^^)』

『えっ!いきなりピスト?』

まさかのお言葉に戸惑いながらも、『こんなチャンスは初めてだぁ~』....と、お言葉に甘えて乗せてもらいました。

まずは最初の一こぎから衝撃的ですね。

だって普通のロードなら右足で一蹴りしたらチャ~と空回りさせ、おもむろにに左足をペダルに。

これはロードに限らず子供の頃から自転車で走りはじめるときのお決まりの『儀式?』でした。

それが一蹴りした直後からその右足がググッ~っと持ち上げられるんです。

慌てて左足をペダルに乗せ走り出すことができました。(^^;)

何と言えばいいのでしょうかぁ~、クランクとホイール、そして路面との間に『遊び』がない感じが新鮮でまた気持ちいいんです。踏んだ力がそのままクランクから跳ね返ってくるのは生まれて初めての体験です。

また脚で速度調整っていうのもやってみました。ゆっくりした速度域でしたが、ブレーキは使わず脚だけで減速です。

自分の脚の動きが正直にバイクの挙動に現れるのが明らかに分かります。

通常リアのフリーが僕のペダリングの回転ムラなどを吸収してくれていたのが、モロに.....。

これが滑らかで効率のよいペダリングを生むんでしょうねっ!

ただオーナーの方も言われてましたが、登りはかなり厳しいとのこと。フロント50Tのリアが確か14Tと言われたと思います。あと街中でありそうな『急制動』。これは仕方ないようですね。

でも新横浜・日産スタジアムのサブグランドまわりの周回コースあたりで走ったら楽しいだろうなぁ~

まだまだ自転車っ! 奥が深いです~(^^;)

by トップ
  1. 2007/06/06(水) 17:46:14|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第2回江ノ島シラスツーリングですっ!

20070606122934

≪↑途中立ち寄った飯田牧場≫

行ってきました。シラスツーリングです。前回は一人でしたが今回は友人達と総勢5名です。

天気は最高のコンディションでしたぁ~。

自宅から中原街道のアップダウンを切り抜けて、新道大橋から境川CR。あとは藤沢から一般道ど片道約45km、江ノ島までのツーリングです。

以前一人で行った時と同じ腰越港にあるお店で『しらす定食』をみんなで味わい家族にお土産として、釜あげシラスと同じく釜あげの桜エビ、さらに畳いわしも買って、次回以降のツーリングにも協力を期待することにしましたっ!(^^;)

そして今回は初めて『飯田牧場』のアイスを食べることができました。一緒に走っていた友人が何度も行っているとのことで、道案内をお願いし境川から少しわき道にそれたところで美味しいソフトクリームやジェラートを食べました。

200706061229342

≪↑クリームチーズジェラート、コクがあって濃厚な美味しさ≫


かなり美味しかったですよ。平日の昼過ぎくらいでも駐車場には何台も車が入れ替わりで入ってきて、大変な人気ぶりです。

往復で約95km、ゆったりとしたツーリングでとても楽しめました。
気持ちよく走って美味しいもの食べて....それものんびり走って。

おかげで有酸素運動が十分できて帰宅してからもスッゴい空腹感におそわれましたぁ~(^^;)

ご飯が美味しくなりますねっ(^^;)

あっ、忘れてました。今回のツーリング途中にスゴい経験しました。

実はぁ~.....

『僕、生まれ初めてピストバイクに乗りましたぁ~(^_^)v』

それはぁ~.....と書きたいところですが、間もなく仕事に戻らなければならないので『ピストの興奮体験!』については夜にでもアップできると思います(^^)

ん~、すごかったぁ~(^^)

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/06/06(水) 09:29:34|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

江ノ島シラスツーリング2(^^)

先日行った『江ノ島シラス・ツーリング』へ今日また行くことになりました。

前回は一人でしたが、今回は時々一緒に走る友人達と一緒です。

朝から少し曇っていますが、寒くもなく暑くもなく走るにはいいコンディションですね(^_^)v

まもなく横浜の自宅を出て昼前には江ノ島かな? 境川経由のいつものルートです。

ゆったり楽しんできます。あっ飯田牧場の美味しいジェラート、まだ食べたことないので、それも楽しみ(^_^)v
  1. 2007/06/05(火) 09:27:26|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

粉モン、大好きですっ!(^^ゞ

多摩川方面へ、と漠然と思い浮かべながら、いつものようにフラッと走りに出たものの、出発時刻が午前11時近くとなってしまい、お昼ご飯のことも気になり始めました。

以前、このブログの記事にも紹介したことがありますが、僕は大のお好み焼きファンなんです。それも、広島焼きです。

今日も、お昼に広島風お好み焼きを食べたくなり、自然と行き先はお店の方に向かっていました。

周辺には、いくつか行き着けのお好み焼き屋さんがあるのですが、今日は初めて行くところです。JR保土ヶ谷(ほどがや)駅から徒歩10分くらいのところ。以前、たまたま通りがかったときに、その看板に気づき携帯電話のアドレス帳にGPS情報とともに保存していたんです。

晴天の中、新横浜駅周辺から、幹線道路を経由して、距離にしても15kmくらい。順調にお店に到着しました。

全国各地に出張に行ったときも、広島風お好み焼きをよく食べています。もちろん広島に行ったときなどは、1泊2日の出張中に二枚は食べてしまいます。

■ここでちょっとロードレーサーとは関係ありませんが.....
僕個人的に考える「広島風お好み焼きのウマさ!」は.....、

▼キャベツのきざみ具合
▼そば(またはうどん)のキャベツと具との一体感
▼ソース

このあたりがポイントだと思っています。

キャベツは、細かくきざみすぎると、キャベツから出た水分が蒸発しきらず、キャベツがキャベツだけで合体するような形になり、そばと完全に分離してしまいます。

僕がすきなのは、トンカツ屋さんの細かくきざんだものより2~3倍くらい太目のキャベツです。

麺は、基本的にはそばが好きです。袋から出したそばを鉄板の上に置き、ダシのようなお湯のような液体でほぐしながら焼きそばを作る。それをお好み焼きに合体させる。これが僕が以前から知っていた広島風お好み焼きでした。

ところが、よく食べるようになって気づいたのは、あの麺、最初にゆでるんですね。広島で食べるときも、ほとんどのお店が事前に茹で上げた焼きそばの面を鉄板に置いて焼きます。

これは、詳しいことは分かりませんが、麺があらかじめゆでられていることによって、鉄板上では、ソースと味付けをするだけで、麺自体がしなやかな状態のまま、お好み焼きと合体することができるようです。普通に焼きそばと作ってからだと、麺に火が通るまでかなり焼くことになり、その後ソースや味付け、となると、麺がパラパラになります。

焼きそばだけを食べるなら、そのほうが食感もよく、食べやすいはずです。

でも、それをキャベツがあるお好み焼き本体と一緒にするためには、あまりパラパラだと絡みづらい感じです。

しっとり茹で上げられた麺に手早く味付け、ソース、そしてキャベツと合体。これが、キャベツのしんなり感とウマく密着するようです。

今日の保土ヶ谷のお店では、まさにその麺とキャベツの合体具合が絶妙で、味付けもバッチリでした。そして僕が考える、広島風お好み焼きのおいしさの最後の決め手は、「食べやすい」こと、です(^^ゞ

「こて?」か「てこ?」、あの金属のへらで食べるときに、ふわっと仕上がっているのに、切っても崩れることなく、持ち上げられる、これはだいたいの場合、キャベツのそばのバランスがいいんだと思います。

シンプルな料理ですが、自分で作るのはなかなか難しいです。それだけにファンとしては、安くておいしいお店は是非チェックしておきたいものです。

残念ながら関東地方には、関西と違って「粉もん」の文化が定着していないのか、お好み焼き、そして特に広島風お好み焼きのお店は、多くはないようです。しかし、ロードレーサーの広大な行動範囲をもってすればそれほど問題にもなりません。

自転車とは関係ありませんが、今後も突然「お好み焼きねた」が登場するかもしれませんが、どうかご了承くださいm(__)m

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/06/04(月) 18:27:58|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空から大井埠頭がぁ~(^^ゞ

昨日は、朝一の飛行機で出張先から東京に戻ってきました。

羽田空港に9時過ぎに到着する便でした。

「そっかぁ~、今日は日曜日。仕事が休みなら朝から大井埠頭にいけたのになぁ~(-_-;)」

と考えていたら、飛行機の窓からちょっとみたことのある風景が。

そういえば、先日のTOJの大会中にも、羽田空港に着陸する飛行機が、コースの真上をかなり低高度で旋回していくのが見えました。

「....んっ!、ということは、飛行機からも逆に大井埠頭のコースが見える?」

と思って探してみました。

周辺は埠頭というからには、同じような外観の倉庫がたくさんあり、なかなか場所が特定できません。実際、地上で走っていても、どこにいるのか分からなくなってしまうくらい、景色が変わらないんです。

「無理かなぁ~」

と半分あきらめかけていたとき、ある倉庫の壁に書いてある文字が見えました。「三菱○○なんとか?」....これ、TOJのスタート・ゴール地点のすぐ近くにあった倉庫です。

「あったぁ~!」

と思った瞬間、信じられないことですが、その倉庫の脇の大きな道を、数台の自転車がカッ飛んでいくのが見えたんです。

ひとつ場所が特定されると、芋づる式にドンドン見えていって、TOJで僕が最後に千切れてしまった最終コーナーまで見えちゃいましたぁ~(^^ゞ

すぐ目の前?でロードレーサーで楽しんでいる人がいるのに、自分はまだまだ仕事かぁと思うと、ホント、羨ましかったなぁ~。

■その代わりといっちゃなんですが、週末土日で出張でしたので、今日は休みをもらいました。天気も安定してそうなので、もちろん走りに出ます。まだ行き先は決めていませんが、多摩川方面へ行ってみようかなぁ~(^.^)

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/06/04(月) 09:00:30|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

津軽海峡を見ながら爆走!(^^;)

200706030008072
20070603000807
土日で泊まり出張なんて寂しいなぁ~。

日曜朝の走行会も子供たちとの公園もなしっ!(-_-;)

今日は青森出張中です。

東北地方でも今日のような快晴なら気温も20℃近くに上昇し本当に爽やかな気候です。

仕事の途中、時間があったのですかさずホテルで自転車をかりました。

以前このブログでも写真入りで登場した小径車です。

青森駅までホテルから約10分。みると駅前から船のデッキが....。

駅のすぐ北側はもう津軽湾なんですっ!

早速自転車で走って行きました。

青函連絡船?もとはこの辺から発着してたのかなぁ~。

港周辺からはお祭りのお囃子(おはやし)のような音が聞こえてきます。

近くで釣りをしている人に聞くと、ねぶた祭の準備だとか?

気持ちいい天気のもと、小さな自転車で走ってもこんなに楽しめるなんて(^^)

先日買ったばかりの輪行バッグを使いたくなりますっ!(^^)

by トップ
  1. 2007/06/02(土) 21:08:07|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

トップ

Author:トップ
40才を過ぎて突然ロードバイク。2005年3月16日から走り始めました。
日帰りサイクリング、ちょっとトレーニングっぽいことも。2児の父親です(^_^)

天気予報

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カテゴリ展開メニュー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア