40才からのロードバイク

40才を過ぎて突然ロードバイクで走り始めました。とにかく楽しくっ!(^^)!

淡路島1周で感じた事^^;

まずは、今回走った経路をルートラボにアップしました。よろしければ下記リンクからどうぞっ!


ルートラボで経路を見る!


■全般
平地巡行が楽しいですねぇ。車の交通量と信号が少ないのも相当気持ちいいです。景色的には、千葉の房総半島を思い起こさせるものですが、比較すると、路肩の舗装状態や幅のことを考えると、淡路島の方が随分走りやすいと感じました。

■ツーリング準備
自宅のある大阪府北部から前日、車載輪行で明石港へ。公園脇の空き地に駐車してそのまま車中泊。
翌朝、車は明石港脇のコインパーキング(1日最大900円)に停め、そこからはジェノバライン(片道 人-450円、自転車-200円)で約13分。淡路島の岩屋港へ。ここから自走スタート。

■アップダウン
今回、劇的に脚を消耗したのが、島南部のアップダウンです。全走行距離135kmの中でStart後、40kmあたりでまず最初の上り。今回使用したサイコンは傾斜計がついていませんでしたが、過去に傾斜計を使っていた経験で予想すると、勾配は6%前後かなぁ。詳しくはルートラボで見れると思います。

その前の平地巡行でも、できるだけ軽いギアで脚の消耗をおさえていたつもりですが、当初平地脚から上り脚への切り替え?がうまくいかず、結構無駄にグイグイ踏んでしまっていました。

これを何とかクリアして、島西側の海岸線に出た時は、景色もよく平地巡行を存分に楽しめました。ところが、マクドナルドで昼食を摂った70km地点を過ぎて、2回目の上りが。

ここは7%超えではなかったかと思います。僕の平地脚では、通常、5%くらいの上りなら、まぁ、何とか我慢していれば切り抜けられる、というイメージですが、7%を超えると、「この先どうなるんだろう?」と急激に不安に襲われます。

結果的に、この2回の上りを上手くこなせなかったため、最後は膝の痛みに悩まされることになりました。

■装備
ウェアは大失敗でした。
下です。

最近は、30-40km程度の街乗りが多かったため、何気なく、レーパンの「下」に、保温系のアンダーを履いてしまいました。つまりレーパンのパッドとお尻の間に生地が一枚割り込んでいる形。

これだと、せっかくのパッドの意味が半減してしまいますよね。クッション性はおなじようでも、その生地がペダリングしているうちにシワシワになり、それが何度も何度もお尻の表面を刺激します。

走行中、どうもお尻に違和感を感じはめた時は、信号待ちが少なくて、それで痛いんだと思っていました。でも、それなら、過去の経験で、ダンシングを入れたり、下りでは腰を浮かして「ケツ圧」を脱いてやれば、少し緩和できていたんです。それが、ヒリヒリ痛くなってきた時には、もう手遅れでした。経路も半分すぎたような時に、やっと原因に気づきました。

レッグウォーマーのようなものか、今回のスパッツタイプにしても、少なくともサドルにあたるエリアだけ、まぁるくカットしておけば良かったなぁ(^^)

■補給
今回は真冬でしたけど、これが真夏だったら、補給は計画的にしなければならないと感じました。ロングライドでオアシス的存在であるコンビニですが、この数が少なめです。自販機も相当時間途絶えることがありました。

■携帯電話
島南部の山岳エリアから海岸線にに抜けたあたりでは、かなりの時間、携帯電話が圏外になっていました。(Softbank) まぁ、民家が全くなくなるようなことはなかったので、走れる限り大丈夫ですが、落車、負傷したようなときは怖いですね。

■食事
ツーリングの楽しみの一つですもんね。
淡路島バーガーというのは、僕がよく行く西宮の街中にもあって、行列ができるくらいの人気です。大阪の中心地でも見たことがあります。ただ、今回走ってみて、僕は1度も見かけませんでした。どちらかというと、瀬戸内の美味しい魚料理のお店、みたいなものが多かったかなぁ。

別の記事にも書きましたが、僕はマクドナルドに入ってしまったので、ご当地グルメは堪能できませんでした。

■明石で食べる明石焼
粉もんファンとしては、明石に来て明石焼は絶対逃せません。明石港に戻って、危うく駐車場に直行するところでした。港の目の前に明石焼(卵焼き)の看板をかろうじて発見することができました。

明るい色のメッシュを入れた元気そうなおばちゃんが、お店に入るやいなや唯一のお客となった僕に話しかけてきてくれます。

「お兄ちゃん(営業トーク!)、早う結構しぃやぁ~」
「あー結婚してんのぉー」
「おこづかい制かぁ?」
「月になんぼもろぉてんのぉ?」
「おばちゃんも、元気そうに見えるけど、あれと、これと、それからあれも病気してなぁ、血圧は○○以上あるし、血糖値とコレステロールが○○やしなぁ、凄いやろぉ」
「あー、でも元気になったらなったで、こうやって仕事せんなあかんから、今はまた病気になって一日寝てたイワわぁ」
「はぁ、おばちゃん、女に生まれてきてほんま、幸せ!男の人は一生仕事せんなあかんやろ。女の人は、なぁ、ええ人みつけるだけでええからなっ」
「この頭、カッコええやろぉ、これな、うちのだんながやってくれてんでぇ。元々美容師やからなぁ、もちろんタダやしなぁ。」
(その横でご主人は明石焼を焼いている)

ご主人:「ゴチャゴチャ言うてんとぉ、もう早う上がらんかいっ!これから出掛けんねやろぉ~っ!」

おばちゃん:「あんなぁ、私、今日、これからお出掛けすんねんっ(^^)、ええやろぉ。やっぱり、いくつになっても恋せなあかんでぇ」

「さっ!帰って化粧直ししよっ!」

ご主人:「ガチャガチャ言うてんとぉ、早う行かんかいっ!化粧はそのままでも十分キレイやからええやろがぁ!」
おばちゃん:「いやっ!キレイやてぇ。嬉しいやんかぁ(^^)、ほな、兄ちゃん、私、帰るわな。楽しかったわぁ、また来てなぁ、ここ安いやろ、、、、ほんでなぁ、、、、、」

まだまだ話し足りない様子のおばちゃんを見兼ねて、ご主人が、、とどめの一発!

「早うっ行けっちゅちるやろがぁーーーーーっ!」

今日一日、走って時間が8時間。
明石焼のお店にいたのがせいぜい30分。

僕の感覚では、


【8時間分の楽しみ! 】 ≒【30分間の楽しみ!】

こんな感じで、今回のツーリングがめでたく?完結したような気がします\(^o^)/


■最後に、、、、
大阪で走り始めたからには、一度は行ってみたかった淡路島。今回走れて良かったです。
ただ、典型的な平地ライダーの僕にとっては、100km超え+上り!はキツかったなぁ。
次回行くとしたら、南側の山岳エリアを回避するルート。つまり、洲本市から28号線を西に向かって南あわじ市へショートカットするルートがいいかなぁ。

あと、頻繁に出くわしたオートバイツーリングの列。あれを見たら、かなりそそられました。あれもきっと気持ちいいでしょねぇ^^;

by Top

スポンサーサイト
  1. 2013/01/06(日) 13:00:06|
  2. ■サイクリング一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

妙見山!ちょっとクライム???(^^ゞ


日ごろ、平地巡航をこよなく愛するTopとしましては、ヒルクライム、とはなかなかおこがましくて申し上げられないので、今回は「妙見山!ちょっとクライム」とさせていただきます。

でも、平地ライダーの僕にしては相当頑張りましたよぉ~<(_ _)>

午後からの出発でしたが、気温も20℃を超えてるし、日没までも十分時間があるし。
あとは、初めて行くエリアに備え、モンベルの輪行バッグ(前輪だけをはずして収納できるタイプ)、とウインドブレーカー、そしてiPhoneナビを多用したときに備えて予備バッテリー。

これだけあれば、調子にのって遠くに行ってしまったり、あとは完全に脚が売り切れてしまっても、何とか帰ってこれますからね(^^ゞ

経路は、この記事にアップした「ルートラボ」にアップしたとおりです。

千里ニュータウンの中央、千里中央駅周辺からスタートし、箕面(みのお)の山へ。

先日からたびたび上っている勝尾寺(かつおじ)を通り過ぎて、豊能町(とよのうちょう)、高山地区へ。深い山々を登っていると突然現われる美しい集落です。

高山を通り過ぎて、一旦下り、次は妙見山へののぼりです。

あとで別の記事でアップしますが、大阪も市街地付近の桜はもう散り始めていますが、山はまだまだ満開です。気温の関係ですかね。

山桜ですから、都会の桜のようにきれいに整列してはいませんが、山肌一面に転々と桜が咲き乱れている光景は、思わず立ち止まって写真を撮りたくなりました。

妙見山への後半は、どんどん勾配がきつくなり、かつ階段でいうところの「踊場」がないため、脚を休ませることができず、そうとう苦労しましたが、やっぱり、到達したときの達成感を思い描くと、何とか頑張れるもんですね。

山頂付近にあった唯一の売店で、ハンガーノック気味だった脚のため、あんこ入りのお饅頭を1個補給。

あとはご褒美の下りを存分に楽しみました。

ここで以外に、というか、猛烈に楽しかったのは、妙見山を下りきった後、423号線で一路、阪急池田駅に向かったのですが、この下りが最高でした。カーブが緩やかで勾配も2~4%。

日ごろさび付きそうになっている?(^^ゞフロントアウター52Tに入れて、リアもほぼトップギアに。

これで60km/h近い巡航が本当に気持ちよかったです。信号も少なく、車もそれほどいなかったからかもしれません。ニヤニヤを通り過ぎて、何だか声を出して喜んでしまいそうなくらい気持ちよかったです。

なんか、ホイール、EASTON EA50 AERO。これが、気持ちいのかも?

By Top

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/04/17(火) 18:35:43|
  2. ■サイクリング一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

このナビ、いけそう,,,,(^^)



新しい地域に引っ越してきて約3ヶ月。
幹線道路の大まかな状況は把握してきましたが、ちょっと入り組んだ地域に入ってしまうと、iPhoneのナビにお世話になっています。
主に利用しているのは、GoogleMap。

カーナビのような、現在位置から目的地までの走行経路を、リアルタイムに案内してくれるものではありません。
現在位置は常にUpdateされていきますが、経路は、最初に検索した経路が画面に残っているだけです。

走りながら、その経路との位置関係を見ながら、目的地にたどり着く感じでした。これはこれで便利です。なぜなら、いちいち最初に決定したルートをそのままフォローしなくても、寄り道したくなったり、坂道をさけてみたり、などなど、やはり、目的地にたどり着くことだけが目的ではない走り方をするときは、ナビゲーションが用意してくれたルートは、あくまでも「参考」ですね(^^ゞ

そういう意味で、このパイオニアの「ポタナビ」

商品名が示すとおり、ポタリングで、寄り道あり、のんびり走行あり、の楽しいサイクリングをサポートしてくれるナビのようです。

もちろん、基本的なサイコン機能も装備されていますので、既知の地域を走るときは、普通のサイコンとして。そして、ピンポイントに目的地(サイクルショップやグルメスポットなどなど)を狙うときは、ナビゲーションモードで。

さらに、このサイコンの面白い機能として、「一定時間を設定して、その時間内に出発地に戻ってこれる範囲」をリアルタイムで見れる機能があるようです。

つまり、今から2時間だけ走る時間がある、というようなとき。

この例えば、2時間、というのを設定しておけば、画面の地図上にそのその時間内に戻ってこれる走行範囲が円で表示されます。

走ることに専念するたためには、この機能も便利そうですね。遅番の仕事前に走るときや、雨が迫っているときなど、何時までには戻りたい、と言う走り方、結構ありますので、、、、(^^)

このナビ、3G回線を利用して、走行経路をネット上に保存したり、走行地域周辺の様々な情報を入手することができます。通信料は、購入後2年間は無料で、その後は、月額300~400円くらいで継続利用できるようです。

おととしのサイクルモードに、会社の先輩と出かけたとき、このプロトタイプの実物を見ましたが、音響機器メーカーのパイオニアらしい、カッコイイ質感が印象的でした。


気になるバッテリー持続時間も10時間、ということなので、これ、かなりいけそうなナビです。

明日は大阪も晴れるかな?
走れそう、、、、(^^ゞ

By Top

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/04/11(水) 23:00:08|
  2. ■サイクリング一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時間との勝負、、、(>_<)

本当は、今日走れればよかったのですが、残念ながら仕事でした、、、、。

そして明日はオフだから、、、と思って天気予報を確認したら、結構振るみたいです。雷雨?みたいなことも出ていました。
先日上った勝尾寺方面へ、また行ってみようと思っていたんです。

細かく天気予報を見ると、雨が本格的に降るのは、10時くらいとのことです。

となれば、ちょっと早起きして、できれば振り出す前には帰宅しようかとたくらんでいます。

そういえば、ロードバイクを買ったばかりの頃は、走りたくてしかたなく、朝、日の出とともに、、、、くらいのタイミングで走り出していたこともしょっちゅうでした。

どうかなぁ、明日。

と、考えていたら、ローラーに乗りたくなって、さきほど小一時間くらい汗をかいてきました(^^ゞ

By Top

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/04/02(月) 20:48:45|
  2. ■サイクリング一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大雨警報&大雨洪水警報だったんだぁ(T_T)



今日は、以前勤めていた会社の先輩との「月イチ・ライド!」の日でした。
思い起こせば、その先輩とは、昨年の夏、猛暑の中横須賀方面へ走った記憶がありますから、一緒に走り始めて約1年ということでしょうか(^^)

お互いが不規則な仕事スケジュールのため、なかなか予定が合わないのですが、今月は今日、うまく予定が合い走りに出ることになりました。

桜木町付近で合流し、そこで今日の目的地などを簡単に相談。そして、今日は天気のことがちょっと気になりました。というのも、関東地方は、午後から秋雨前線が南下してくるため、大気の状態が不安定になる、との予報が出ていました。前線などなくても、ここのところ猛暑かと思うと、突然のゲリラ豪雨に見舞われることが多いのに。

でも、いいんです。僕自身、ここのところ仕事の都合でロードバイクに乗ること自体、ほとんどできていなかったですし、もともと、雨の中のライドって嫌いじゃないですから.....だって、大人になってから、全身ずぶぬれになるって、あんまりないですよね。ロードバイクにまたがって走っていれば、ずぶぬれでも、「あぁーあ、よくやるなぁ」程度で見逃してもらえそうで.....(~_~;)

そんな覚悟で、走り始めは曇りベースのポカポカ陽気程度のいいコンディションでした。桜木町駅前から山下公園、中華街、本牧(ほんもく)、根岸、と抜けて南へ向かいます。

詳しいルートはこの記事の上に「ルートラボ」のマップをアップしました。

このルート、大好きです。だって、横浜駅周辺から、海に近いところを走りますので、何といってもフラット(^^)ここを走るたびにディープなホイールに憧れてしまうんです。スピードに乗せてからの巡航は本当に気持ちいい(^^)

走りながら思わずニヤついてしまうのは、まさにこの瞬間です。

先輩とは午前中には合流して走り始めたので、早めのランチ。その頃には、怪しい雲が空を覆いはじめ、そして30℃以上合った気温は20℃あたりまで急降下しました。

そしてお店に入ってしばらくしたら、豪雨でした。ほんとにきわどいタイミング。

あとは、ゆっくりランチを済ませ、雨の若干弱まったところを見計らってお店を出ました。
でも、周辺には相変わらず怪しい雲がたくさんありました。走っていると、たちまち豪雨に見舞われました。

でも、もう全身濡れてしまってからは、それ以上、状況は悪化しない?と思うと、あとはブレーキの効きが悪くなっていることに注意しながら、横浜方面へ戻りました。

往復で約80km。

数年前の大雨の出雲路センチュリーライドを思い出しました。

明日からまた仕事ですが、その前にとても気持ちよく走れました(^^)

8月19日→819→バ・イ・クの日。とても楽しいライドでした!(^^)!
↑ホントはバイクといっても、オートバイのことなんでしょうけどね。


By Top

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/08/19(金) 19:01:34|
  2. ■サイクリング一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

トップ

Author:トップ
40才を過ぎて突然ロードバイク。2005年3月16日から走り始めました。
日帰りサイクリング、ちょっとトレーニングっぽいことも。2児の父親です(^_^)

天気予報


-
天気予報コム- -FC2-

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カテゴリ展開メニュー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア