fc2ブログ

40才からのロードバイク

40才を過ぎて突然ロードバイクで走り始めました。とにかく楽しくっ!(^^)!

no title

時々 自然の中にどっぷり浸っています。

人の混雑や車の渋滞から逃げ出すように、市街地から少し距離をとって。

田舎暮らしが最近は人気で 夫婦で移住する方や あるいはお父さんだけ行っておいで! というケースもあると聞きます(^^)

いずれにせよ 恐らく歳をとってくると そう言う自然や土 草花 水辺、、、などに気持ちが寄せられていくのでしょうか?

僕もここ数年、同じような傾向を自覚しています。

感染症のことはもとより、多くの場面で人との距離を保つようになってきました。

若い頃は 学校や職場 そして同じ趣味を持つ仲間と一緒に行動をすることが多く 漠然と自分の将来も同じような行動を取るものだとイメージしていました。

しかし いつ頃からだったでしょうか?

1人の時間が心地よく感じられるようになって。

もちろん お世話になった上司や先輩 そして楽しく過ごせる友人は今でも大切な存在ですが、以前の僕は 何か そう言う方々とは別の人たちとも 一生懸命繋がりを持とうとしていた頃がありました。

そう言う人間関係って無理がありますよね。お互いに。

人間関係に疲れた時 もう自然のチカラに頼るしかありません。以前覚えたキャンプに出かけ 静かに焚き火の日を見ながら静かな時間を過ごします。

1人での行動とは言え、なかなか思うように行動範囲を広げられませんが、キャンプなら別に観光地をめぐるわけではないので、近場でも全く問題ありません。

主にオートバイでの移動ですが、夏が過ぎ気温が下がってくると またロードバイクで走りたくなります。

今年の秋冬は ロードバイク、復活を目指します。

by Top
スポンサーサイト



  1. 2021/09/14(火) 07:28:10|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ご無沙汰しております

50年以上生きてきて なかなか経験しない時間

これは世界中で起きているのだと想像すると 人間の生命力って 他の動物と比較して かなり弱いのではないか?と考えてしまいそうです

このブログの最後の書き込みは 恐らく2021年3月のようです。

新型コロナウイルスの影響が出始めて約1年が過ぎ 当初は気温が上がれば とかまた寒くなれば そして1年が過ぎれば といくつかの環境と時間の節目で 何かが好転するのではないか? と僕も含めて多くの人が期待していたんだと思います。

ロードバイクにオートバイ
それも多くの時間を1人で楽しんでいたために 密を回避することは これまでの生き方を大きく変える必要はありませんでした

しかし 社会の様子は一変しているので 何か自分だけこれまでのペースを平然と守っているのも 明確な理由はありませんが 気が引けてしまいます。

一方 ロードバイクでは これまでと同じ というわけにいかず マスクとの付き合い方は工夫が必要になりました。

そういう都合もあって 最近はオートバイで動き回ることの方が多くなりました

もちろん以前と変わらず通勤での使用はもとより デイキャンプや泊まりでのキャンプも行くようになりました

テントの中で 夜間に暴風雨に遭い 怖い思いも経験しましたが それも含めて アウトドアで自然のエネルギーを体感するのは気持ちいいです

オートバイの中では比較的大柄のCRF1100L AfricaTwinですが 流石にキャンプ道具一式を積載すると 大柄の車体がさらにボリュームアップして 「これ立ちゴケでもしたら、、、(´-`).。oO」と 考えるだけでも心配になります

しかしアップライトな乗車姿勢と 並列2気筒の滑らかかつパワフルなエンジンのおかげで ロングアイドも苦にならなくなりました

市街地の喧騒を離れ 森や川を目の前にしながら 焚き火

コーヒーとカップラーメン
せいぜい焼くだけの冷凍餃子

これだけでも十分リラックスできます

おかげさまで 本業の仕事は 内容的には少し変化はあったものの 量的には以前とあまり変わりはありません ありがたいことです

もうすぐ57才を迎えます 定年退職の話が身近でも話題に出るようになってきました

仕事 家族 趣味 の3本立てで突っ走ってきましたが どうでしょう?

もう自分のお気に入りの時間の割合をどんどん増やしていこうかな? と

動画サイトをみていると 定年退職関係の動画が意外と多く またそれがかなりの再生回数になっていることに気付きました

僕もそうですが 比較的多くの人が 定年後の生活 生き方に関心を持っている ということと感じられます

少し前に 近い身内が他界しました

かなりの高齢でしたが その人の定年後の生き方 生活を聞いたことも 自分の今後を考えるきっかけになりました

まずは今の状況が少しでも好転することを祈るばかりです

by Top
  1. 2021/07/28(水) 10:59:07|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

no title

タナックスのキャンピングシートバッグ2 はキャンプツーリング時にも大活躍しています。
ハードケースと違って、形に柔軟性があるので、積載に融通が効くのがいいです。

ただ、それをアフリカツインのリアキャリアに固定する方法は、僕の場合付属の布製のバンドを使っていました。これも、絶妙の設計なので、簡単に固定でき、また外すこともできます。

しかし、僕の付け方が悪かったのか、やや不安定だったのとその布バンドの余った端末がバッグのあちこちでプラプラしてしまっていたのがちょっと気になっていました。

そこで、このバッグも最近、自分でやってる脱着式に改造することにしました。アルミボックスとホムセンボックスでもう3回やってる作業なので、使うパーツや手順は全く同じなので楽ちんです。

ホームセンターに行って、アルミの板、固定用ステイとボルト、ワッシャーを買ってきて早速作業開始しました。

横長のバッグの左右端が少し垂れ下がりそうなのが気になりますが、まだ新しいうちは大丈夫そうです。もし下がってくるようなら、バッグの外か中に何か補強できる構造物を取り付けるつもりです。

脱着に使用したのは、おなじみのOGK製のフリーキャリアシステムです。バイク専用のものではないので強度や使い勝手は、あくまでも自己責任ですが、コストパフォーマンスがいいし、他に似たような製品が見つけられなかったので愛用させてもらっています。

やっと本物の?暖かさが巡ってきたようなので、また今月中にも泊まりのキャンプツーリングに出かけようと考えています。

By Top
  1. 2021/03/12(金) 16:58:09|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アルミボックス DIY装着(^^)



crf1100L アフリカツインのリアキャリア周辺の搭載を検討してきました

純正や有名メーカー製のトップケースはありますが 個人的には それとはやや違うデザインをイメージしていました そして価格的にも抑えて(^^)

ということで 今回 ネットで見つけた汎用のアルミケースをトップケース代わりに装着してみました

装着と言っても いつもキャンプに行くわけではなく 近場の用事や通勤 その他ショートツーリングにも使える様に 用途に合わせて何種類かのケースを着脱式にして使用することにしました

使用するアタッチメントは OGKというメーカーが販売している便利なものです

価格もリーズナブルで 取り付けも簡単です

ただアルミボックスへの取り付けはやや工夫が必要でした

ボックスの底面はアルミ板一枚ですし ボックス底面の周囲には段差があります

そこで ボックス底面の内側に金属板を当てがい さらに金属ステーで補強してボルト留めしました

ボックスの大きさは2種類
製品分類ではSサイズとMサイズということになります

Sサイズは日常の移動時や通勤時
Mサイズは大物の買い物時や泊まりキャンプ時 という感じで使い分けます

脱着はアタッチメントのおかげで まさにワンタッチで可能

これまで タナックスのキャンピングシートバッグ2 を付属の布製バンドで固定していましたが 見た目的にすっきりしないのと 脱着はやや手間がかかりました

今回のワンタッチ脱着システム導入により 室内でボックスに詰めて あとはそのまま持ち出してバイクに装着することができます

走行時の振動や加減速の影響については これからしばらくは注意していきたいと思います

もし不安定なら ボックス底面とリアキャリアとも間にある隙間に 何かスペーサー的なもの?を詰めて安定させようと思います

by Top
  1. 2021/03/07(日) 23:44:11|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャンプツーリング\(^^)/




アフリカツインでキャンプに行きたい と思ってはいましたが キャンプ初心者の僕は なかなか最初の一歩が踏み出せませんでした

が やっとグッズかんけいも揃ってきて やっとキャンプツーリングが実現させることができました

場所は房総半島です

テントはユージャックというメーカーのものです 比較的新しいメーカーらしいのですが いろいろよく考えられたものらしく なかなか魅力的なテントです

何より前室が広いので 雨天時や そうでなくてもアフリカツインをある程度収めることができるので 夜露なども防げそうです

その後グッズ関連は バイク搭載を考え 少しでも容積が小さく軽量なモノを選びました

パニアケースは左右で70リットルほどの容量がありますが 長さの制限は受けてしまいます

となれば やはりリアシートやリアキャリア周辺の搭載が頼りです

一般的には、アルミや樹脂製のトップケースを使用するようですが 自分のイメージする製品が見つからず断念しました

当面はタナックスのキャンピングシートバッグ2 という バイクキャンパー定番のバッグで対応しますが 今後は何か格好いいケースを取り付けたいです

by Top
  1. 2021/03/07(日) 23:21:10|
  2. ■自転車一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

トップ

Author:トップ
40才を過ぎて突然ロードバイク。2005年3月16日から走り始めました。
日帰りサイクリング、ちょっとトレーニングっぽいことも。2児の父親です(^_^)

天気予報


-
天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カテゴリ展開メニュー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア