40才からのロードバイク

40才を過ぎて突然ロードバイクで走り始めました。とにかく楽しくっ!(^^)!

タイヤをミシュランに戻しましたぁ~(^^ゞ

070531_1128~0001.jpg

以前、友人といったショップでたまたまみつけたタイヤ、コンチネンタルの「グランプリ4000S」をここ2週間ほど履いていました。確か、初めてのトリプルコンパウンド?っていうのがキャッチコピーで売り出されていました。

それまで、僕はミシュランのタイヤの乗り味と軽さ、そしてデザインが好きで何本か履き替えてきました。

中でも、一番気に入っているのは、「プログリップ」です。これは、最初に履いたミシュランで、そのとき初めてラテックスチューブに交換したため、それまでのツーリング系のしっかりしたタイヤとブチルチューブとの組み合わせと比較すると、グッと走りが軽くなりかつ乗り心地が格段に向上したのを覚えています。

プログリップのあとはプロ2レースを履いて、これもかなり気に入っていたんです。そして、初めてコンチネンタル。

重量的にそれほど軽い、というものではありませんが、僕の個人的感想では、25km/h以上くらいの速度域で、巡航性能が高い、つまり、一度獲得した速度が落ちにくい、という感じを受けました。よく言われる「こぎ出し」の感じは、プロ2レースのほうが軽く感じられました。

あと、これは性能とは異なるかもしれませんが、走行中の「音」です。
ミシュランは比較的「シュ~~~!」という感じですが、今回のコンチネンタルはそれがほとんど聞こえません。

巡航中の体感は、20km/h以下くらいの速度域では、こまかなコツコツ感がプロ2レースよりありました。

でも、僕は、あのパリッとしたブルーのデザインが比較的自分のバイクに合っているような気がします。

黒いタイヤよりバシッとタイヤが大きく見えるのが好きです。

これまでいろいろタイヤを替えてきましたが、次はまたミシュランにしてしまいそうです......(^^ゞ

by トップ
スポンサーサイト

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/31(木) 18:25:40|
  2. ■このパーツどう?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

いきなりツーリング系?(^^ゞ

070531_1648~0001.jpg

写真は、今日買ってきた輪行バッグです。
(大きさをイメージしやすいようにホイールはポンッ!と上においているだけですっ^_^;)

以前からオーストリッチ製のL-100小型輪行バッグは愛用してきました。ボトルケースにスッポリ入るサイズは、長距離ツーリングに出るときは、途中から予定を変更して電車輪行するときなどに備えて、必ず持っていく必需品です。

あと、実家に飛行機で帰省するときにも、L-100で一度バイクを輸送したことがあります。

電車輪行で、自分の手元においているときはいいのですが、飛行機の手荷物で預けたときは、さすがに心配でした。幸い、トラブルはなかったのですが、フロントフォークがグニャッと曲がっていた、なんて話も聞いたことがあるので、やはり不安です。

そこで、最近、スポーツ用品チェーン店が独自に販売している大型の輪行バッグが目に留まりました。

前後輪をはずすだけで、スッポリおさまり、適度なクッション素材も入っている。肩にかけて移動可能。そして、価格です。この手のもので僕が知っている限りでは20000円近くしていたと思うのですが、これ、7990円なんです。そして更に、そのお店の会員割引として2007年6月3日までなら更に15%オフとのこと。

これは是非欲しいと思い、今日、早速お店の開店時間に行っちゃいました。

自宅に持ち帰って早速バイクを収納。

バッグの内側には、ホイールをひとつずつ収納する専用のスペースがあります。そのホイールが飛び出さないように、ロックする締め付け用バンドもあります。そのほかの空間には小物やウェアなども入ってしまいそうなポケットがあります。

あとは、そのホイールの間にバイク本体を挟みこむように入れるだけです。僕はバイクが倒立状態にして、またハンドルを90度曲げています。

これだと、サドルとブラケット部分が下になるので、ここはある程度保護してやったほうがいいかもしれません。

でも、輪行バッグの外側にしても、そして緩衝材にしてもかなりしっかりしているので衝撃吸収、という点ではかなり高い機能を持っていそうです。

使わないときは、それほどコンパクトになるわけではありませんが、押入れに毛布を畳んで収納する感じで置いておけそうです。

飛行機輪行で目的地の空港についたときは、このバッグ自体は通常サイズの小さいコインロッカーには収まりませんね。縦長の少し大きめのコインロッカーか「手荷物一時預かり」に預けることになるでしょうか?

あと、別の使い方として、車載輪行するときもこのバッグに収納しておけば、バイクが安定するし、複数のバイクを収納するときも、これまでのように車内で固定したりダンボールを間に挟んだりせずに済みそうです。

スプリント系レースを終えたかと思うと、今度は輪行バッグ?
我ながら変わり身が早いなぁ~^_^;

070531_1652~0001.jpg


by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/31(木) 17:57:51|
  2. ■サイクリング一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ジロで21%の登り???(>_<)

二泊三日の出張から戻ったのが30日の23時過ぎ。テレビをつけると録画予約していたジロの映像でした。

それも山岳ステージで21%の登りの映像でした。

いきなりのヘビーな?映像に、仕事の片付けもそこそこに見入ってしまいました。

彼らプロ・ツールの選手たちって、本当に恐るべきパワーを持っています。そんな激坂を登っているかと思うと、一時的に9%とかになって、解説の栗村さんは、「ここで緩斜面ですねぇ~」.....9%、十分激坂です。僕にとっては......(~o~)

さぁて、31日はオフなので是非走りたいのですが、天気はどうだったかな?

2日間全く乗っていないので、こんなときってホント、乗れるだけでうれしいでんすっ!

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/31(木) 00:22:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【TOJを終えて】

いくつか前の記事にも書きましたが、今回のTOJは、僕の今までのロードレーサー経験の中で少し転機になったような気がします。

これからの自分の「走り」をどんな風にしていくのが楽しいか?という点で、いうなればひとつの検証レースだったかもしれません。

ご存知のように、僕は走り始めてから、少しでも「長く」、「遠くへ」、そしてできれば「少しでも速く!」という観点で走りを楽しんできました。

レーシング系のパーツなども好んで選んできましたし。それは誰しもレースを意識した乗り物であるロードレーサーに乗った人なら考えることではないでしょうか?

そして、その中である程度走れるようになってくると、「僕ってどのくらいはしれてるのかな?」という素朴な疑問が出てきました。

それがイベント参加ということにつながったのだと思います。

レース前日、しかも深夜にロードレーサーを車に積んで、2時間以上走って真っ暗なサーキット(最初はもてぎ)に行き、そこで仮眠して朝6時ころのゲートオープンにあわせて会場入り。一人でゴソゴソ準備をし、あのときは4時間、大雨の中走りきりました。

レースが終わっても、一緒に来ている仲間はいないので、またコソコソと撤収作業。

でも、あのときは目的が、レースを楽しむ、ということではなく、「どれだけ走れるか?あるいは走れないか?」を検証するためだったのかもしれません。

そんな耐久イベントに数回、「一人で」参加してきました。「いつかはスプリント系にも出てみたい」と思いながら、数年前に偶然会社の人でロードレーサーに乗り始めた人と出会いました。

そして参加したのが富士チャレンジの7時間耐久です。チームでエントリーしました。

夜中にゴソゴソと準備するのは同じでも、このときは3人いたので、みんなでワイワイ話をしながら、レースの走り方などで盛り上がりました。

準備もお互いに手分けして荷物を運び、気持ちはいつしかレース、というよりも仲間内でキャンプにでも来た感じです。

練習走行から、そして本番。ピット前を通過するときに声を掛け合ったり.....。

このときは順位など、どうでもよかったですね。そりゃ上位に入れればうれしいのでしょうけど、それはオマケっていうことです。

レース後はみんなで夕食を帰宅途中のレストランで食べました。

一人で参加するレースとは考えられないくらい楽しかったなぁ~。

普段の走りはともかく、イベント参加はグループ参加がいいなぁと実感した富士チャレンジでした。

イベントの楽しみ方は、だいたい定まってきたのですが、あとはどんなイベントが楽しいか?です。つまり耐久系、サイクリング系、そしてスプリント系となりますかね?

最後に未経験だったスプリント系が、今回のTOJです。

............結論.........?????

☆落車の怖さ
☆自分の負傷
☆バイクの破損
☆レース中の怒鳴り声や体やバイクをぶつけての競り合い

このあたり、僕的には趣味として楽しむには正直、「腰が引けて」しまいました。

おそらく、今後は、できればサイクリング系、そして時には耐久系でイベントを楽しみたいと思います。

そんなひとつの「転機」に思いをこめて、ブログデザインも一新しました。いつも見ていただいている方には見やすいかどうか、分かりませんが、僕はこの黒主体の引き締まったデザインが気に入りました。できればバイクも黒(カーボン柄)でカシっと引き締まったものが欲しいんですけどね。フレームに数字の「5〇5」なぁ~んて書いてあったりして....(^^ゞ

スプリントしないのに相変わらずレース機材にあこがれる懲りないトップです.....。

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/29(火) 14:26:31|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

【TOJレース本番編】

品川区大井埠頭の完全フラット、一周7kmの周回コースを3周。コースは狭いところでも普通車2車線分くらいあるので、特別狭いわけではないのですが、コースのところどころでコース幅が変わるのが危険要素ですね。

3車線あるかと思うと、コーナーで1車線半くらいになったりして。

さて、70人くらいでスタートしたんでしょうか?最初は、35km/hくらいで安定した集団走行でした。ん?、これならなんとかついていけるか?

と感じながら1周回。全部で3周回の21kmなんですが、もう2周回目からは、激しい位置取りが始まりました。みんな集団前方で脚をためれるくらいのポジションを狙ってか、それまで縦長だった集団が少しずつ横方向に膨らみ始めました。

特段アタックする人もなく、そんな中で走りやすいポジショニングを求めて、時々急に車線を変更する人が目立ち始めたのもこの2周回目です。

実はこれが、大事故の前兆だったのかもしれません。

集団が不安定な状態になったかと思うと、あちこちで、「おいっ!危ないじゃないかっ!」、「こらっ!ライン守れっ!」などと怒鳴る声が聞こえてきました。

その2周回目には、速度も40km/h近くに上がっていました。

そんなとき、僕の数人前にいた人が突然車線変更したのを、すぐ後ろを走っていた人が、びっくりしてまた車線変更したんです。

これが連鎖して、僕のすぐ横の人が落車しました。その人の倒れ掛かったホイールが僕のほうに近づいてきます。「なに~、俺もこれでついに落車かぁ~」

あやうくその傾いたホイールの上に乗り上げそうになりました。

このとき僕が幸運だったのは、ホイールを交わした方向にたまたま誰もいなかったことです。左側から急接近してきたホイールを右に回避し、距離にして50cmも移動できなかったでしょうか?何とかバランスを保って通常走行に戻ることができました。

7~8人くらいの方が落車となったのではないでしょうか?(僕もバイクの姿勢を立て直すのが精一杯でとても振り返るような余裕はありませんでした。)

後ろのほうで、「バキッ!ガチャガチャァ~」

今まで聴いたことのないような、鈍くて乾いた、大好きなロードバイク同士がぶつかっていることが分かるだけに、ほんと「切ない」音でした(>_<)


実は、この集団落車、一度ではなかったんです。確か同じ2周回目の後半だったと思うのですが、同じような状況でまた数人の方を巻き込む落車がありました。

落車事故が続くと、先頭集団も少し巡航速度が落ちました。気づいたら、僕は先頭から5番目くらいで走っていたのですが、一時的に先頭交代みたいな流れになりました。ドンドン先頭が入れ替わって、僕が前から二番目になったとき、数百メートルくらいはしったところで、先頭の人のスピードが少しずつ落ちてくる感じがしました。僕のすぐ後ろにいた方が、「この先頭、もう脚ないねっ!」って僕にささやくんですっ!

「これは僕にさっさと前に出てひけっ!」ってことかなぁ~、と感じながら、そぉ~と先頭に出てみました。どうやら僕の前の人は、かなりきつかったらしく、僕が横に並んだあたりでヒラヒラと下がっていかれました。

「ヤッバァ~、先頭出ちゃったよぉ~。あと1周マルマル残っているのに、今そんなに脚を使う余裕なんかあるわけないしなぁ~(-_-;)」

でも、結局すぐに下がるわけにもいかず、数百メートルですが必死になって引かせてもらいました。でも、ちょっと楽しかったかな(^^ゞ

さて、最後の3周目。当然みんなじりじり前に出てきて、あと3kmほどもあるのに、プロのレースでいうとゴール前200mくらいのスプリント準備状態になっていました。

しかし、その先もコースは右に左にカーブします。横に広がった集団のカーブは危険ですね。みんな、結構疲れているはずなのに、速度は上がっている。体力も集中力もイツ切れてもおかしくない状態だったかもしれません。少なくとも僕はギリギリの状態で走っていました。

このあたりから、自分の走りが乱れていることに気づきます。コーナーでのライン取りが、それまでの周回とか明らかに違っていて、特に旋回中の体が左右にグラングラン不安定になっているのに気づきました。

「いかんっ!このままだと単独で落車して、そして後ろの人も巻き込んで.....」

と怖い予感も.....。

幸いこのあとゴールまで落車事故は発生しなかったのですが、僕個人としても、最終周回後半で少し我に返ったことが良かったのかもしれません。

さて、肝心の最後のスプリントですが、巡航速度が上がり、コーナーでの加速が厳しくなっていよいよ僕の脚も動かなくなってきました。

この段階でダンシングによる加速は、夢の彼方へ.....。テレビで見るペタッキやベッティーニ、マキュアンなどのプロ選手の凄さを改めて実感します。

順位は「自分で考えていたより」かなり上位に食い込めたのでうれしかったのですが、おそらくスプリント系レースへの参加は、今回のTOJが最初で最後になると思います。

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/29(火) 14:21:48|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

TOJ【準備編】

【TOJ準備編】
エントリーを決めてから、1ヶ月半くらいありましたかねぇ~。それまでは、主にフロントインナー39Tを、そうですねぇ、8割から9割くらい使って走ってましたねぇ。仕事の前の「ちょい走り!20km~30km」のときでも、丸一日の休日80km~100km走るときも、ほとんどフロントアウターギア53Tは使っていませんでした。

近所のショップのご主人に、ディレーラーの調整をお願いしたときも、僕のそのような使い方を説明すると、ちゃんとインナーギアでリアのスプロケを幅広く使えるようにセッティングしてくれました。

しかし、初めて参加する短距離スプリント系レースに備えて、主にフロントアウターを使い、ハイスピードでの巡航、および、コーナーからの立ち上がりで遅れないような、ダンシングも交えた加速練習みたいなこともやってきました。

確かに重いギアに入れると、ロードレーサーは正直ですから、回したら回したぶんだけ加速し、今までの自分ではあまり体験しなかった速度域にも達することができますよね。でも、それはあくまでもほんの限られた時間、でのこと。かつ、そのように自分の脚に負荷をかけてしまうと、たとえば突然予期せぬ登りに遭遇したときや、幹線道路に入ってしまってトラックから逃げようとしても、もう脚は「売り切れ状態」なんです。

まぁ、レースは21kmの距離ですから、あっという間だとは想像していても、やはり最後には少しでも前のほうでゴールしたいのは心情。自分である程度無理している巡航速度から、もうひと踏ん張りして少しでも加速できれば....というのがTOJ前の自分なりの目標でした。


そんな高負荷トレーニングをしていたら、あらあら、ジーンズをはいたときに自分の大腿部が太くなっていることが分かります。ロードレーサーに乗り始めて、ドンドン細くなっていった大腿部が、今度は急成長です。

体って正直に反応するものですね。

あと、以前と自分の体が違うなぁ~、と感じた点は、走っていても「空腹感を感じるまでの時間が長くかかるようになった」ことです。

これは、走り方を変えたことと関連はないかもしれませんが、以前のようにロングライドを意識して、軽いギアをクルクル回していたときは、結構早く空腹感を感じ、同時に体重もスイスイ落ちていったと記憶しています。これは、僕が分かる範囲の知識では、今中さんもよくレース解説などでお話しされる、「無酸素運動なのか有酸素運動なのか?」の違いではないかと思っています。

ロングライドでそれほど心拍数を上げずに運動していると、脂肪燃焼効率はいいらしく、逆に高負荷の無酸素運動となると脂肪は燃焼しにくい?脂肪がよく燃えると空腹を感じるのでしょうか?

すごく曖昧ですが、実感としてはそんな感じです。

いつもの鶴見川や先日行った利根川ツーリングでも、そのあたりを意識して走ってきたこの1ヶ月半でした。

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/29(火) 14:19:01|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TOJ参戦記!(~o~)

出張先から、ようやくアップできそうです。27日に参加してきたTOJのレポートです。

【TOJ準備編】
【TOJレース内容編】
【TOJを終えて....】

....っていう感じでこの記事以降「3つの記事」に分けてアップします。

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/29(火) 14:17:26|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tour Of Japan行ってきましたぁ(^^ゞ

5月27日に東京・大井埠頭で行われた「ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)市民レース」に参加してきました。

レース順位はともかく、ちょっと、今回のイベント参加は、これからの僕のロードバイクライフに少なからず影響を残したものとなりました。

これまで、参加したイベントいとえば、「富士チャレンジ」、「もてぎエンデューロ」、「開成エンデューロ」、「日産スタジアムバイクフェスティバル」といった耐久系レースのものばかりでした。

あとイベントといえば、ヒルクライムとスプリント系ということなのですが、ヒルクライムは僕の性格上、また体力上、ちょっと楽しめる自信がないので、これは今後も参加することはないかなぁ~。そして残っていたのがスプリント系です。

今日参加してきたTOJは完全フラットの走行距離21kmの短距離決戦です。

全力を出しつくし、完全燃焼しました。でも、正直な感想。

「怖かったぁ~~(-_-;)」

体力的にも燃え尽き、精神的にも自転車レースの怖さを味わって、少し複雑な心境です。

レースでの出来事などについては、後日アップすることにして、今日は疲れ果てた体をまずは休ませることにします。

昼過ぎに帰宅して、子供たちと遊び、家族との時間を過ごしていたら、今日は走るまい、と思っていたのに、なんだかのんびり走りたくなりました。

30分ほどの短時間ですが、20km/h~25km/hくらいでいつもの近所の幹線道路を走りました。大好きなロードレーサーにのって、怖い思いをしたことを、少しでもリセットできればなぁ~とぼんやり考えながら....。

明日から二泊三日の泊まり出張ですが、もちろんロードレーサーには乗れません。でももしかしたら、ちょっと一息ついていろいろ考えてみるいいタイミングかもしれません。

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/27(日) 21:00:19|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

27日はイベント参加ですっ!

5月26日は深夜23時を過ぎての帰宅でした。最近仕事が遅番ばかりで、朝は楽でいいのですがねぇ~(^^ゞ

27日はイベントに参加予定です。どうなりますことやら,,,,,(^^ゞ

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/27(日) 01:39:45|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの多摩川CR(^_^)v

今日は昼前から出動です。行き先はあまり絞り込んでいなかったのですが、前回多摩川方面を漠然とイメージして走り出したのに、結局鶴見川となったこともあって、今日こそは多摩川かなぁ~と考えていました。

自宅を出て中原街道を一路都内へ。

気温は、サイクルコンピューター上で27℃くらいになっていました。手足は一通り日焼けして、一番焼けている腕の部分はもう皮がめくれかけています。

中原街道を走っていて、思い出したのがサプリメント系がなくなっていたこと。クエン酸とアミノ酸系のものを時々飲んでいるのですが、これがなくなっていたんです。

それならっ!と多摩川を一旦東京側へ渡って都内のショップへサプリメントを仕入れに行くことにしました。

中原街道や目黒通りなど、幹線道路沿いには、ホントたくさんのショップがあります。マウンテン系、ロード系、町乗り系など、それぞれのショップが個性を主張しているようにも見える凝ったお店が多いです。

今日は、以前から何度かお邪魔している「セキヤ」さんへ行きました。

ここは、以前行ったのは確か週末でしたが、店内はお客さんがたくさんいました。今日は平日の12時前後だったでしょうか?さすがにこの中途半端な曜日、時間帯ではお客さんは僕だけでした。

お店にはその日入荷してきたと思われる商品が段ボール箱でたくさんおいてありました。

そこでサプリメント系を少し購入し、気になるホイールとフレームを少し見ました。

特にLookの565だったでしょうか?カーボンの黒いフレームが以前からぶら下がっているんです。いいなぁ~。フルカーボン。そのLookの隣にはインターマックスの、これまたフルカーボン。

いつかはほしいです(^.^)

お店からは多摩川CRに直行です。風もそれほど強くなく交通量も少なめ。

でも先日走った利根川を思い起こせば、やっぱり利根川って大きかったなぁ~。

だからといって多摩川が小さいってわけじゃないです。十分大きいですし、CRも立派ですから....(^^ゞ

気持ちよくCRを20kmくらい走って、溝口経由で自宅へ。
今日は約90kmの走行距離でした。

明日からの泊まり出張を前に、また明日からは天気が下り坂のようですので、今日の走りは貴重でした。

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/24(木) 20:55:38|
  2. ■サイクリング一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自転車雑誌の活用?(^^ゞ

バイク仲間の友人が、「サドルが合わないぃ~」と言っているのを聞いて、僕が過去に購入した自転車雑誌を調べ始めました。

「サドル特集」、「痛み解消方法」、「パーツ選び」などなど、たくさん情報はありますよね。自転車雑誌って、そういう意味では、最新モデルやパーツ紹介、イベントなどはその情報に「旬」があると思いますが、それ以外は結構普遍的なものってありますよね。

ロングライドの走り方、登り克服、コーナーリング・ブレーキングなどのライドテクニック、などなど。

考えてみれば自転車って、その基本構造は正確には知りませんが、何十年前から変わっていないんですよね。もちろん人間の肉体構造も変わりはないのですから、その「乗り方」も劇的な変化はないような気がします。

ひとつ、僕が見たことがある映像で言えば、白黒の古い映像でのツール・ド・フランスの山岳コース。選手たちが上半身をピストンのように激しく上下運動させているのを見たことがあります。あれは当時はあの走り方が登りに向いていると考えられていたのでしょうか?

同じようなことが、スキーのジャンプ競技で、大昔はジャンプ台を離れたあと、選手は両手をプロペラのようにグルグル回していたのは有名ですよね(^.^)

もしかしたら、今から更に数十年後には今の僕たちが想像のつかない走り方?で選手たちが走っているかもしれません(~o~)

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/24(木) 09:22:03|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鶴見川を上流へリハビリラン(^.^)

070523_1405~0001.jpg

暑かったですっ!何かうれしかったです。ダラダラ汗はでるんですけど、仕事で疲れた体にはとても気持ちいい汗です。

予定もなく自宅を出て鶴見川に入り、ちょうどいい南風が吹いていたので、それが少しでも追風になるように、鶴見川をさかのぼっていきました。最近は、上流方面にはあまり行っていなかったので久しぶりです。

CRの両側の草が、かなり背が高くなったのと、アスファルトとその草からモワッとあがってくる熱気が、もう夏が近いことを感じさせてくれます。

先日の利根川ツーリングあたりから、半そでジャージで日差しをたっぷり浴びていたので、すっかり日焼けしてしまいました。

職場では真っ先に黒くなってしまい、周囲の目も、「なんだっ?ちょっと焼けるの早すぎじゃないのっ?」ってリアクションも少なからずあります。

でも関係ないですもんね(^^ゞ別に迷惑かけたり、不快な気持ちにさせてはいないと思いますから......(^.^)

お昼は鶴見川流域にある「中山」というJRの駅前で、テイクアウトの広島風お好み焼きをゲットして、それを河川敷で食べました。

気持ちいいぜぇ~(^_^)v
暑い中で、熱いお好み焼きとコーラ。
健康的かどうかは知りませんが、少なくとも精神的にはとても気持ちいいサイクリングでした。

鶴見川の上流といっても、鎌倉街道と合流する当たりで折り返してきたので、距離にして70kmくらい。

片側一車線の道で、大型車が多いせいもあって平均測度はいつもよりちょっと上乗せかな?(たいした速度じゃありませんがぁ~)

あ~、これで昨日までの仕事のモヤモヤはほとんどリセットできました。ほんとロードレーサー様様でございますっ!

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/23(水) 17:25:08|
  2. ■サイクリング一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ん~仕事でバテバテ,,,,,,,(>_<)

やっと泊まりから帰ってきた、というかんじです。

1泊だったんですけど、今回は長かったぁ~。

出張先は、長崎だったんですが、長崎の宿泊といっても、長崎市内ではなく、長崎空港に近い大村市に行っていました。

この町は、海に面していて、その一角を仕切って競艇場があります。以前、北九州は小倉に出張に行ったとき、街中の看板で、「競輪発祥の地小倉」というものをみつけたことがありますが、長崎県大村市は「競艇発祥の地」らしいです。

大村市の名物といえば、僕も実際に行くまで知らなかったのですが、「ゆでピーナッツ」があります。

関東地方でもピーナッツの産地はあるようですが、それをカラのまま塩茹でして食べる習慣はありませんよね。

大村では、これはかなり前から学校給食にもでるほど定着しているようです。

塩茹でされたカラ付きピーナッツは、カンタンにカラが外れて、中身はちょっとふっくらした塩味のピーナッツです。これ、結構おいしいんです。

さぁ、そんな出張に終わり、今日23日、1日だけ休んでまた仕事が続きます。ちょっとここんとこ、忙しくて体の芯が疲れています。

普通の人なら、休日は自宅でゆっくる休養するのでしょうけど、そこは僕たちのような人種?は走らないと始まりませんね(^_^)v

先日、会社の先輩が、実はロードレーサー乗りだということが分かり、しばらく自転車談義になりました。その方曰く、

「俺たち、今、この自転車取り上げられたら、ある意味仕事、やっていけないよなぁ。自転車でストレス発散しているからこそ、仕事がやっていけるようなものだよぉ、ホントっ!(^.^)」

.....ん~っ!分かる分かる、分かりすぎるくらい.......。

お父さん世代は仕事や家庭の中で、微妙な立場、ときには強いストレスを受けることがありますよね。そんなときも、たとえ30分でも、1時間でもロードレーサーで走り、風に当たり、ときには「ひょう」にも当たり?(^^ゞ、汗をかくとなんかスッキリするんです。

さて、今日は朝から駆動系のクリーニングを済ませたので、そろそろ走りに行ってきます。

鶴見川から、そうだなぁ、調子がよければ久しぶりに多摩川当たりにも行ってみたいんですけどねぇ~。まっ!いつものように、気の向くまま、風の向くまま、行ってきまぁ~す(^^)/~~~

あっ、夕方には子供の送り迎えがあるから、ちゃんと帰ってこなくちゃなっ! 遅れたらタイヘンだぁ~~

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/23(水) 10:38:43|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お役立ちグッズ!(^_^)v

070520_1820~0001.jpg

今日土曜日、一日だけ休んで月曜日からまた泊まり出張です。
日曜日の早朝となると、ショップの走行会に参加したかったところですが、昨日が深夜近くの帰宅だったこともあり、ゆっくり朝寝坊することにしました。

と、言っても子供たちは朝7時過ぎから活動を開始しているため、お父さんは10時前にはララポート横浜へ向け出発することになりました。

そんな一日の始まりは、たいてい、なんだかんだと子供たちと過ごし、夕方日没前あたりに何とかチョロッと走れるかどうかのパターンですね。

さて、そんなお父さんの一日とは関係ありませんが、先日の利根川・銚子ツーリングで偶然手に入れたものです。
写真のものですが、よく見るものですよね。ボトルの飲み口の部分です。でも、これツーリング途中のコンビニで買った「ゲー○レード」の付録?なんです。

最近はペットボトルの首の部分にいろいろおまけがぶら下がっています。僕個人的には、あまり魅かれるものはなかったのですが、これには食いつきました。

自転車用のボトルの飲み口と外観は同じです。おそらく耐久性など、長期間使うにはあまりよくないのかもしれませんが、数回の使用で壊れるようなものでもありません。

走行中のドリンクはペットボトル派の僕は、以前購入したペットボトルのキャップと交換して取り付けるワンタッチのふた、を利用しています。

しかし、僕が使っているものはパカッと口がオープンするだけなので、逆さにすればドボドボォ~と中身がこぼれてしまいます。

その点、このおまけは、普通のボトルと同じような使い勝手です。しばらく活躍しそうです。

このおまけ、ちょっと分からない点が2つほどあります。

1つ目は、このキャップをゲー○レードのペットボトルにつけて飲むと、キャップ付近から中の空気が抜けていくので、ボトルがへこまずのみ安いんです。しかし、その後別のペットボトルにつけたときは、その空気が抜けずにペットボトルがキュゥーっとへこむんです。理由は分かりません。

2つ目は、これ、横浜周辺のコンビニではまだ見つけられないんです。
まっ、しばらくは今のものが使えますけどね。

そろそろ暑くなってきてドリンクが手放せなくなります(^.^)

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/20(日) 21:44:36|
  2. ■このパーツどう?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

利根川・銚子ツーリング【後編】

070515_1246~0002.jpg

長文記事、お読みいただきありがとうございますm(__)m上の写真は、【前編】で紹介しました雨宿り中のキャノンデールです。

さて、ようやく雨もあがり......といきたかったのですが、ひょうと雷はおさまったものの、雨は降り続いています。しかし、これから向かう方向は少し明るく見えたので出発することにしました。

結果的には、この雨宿りのあとの走行がこの2日間のツーリングでもっとも厳しい部分コンディションでした。

「本降りになって出て行く雨宿り!」そのままです(^^ゞ

小見川橋を渡れば国道に出て、どこかファミレスで暖かい飲み物でも、コンビニでもいい。そんな気持ちで大雨の中を走り続けたのですが、そこでまた神様は僕たちに更なる試練を......ぉぉぉっ!

友人がパンクです。橋の上で走行帯もとても狭い場所で、横を大型車がガンガン走っています。修理に3人はいらないと判断して僕は、一人の友人には先に行ってもらって雨がしのげるところに退避してもらい、修理は僕たち2人でやろうとしました。

しかし、パンクした友人の判断でしばらくそのまま走ることになりました。これも、友人の冷静な判断だったんです。おそらくあの雨の中、狭い路肩部分でシュポシュポやってられなかったし、手はすべり体はずぶ濡れになっているところでした。

速度を落として何とかコンビニにたどり着き、そこでパンク修理をしました。ホット缶コーヒーをすすって少し寒さも和らぎました。

修理が終わるころ、皮肉にも雨が上がり始めたんです。そんなもんですよね。

さっ!あとは国道124号で銚子まで約30km。しかし、雨の中の走行で体力も気力もちょっとダウンしているので、一回仕切りなおそうとコンビニから15分ほど走ったところにあったマックに入りました。

070515_1036~0001.jpg
《利根川河川敷には放牧されている?牛が....》

さっきのコンビニで急遽購入したタオルで体を拭きマックの隅っこでリカバリーです。

あとは、R124は路肩が広く、何よりも天気が急速に回復したため、みんなのスピードは順調にアップ。やはり天気の影響は大きいです。

銚子に近づくに従い、R124は幅は狭くなりましたが順調に銚子大橋を渡り銚子市内に入りました。あとは犬吠埼をめがけてまっしぐら。

最後数キロとなったところで、5%程度の登りが現れたときは、少しめまいがしそうになりましたが、そこは目的地が近いこともありみんなで「何でぇ~!」などと声を掛け合いながら乗り越えました。

あとは宿へ向けさっき登った山を一気に下り、正面に太平洋がぁ.....(^_^)v ここまで走ってきた甲斐があったというものです。

宿にはいり、みんなでいきなり露天風呂に直行。この瞬間、最高でしたね。空腹は補給で補えても筋肉の疲れは蓄積するばかりですからね。

夕食後、今度はさっき入ったのとは別の露天風呂に入りあとは爆睡です。

2日目も早起きして走る予定でしたので当然ですね。

2日目は往路とほぼ同じ経路を、今度は天気にも恵まれました。大きなトラブルもなく順調に道の駅まで戻りました。

総走行距離212km/2days

存分にフラット・ツーリングを楽しませてもらいました。

以上でルートの流れについてレポートを終わります。

070516_0752~0001.jpg


あと、今回のツーリングで感じたこと、今後の計画で参考になりそうなことを思いつくままに、また夜にでも、次の記事で書いてみたいと思います。

長文記事、お付き合いいただきましてありがとうございますm(__)m

最後に、今回のツーリングで雨宿りさせてもらった神社の写真です。
2日目の帰りみち、昨日とは打って変わって快晴のなか、この神社を素通りすることはできませんでした。小休止でまた立ち寄ってお礼の気持ちを告げてきました。きっとこの神社は忘れられないと思います。
070515_1313~0001.jpg



by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/17(木) 13:16:13|
  2. ■サイクリング一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

利根川・銚子ツーリング【前編】


行ってきました。利根川・銚子1泊2日ツーリングです。
朝6時半過ぎに自宅横浜を友人2人と一緒に車載輪行で出発しました。
車載の目的地は、千葉県我孫子市の「道の駅・しょうなん」です。
横浜からは距離にして70kmくらい。しかし、都心部を高速道路で抜けていく必要があるため、少しでも早く、とこの時間には出発です。

我が家のエスティマの後部3列目をフラットに、そこにバイク3台をホイールをはずして立てて固定。それで、人間3人がぴったり納まる状態ですね。

予想外に高速道路は渋滞が全くなく、100分ほどで道の駅に到着しました。早速バイクを組み立て9時ころに走り出しです。

道の駅しょうなんからすぐ北側の手賀沼を渡り、水戸街道を経由して利根川に合流するまで5kmくらいでしょうか?

ほんと、みんな最初は声を上げたくらいです。

車がゆうゆうと走れるくらい幅があるサイクリングロード。堤防の上や下にも。しかもCR左右の草は切れに刈り取られ、両サイドには白と黄色のラインがしっかり引かれています。

両側に白、そして片側には黄色の線が2本ありましが、この黄色の幅の部分が自転車走行帯なのかどうかは分かりませんでした。

CRには、そこから海までの距離が500m刻みくらいで立派な標識が立っています。当日は天候も安定しており、しかも、追風の中順調に速度を維持していました。
PA0_0189.jpg
《通過した矢口(やこう)付近にあった標識、スーパー?》

ちょっと気になっていたのは、天気予報で「本日午後にかけては大気が非常に?不安定となり局地的に雷雨になることも」といっていたこと。

しかし、午前中の段階では快晴で気温は25℃以上あったかなぁ。なかなか実感のわかないまま快適なツーリングを楽しんでいました。

070516_0933~0003.jpg
《このころは快晴、その後....》

当初の右岸から「長豊橋」で左岸に渡り舗装路をつなげていきます。走り出して50km地点付近の水郷大橋の北側にショッピングセンターの「アピタ」が見えました。ちょうど中間地点ということもあり、ここでランチ休憩とすることにしました。アピタ内の回転寿司。ここ、おいしかったです。と、いうより、みんな朝から補給のため、と甘いものや高カロリーなものを結構食べていたので、お寿司はたまりませんでしたねぇ。魚のおいしい銚子に近いこともあるのかなぁ。とにかく安くておいしい回転寿司でした。

ここの時点て字コックは12時くらい。アピタを出たときに、東側の空がくらぁ~くなってきていました。「やばいっ、予報どおりだぁ」

でも、僕の中でも、少しくらい、あるいは一時的にジャーッと雨に降られるくらいなら走りつるけられるかなぁ、と高をくくっていたんです。(のちにこの判断が甘かったことを思い知らされることになります(^^ゞ)

また走り出して、少し風向きが変わってきたのを感じました。空の暗さはますます加速度的に増して行き、それまでサイコンで27℃、とか指示していたのが、20分くらいで22℃などとなっていました。

さすがにこのあたりではみんな危機感を持ち始め、持ってきたレインジャケットを羽織りました。すると、どうですかねぇ~、10分もしないうちに雨がぱらついてきました。気温は更に下がって17℃。遠くで雷の音も。堤防の上を走っていたのですが、当然われわれより高いものはなく、落雷の心配を皆し始めました。

更に雷の音が近づいてきたため、堤防の降り口を探しましたが、見える範囲にはなく。仕方なく、近くの階段からバイクを担いで下の一般道へ降りました。

どこか雨宿りができそうな場所を探しましたが、民家は数百メートル間隔くらいに点在している程度。農地の真ん中にポツンとお寺(結果的にはそこは小さな神社でした)のような瓦屋根を見つけ、そこへ一目散に駆け
込みました。

しばらくして、本降り、そして雷、そして、なんと直径数センチほどのひょうが降ってきたんです。それがアスファルトの上や駐車中の車に積もるんです。
070515_1343~0001.jpg
《ひょうがアスファルトに積もっていくぅ~》


あんなの目の前で見たのは初めてでした。最初は通り雨をまぁ数十分程度雨宿りしてしのぐつもりが、30分、40分を過ぎても雷雨が収まる気配はありません。それどころか、ひょうの勢いや雷鳴が強まるばかりで、小さな神社の小さな建物のわずかな軒先では心もとなくなってきた。すぐ脇にあった民家のガレージに入らせてもらおうと、まずは僕だけが走ってそのお家をピンポンしました。しかし、どなたも応答はありません。そうこうしているうちにひょうの勢いがますます強くなり僕も神社に戻るに戻れなくなってしまいました。ガレージ自体は車が3台くらい入る大きなものなのですが、壁は2方向しかなくあいているところからひょうが吹き込んできます。

とりあえず携帯電話で友人に連絡をとりお互いこの場所で待機しようと。

しばらくして民家の方と連絡がとれ、ガレージでの雨宿りを
許してくださいました。サイコンを見ると気温11℃!

自然のパワーって凄いですね。そんななか下はレーパン、上は半そでジャージの上にぺらぺらのレインジャケット。体温がドンドン失われていく感じがよくわかりました(^^ゞ

結局雨宿りは1時間近くだったでしょうか?

ちょっとみんなのモチベーションがサゲサゲ状態。いかぁ~ん。何とかならないのかぁ~......(>_<)

....長くなりました。また次の記事にします.....。

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/17(木) 12:37:33|
  2. ■サイクリング一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

利根川、走ってきましたぁ(^_^)v

20070517110441
初めて「泊まりツーリング」に行ってきました。行き先は利根川から銚子まで走って1泊、そしてほぼ同じルートを折り返しました(^_^)v

車載輪行と組み合わせて、二日間で200kmを存分に楽しんできました。

途中突然の「雷雨&ひょう」に見舞われたり、いくつかのハプニングにも見舞われましたが、とても楽しい200kmでした。

以降、別々の記事になるかもしれませんが、レポートします。

by トップ
  1. 2007/05/17(木) 11:04:41|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

15日、ちょっと出かけてきますっ!(^^ゞ

15日、早朝から車載輪行で一泊二日予定です。ちょっと出かけてきます。

初めてのツーリングエリアなので楽しみです(^^ゞ
また、後日アップします。天気が大丈夫かなぁ~

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/15(火) 00:57:42|
  2. ■サイクリング一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

鶴見川CR工事中(^.^)

鶴見川サイクリングロードの工事がドンドン進んでいく感じです。

特に新横浜周辺の工事は、堤防の上と下の道路がドンドン舗装されていき、またその堤防の上り下りするスロープも整備されていきます。

今日は、町内会のイベントで子供たちの「缶バッチ」を作るコーナーを担当しました。そして撤収。午後3時過ぎにはフリーになったので、子供たちと遊びに出かけようかと、自宅で待ち構えていたところ、その子供たちは友達の家に遊びに行ってしまい、うれしいのか悲しいのかお父さんは完全にフリー状態になりました。

早速走りに出ました。昨日の週末サイクリングロードに引き続き、今日は新横浜、日産スタジアムです。

やはり、人が多いですねぇ。サブグラウンド周りの周回コースにも、BMX系の人たちや、あと、ローラーブレード教室、みたいなのを、子供から大人まで20~30人がフラフラとコース上でやっているものですから、ちょっとロードレーサーでぶっ飛ばすのは危なくて.....。

結局2~3周して、そのコースはきらめ、メインスタジアム周りの周回コースへ行きました。ここは人も少なく走るにはいいのですが、路面が全てタイルを張り合わせたものなので、ちょっとしたルーべ状態です。

時折現れる大きめの溝がちょっと心配。

一周900mくらいのこのコースを結構気合を入れてハイスピードを維持したりしてました。

重ね重ね、やっぱり気持ちいいですねぇ~(^^ゞ あの走行感、たまりません。

もうすぐ友人たちと千葉、利根川、銚子方面へツーリングに出かける予定なので、その計画をもう少し立ててっと。

楽しみです(^_^)v

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/13(日) 21:12:54|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

泊まり出張からもどって....

ここのところ、泊まりの仕事の密度?が濃くなり、なかなかまとまって走れません(>_<)

でも、2~3日ぶりに走ったりすると、あの久しぶりのペダリング間隔やホイールがシューシューなっているのを聞くと、改めてロードレーサーの楽しさを再認識するものです。

これを感じられる限り、あと、体が乗れる状態である限り走っちゃうんだろうなぁ、と思います。

昨日12日は、早番の仕事から帰宅して、土曜日ですから子供達と公園にでも出かけようか、と考えていたら、何のことはない、子供たちはみんな友達と外で遊んでいました。

今日13日は、町内会で行うイベントの準備や参加のため、ほぼ一日走れない可能性が高いので、嫁さんの交渉の末、ちょっと走らせてもらうことになりました。

週末のサイクリングロード、鶴見川、です。久しぶりです。週末に鶴見川を走るのは。

天気もよかったので、散歩する人、河川敷で遊ぶ人、たくさんでした。

あと、平日走るのとちょっと違ったのは、ロードレーサーで走る人と何人もすれ違ったことですね。

やはり週末のほうがロードレーサー率、高いんですね。すれ違いざまに「ペコンっ!」とお互いに挨拶をするのは気持ちいいものです。

距離はそれほど伸びませんでしたが、気持ちいい週末ライドでした。
帰り道に近所の花屋さんによって、小さなカーネーションの鉢植えを買って帰りました。子供たちと一緒に嫁さんに渡す予定です。ちゃんと、おさえておかなきゃ(^^ゞ、また走らせてもらわなきゃいけませんからねっ!(^_^)v

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/13(日) 07:45:23|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バルブアダプター?(^^ゞ

070510_2232~0001.jpg
フレンチバルブを何式でしたっけ?普通のママチャリと同じバルブタイプって?英式?忘れちゃいましたが、そのアダプターを一時的につけています。

今日、買ったばかりです。

来週、一泊二日のツーリングに行くことになり、ラテックスチューブの僕としては、2日目の走行前には必ず空気を入れなければなりません。車載輪行でスタートして、宿泊地にそのままバイクだけで入るものですから、フロアポンプを持っていくことができません。

宿泊地近くにフレンチバルブに空気を入れられるショップがあればいいのですが、そこまで下調べをしていないので、このアダプターを持っていくことにしました。

小さいものなので、とりあえず、ツーリングまではこのようにフロントのバルブにつけていこうと思います。

これがあれば、宿泊地に普通の空気入れでもあれば、そこで空気圧をあげることができそうです。

■今日は、関東地方は夕方から不安定な天気になる、ということでしたので、昼前から鶴見川へ出かけました。そこから川崎方面へ抜け、その後は第二京浜や第一京浜を走りました。

半そででも暑いくらいでしたが、やっぱり寒いのからすれば、絶対暑いほうがいいですよね。

風が強めだったせいか、吹きっさらしのサイクリングロードより、車道に出たほうが建物や車に囲まれて走りやすかったような....(^^ゞ

そう、サングラス。バッチリでした。手前味噌ですが、修理したのを忘れるくらい、何も違和感なく、またずれてくることもなく。よかったぁ~(^_^)v

さっ!明日11日からまた泊まりの出張です。自転車背負って行きたいなぁ~(^^ゞ

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/10(木) 23:32:52|
  2. ■このパーツどう?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

復活だぁ~っ!(^_^)v

20070509210003

先日から「悲しい話」で登場していた、UBEXのサングラス、復活です。

やったぁ~っ!結構うまくいきましたよ。と、いっても元通りになったわけではないし、修理したことは丸わかりですけどねっ!(^^ゞ

今日仕事から帰ってすぐに近所のホームセンターへ直行しました。目的は、補修した耳の後ろに当たる部分にかぶせる「ラバーのチューブ」です。

自宅にあるやすりとサンドペーパーで、まず犬にかまれてガリガリになった部分を滑らかにしました。結構凹凸がありましたが、最初粗めのやすりでけずったら意外と順調に滑らになりました。
200705092100022


そして仕上げはサンドペーパー。意外と素材がやわらかいので、削りすぎて強度がなくなるのが心配になるくらい、どんどん削れていきました。

ブルーは塗装だったので、けずったら半透明になってしまいましたが、仕方ありません。

仕上げは、ラバーのチューブをかぶせます。ホームセンターの「ゴム素材」というコーナーではちょうどいいものがみつからなくて、あちこち探し回ったところ、熱帯魚コーナーにあった、あれ、何ていうんでしょう、水中に空気を送り込むチューブ。半透明のものしかなかったのですが、素材がシリコンで硬くならないとか。
20070509210002

持っていっていたサングラスとあわせていくつかある太さの中で、少しきつめのものにしました。

長さ的にどのくらいが適量がわからないので、今のところ長めに気って差し込んで見ました。

入れるのは結構きつかったので、簡単には抜けないとは思いますが、人間の肌に当たって振動を受けたり汗と接触するとどんな状態になるのか未知数なので、しばらく様子見ですね。

あぁ~、ちょっとガッカリしていたので、この復活はかなりうれしいです。今まで以上にこのサングラスに対する愛着がわいたような.....。

大事に使わなきゃいけませんねっ!

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/09(水) 21:00:03|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

まずはホームセンター

今仕事から帰宅中です。帰宅したらもう日没が近いかなぁ(-_-;)

でも当面はサングラスの補修です。

今日は早速ホームセンターへ行って適当なラバーのチューブを探してみます。

補修のイメージとしては、今ガリガリになっている部分を概ね左右均等にヤスリがけします。損傷の激しい先端数ミリは恐らく切り落とさなければなりません。

あとは虫ゴムのような細長いラバーを、削って滑らかにした部分に被せて....。

気になるのはそのラバーが耳の後ろに接する時の感触かなぁ~(^^;)

取りあえず良さそうなものをいくつか買って実際に合わせるしかかいなっ!(^^;)

by トップ
  1. 2007/05/09(水) 17:37:31|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

がっかりだよぉ~っ!(-_-;)

20070507210141
今日は、非番ですが、夕方から子供の送り迎えの当番があるので、ロングに出るわけにはいきません。

昨日までの泊まり出張で、3日間まるまるはしっていません。
これも結構珍しいです。

いきなりガンガン走る気にもならず、サラッと流すつもりで自宅を出ました。

そこで思いついたのが、昨日ネットで見ていた都内のショップなんですが、よさそうなソックスがあったんです。それを買いに行こうと.....。

ロードレーサーに乗るようになってから、普段着のソックスまで自転車用のものを使うようになってしまいました。価格のことからしてももったいないとは思うのですが、履き心地がいいのもそうですし、サイクリングから帰ってウェアは着替えても、ソックスはそのままでいちゃうのがいけないんですかねぇ~(-_-;)

鶴見川から第二京浜を経由して多摩川、そして都内のショップへ向かいました。予定通りお目当てのソックスをゲット(^.^) 個人的には、足首を覆うタイプのものがお気に入りです。

そうして機嫌よく帰宅し、子供たちと遊んだり、犬を散歩させたり.....。

子供とお風呂に入って出てきたとき.....。

「がっかりだよぉ~っ!」

の状態はまさにそのときでした。

うちでは小型犬を飼っているんですが、僕がいつも愛用しているサングラスを、僕たちがお風呂に入っている間にフレームの部分をバリバリ噛んでいるではありませんかぁ(-_-;)

僕が置いた場所が悪かったのですが、去年の富士チャレンジで出ていた販売ブースで試着してぴったりハマったものです。UVEXのお気に入りでした。

幸いレンズの部分は無事でしたが、「つる」というんですか?耳の後ろに当たる部分がガリガリです。

ん~っ!なんとか補修して使うしかないっかぁ?(-_-;)

ほんと、がっかりです.....。(^^ゞ

by トップ
  1. 2007/05/07(月) 21:01:42|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

仕事でバテバテですっ!(>_<)

070505001.jpg


二泊三日のとまりからやっと帰ってきました。初日は早朝に出勤したため、今日まで三日間、全く乗れてません(>_<)悲しいことですっ!

天気も、関東地方は雨が続いていて、今日の夜も走れません。

でも、そんなロードレーサー乗りにとってうれしいニュースが飛び込んできましたね。

ディスカバリーチャンネルの別府選手がツール・ド・ロマンディで2位になったんですって?

凄いっ!凄いっ!

もっとニュースで大々的に取り上げてほしいです。

だって初めてだそうですね、日本人がUCIのポイントを取ったのって。

是非、そのレースを映像で見たいなぁ~。

別府選手といえば、情熱大陸という番組でドキュメンタリーとして取り上げられていたのをYouTubeで見てからというもの、それまでの見方とちょっと変わりました。

年間3万キロの練習、レースではチームのために確実に自分の役割をこなす。プロツールという世界のトップレベルであそこまで日本人が活躍できるなんて凄いことです。

これからの彼のレースに注目ですっ!(^.^)

3日間走れないなんて、久しぶりです。

明日はどうかなぁ、晴れてくれぇ~

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/06(日) 19:40:34|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

房総マザー牧場ツーリング(^_^)v



先日行ってきました「房総半島・マザー牧場ツーリング」についてレポートします。

まずは、自宅横浜からだと、房総半島までの交通です。以前は羽田空港から高速バス輪行。またもう一回は車載輪行でした。そして今回は、初めて川崎駅前からの高速バス輪行です。
PA0_0183.jpg


自宅から川崎駅まで15km、そしてバスは木更津駅まで60分、1300円です。

本来は木更津駅からツーリングを開始するつもりでしたが、バスに乗っていると、もう走りたくなってしまい、木更津駅のひとつ前に停車する袖ヶ浦バスターミナルで急遽下車しました。

さて、ここから走りました。やや風は強いものの、信号が少なく、開けた地形の中を走るのはとても気持ちいいものです。

木更津駅前付近から、かずさアカデミアパーク方面へ。

ここへは、本来ならアップダウンのやや大きいパーク内の走行となるのですが、雑誌ファンライドで紹介されていた田園風景の広がる近道を奇跡的に発見することができました。

PA0_0181.jpg

人影もなく、車も全く走っていない農道を一人で走っていると、何だがこの自然の景色に飲み込まれてしまうかのような錯覚に陥ります。

この地域に生まれ育った人たちには、当たり前の風景かもしれませんが、普段、交通渋滞や人ごみを身近に生活している者にとっては、その自然が、凄く「特別なもの」であることを実感する瞬間です(^^ゞこれも自転車が自然に近い乗り物であるからですよね。


そんなすがすがしい風景を抜けていくと、県道に合流しました。
ここからはマザー牧場を目指すことになります。

房総半島でも代表的な観光地だけあって、道路のあちこちにその経路や距離を示す表示があるので、地図がなくても、それだけを頼りに容易にたどり着くことができます。

しかし、その上り口までは「容易」に到達できたものの、厳しい勾配が待っていました。
PA0_0179.jpg

平均すると6~7%、時折10%を超えてきます。そして、クライマックスはその終盤に控えていました。

最後は15%にもなる急勾配で、ダンシングで脚の筋肉という筋肉を総動員して何とか上がりきったという感じです。

そこには展望台があり標高にして約400mからの景色が広がっていました。
PA0_0178.jpg


そして、のぼりの後にはお待ちかねのご褒美です。下ハンドル持って下りを存分に楽しませてもらいました。

その後は半島を東西にはしる幹線道路、長狭(ながさ)街道を鴨川方面へ向かいました。

この道は相当気持ちよかったですねぇ~。まず、信号が少ない。幹線道路の割りに、交通量が少ない。路肩の幅も良好。この日の南西風にも後押しされ、鴨川へまっしぐら、という感じでした。

ただ、マザー牧場の上りが予想以上に厳しく、時間をロスしてしまったために、計画していた鴨川の少し北側にある「安房天津(あわあまつ)」まで行くと、帰宅時刻がかなり遅くなり、嫁さんと当初約束した時間に間に合わなくなりそうでした。

そこで、安房天津の手前数キロの地点から急遽木更津方面へ経路変更しました。

新しい経路だと鴨川有料道路を通ってJR久留里線に沿うような形で木更津へ向かいます。

鴨川有料道路は通行料20円。ちゃんと車と同じ料金所の片隅で、20円を支払いました。無人の料金箱に20円を入れると箱の上の黄色い回転灯がクルクル回りました。そのすぐ近くに管理事務所があって、おじさんがちゃんと見てましたね(^.^)

ん~っ!時間が間に合わないかもぉ~、とあせりだし、もしかしたら久留里線の電車で輪行して木更津へ行ったほうが早いかも?と....。

ちょうど走っていた県道と交流した久留里線の無人駅へ駆け込みました。

おばちゃんが一人で電車を待っていました。にこやかにされていたので、僕も「こんにちはぁ~(^.^)」と挨拶しました。

そして、気になるのが時刻表です。まばらに数字が並んでいるのを祈るように見入ると、次の木更津行きは30分後、でした。「木更津まではあと30kmくらいかなぁ~」と見積もっていましたが、auのEZ助手席ナビでもう少し正確に調べてみようと携帯電話を取り出しました。(本来100円ショップで買った千葉の地図を持っていたのですが、下りを調子に乗って走っているときに背中のポケットからどこかで飛ばしてしまいましたぁ(^^ゞ)。

「木更津までは22kmだよっ!」とタイムリーに言ってくれたのは、電車を待っていたおばちゃんでした。

「電車の待ち時間、輪行の準備などを考えると、走ったほうがいいっかな~」とあまり根拠のない決断でまた走り始めました。

この時点で走行距離は110kmくらい。マザー牧場の上りと長狭街道で調子に乗って飛ばした分、脚には着実に疲労が.....。

でも、嫁さんとの約束があるとなると、妙に走れていた自分が情けないような、褒めてあげたいような....(^^ゞ(^^ゞ(^^ゞ

木更津駅に着きました。大まかに予定していた時間帯より遅れること1時間。バスの時刻表をチェックすると、川崎行きがあと20分ほどで、またほぼ同じ時刻に羽田空港行きもありました。

とりあえず、輪行の準備をしながら少しでも自宅へ早く到着できる帰り方を考えていました。

結局、往路と同じ川崎駅からの自走を決断しました。理由はシンプル「もう嫁さんとの時間に間に合わなくなった」(>_<)からです。

ツーリング終盤は、タイムプレッシャーにも見舞われましたが、おかげでモチベーションだけは常に高く維持できましたね(^^ゞ

雑誌ファンライドで紹介されていたルートだと、長狭街道の南側にある愛宕山ヒルクライム、も含まれていたので、本来ならもっと厳しい走りになったはずです。

今回のこのツーリングでは、マザー牧場のヒルクライムでかなり苦労しましたが、もしそれさえなければ、かなり巡航を楽しめるコースだったかもしれません。これに、以前走った南房総の湾岸コースを組み合わせたりすると、より楽しいツーリングコースになりそうです。

この日、ほぼ丸一日楽しませてもらった結果、今日3日は、お父さんは子供たちを連れてよみうりランドへ出かけることとなりました。「昨日寝る前にBALMを塗っておいてよかったぁ~(^^ゞ」

明日4日からGW終盤となるわけですが、僕は二泊三日の泊まり出張です。
出張先で次の「富士山ツーリング」の計画ができればなぁ~^_^;

PA0_0184.jpg


by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/03(木) 23:51:53|
  2. ■サイクリング一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ペイント補修失敗ですっ!(>_<)

キャノンデールの塗装がはげた部分、車の補修ペイントで補修しようとしました。

あれ、最初にペタっと塗って、思わずのけぞってしまうくらい、「白」が全く違うんです。

なるほど、カー用品店でも、同じ「白」のコーナーに、自動車メーカー各社専用の白、そして同じメーカーであってもまた別の白があったりして....。

それが自転車のそしてキャノンデールの....などと全く違う分野で合うなんてことは奇跡ですよね。

今度、どこかで自分のバイクを止めるときに近くに白い車があれば、よく色を見比べて自分のバイクの白と近いメーカーを探しておくことにします。

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/03(木) 22:40:21|
  2. ■このパーツどう?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

房総半島ツーリング【マザー牧場ヒルクライム】






行ってきました。房総半島です。

自宅→川崎駅→バス輪行→袖ヶ浦(木更津駅行きで途中下車)→かずさアカデミアパーク付近→マザー牧場→鴨川有料道路→木更津

...と経路的に書き出すと、とってもシンプルなんですが、なかなか厳しいコースでした。

特にマザー牧場ののぼりは、標高差としては350mくらいなんですが、途中15%の勾配にぶつかったときは、めまいがしそうになりました。

なんとかそれを乗り越え、いつものご褒美、一気に下ると長狭街道です。

これは以前房総にきたときも走りました。東西に走る幹線道路です。

ここはそんなに勾配がきつくなく、とても走りやすかったです。

それまで、結構アップダウンを繰り返していたので長狭街道の走りやすさは格別です。

さて、本来なら、そのまま鴨川の手前で左に逸れて、安房天津付近から北上して久留里線沿いに走って木更津に戻る予定でした。

ところが、マザー牧場ののぼりが予想以上に厳しく速度が維持できなかったため、時間的に遅れ遅れになっていました。嫁さんとは夕方6時くらいまでには帰宅して、子供の迎えに行くはずだったので、時間が気になりました。

こうなったら何とか近道をするすかないっ!と思い、安房天津まで行かず、途中から北上して鴨川有料道路に入りました。(またここののぼりがきつかったぁ~)

通行料は20円。珍しいですよね。自転車も走れる有料道路って。

総走行距離150km。総のぼり高度、1200m。結構脚にきてます。

...ということで、詳細はまた明日以降に。今日はバーム塗って早めに寝ますっ!(>_<)

by トップ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/02(水) 22:37:01|
  2. ■サイクリング一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いきなり補給かよっ!

20070502112453
明日3日まで仕事が休みなのですが、それ以降はビッチリ仕事が入ってしまいました。

と言うことは子供たちと休みが合うのは明日3日だけ。その分嫁さんの負担が増えることになります。

結論は今日1日走らせてもらって明日は僕が子供たちを遊園地に連れ出すことで交渉成立(^_^)b

天気もギリギリ間に合って気温もいい感じに上がってきました。

今川崎駅前です。これから高速バスで木更津駅まで輪行します。

富士山一周計画のために過去の『ファンライド』を探してたら『千葉でグランフォンド140km』という特集を見つけました。

以前は木更津→かずさアカデミアパーク→長狭街道→保田→金谷港→フェリー→久里浜と言うルート。あともう一回は館山の南側海岸線をクルッと走ったんです。

今回は木更津→マザー牧場→長狭街道→→安房天津(あわあまつ)→清澄養老ライン→木更津

というルートです。
ただ帰宅時刻を制限されているので、あまりのんびりも走っていられなさそうです(-_-;)

一応ルートの後半はJR久留里線が近くに走っているので最悪『電車輪行』にして時間短縮の必要性も出てきそうです。

お父さんライダーの宿命だぁ~(~o~)

バスの待ち時間がかなりできてしまったので先に補給です。(^^;)

ではとりあえず木更津へ向け出発ですっ!どうなりますやらっ(^_^)

by トップ
  1. 2007/05/02(水) 11:24:53|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キズ補修(^^;)

20070501140453
これでキレイにできたらなぁ。

今のキャノンデールが僕にとって最初のロードレーサーであり、購入当初はその取り扱いもままならない状態でした。

ツーリングの途中、コンビニ前に無造作に立てかけた時、トップチューブの一部を金属の柱に接触させてしまい白いペイントが一部はがれてしまいました。

傷が浅ければ車用に持っている『傷消し』みたいなもので補修できそうなのですが、その傷は深く白い塗膜は完全にはがれています。大きさこそ米粒大くらいなのですが、白がはがれて中の黒っぽい部分が見えているのがかなり目立つんです。

今日は雨が降ったついでに、近所の自動車用品店で、うちのミニバンのバッテリー交換をしています。そこで見つけたのが写真の傷消しです。

白と言ってもビミョーな違いがあるとは思いますが、黒を埋めるだけでもかなりいいかなぁ~と。

おそらく今日の雨はなかなか上がりそうにないので、夕方にでも補修作業をしてみようと思います。
さぁてどうなりますやらっ(^^;)

by トップ
  1. 2007/05/01(火) 14:04:53|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

トップ

Author:トップ
40才を過ぎて突然ロードバイク。2005年3月16日から走り始めました。
日帰りサイクリング、ちょっとトレーニングっぽいことも。2児の父親です(^_^)

天気予報


-
天気予報コム- -FC2-

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カテゴリ展開メニュー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア